エロRPG情報局サイトメニュー

魔剣士リーネ2 レビュー

今日紹介していくエロRPGは先日から
速報レビューという形でレビューして参りました
魔剣士リーネ2です。

魔剣士リーネ2

速報レビューでプレイ進度ごとに軽く紹介してきましたが、
正式に全体的な感想をまとめていこうと思います。

魔剣士リーネ2は、聖王によって秩序が保たれていた世界で、
聖王の血が途絶え、戦争により聖王の外威だったグスタフが
聖王なり、大陸の多くを支配しているところから物語が始まります。

グスタフ王のハイランド王国に仕える主人公・アレスでしたが、
多くの活躍をするうちに、グスタフ王の腹心から恨まれ、
謀反を起こそうとしたとして、囚われてしまいます。

しかし、仲間の協力もあり、中立国へと逃亡をしたアレス。
そこで彼は、正当な聖王を継ぐ証を持つ男・ルードヴィッヒと出会います。

暴君でもあったグスタフに対し、
民のことも考えるルードヴィッヒ。

アレスは聖王をグスタフと認めず独立した国、
そして最後まで聖王絶えたときにグスタフと争っていた
聖王の遠縁である貴族・バロックと共に、
グスタフを倒し、ルードヴィッヒを聖王にするために
聖都を目指すことになります。

本作品は陣取りゲーム要素のある戦略要素の強いSLGよりのRPG。
前半・後半・終盤に分かれている印象があり、
前半はルードヴィッヒを聖王にするために進行していく正統派シナリオ。
後半は聖王血を残すと言ってみだらな行為をしまくる聖王の邪魔を
感じつつ、大陸東側に展開する多民族との戦い。
そして終盤は真なる敵との戦い。

癖が少々あるものの、ゲーム性・シナリオともに
レベルの高い作品です。

なお、前作との関連性はないので、
本作品からのプレイも可能です。

この作品の注目ポイント

  • 長時間の丁寧なシナリオ&キャラ描きで世界に入り込み寝取られる
  • 敵・味方両サイドからの寝取られ要素
  • 本格的な陣取り系SRPG

「魔剣士リーネ2 レビュー」の続きを読む

魔剣士リーネ2 速報レビュー(2月26日23時更新)

クリアまでをまとめた詳細レビューを公開しましたので、
詳細レビューを見ていただくこと推奨します。

今日発売した魔剣士リーネ2。
ずっと延期もされていた作品なので、気になっている方も
多いのではないでしょうか。

魔剣士リーネ2

実際にダウンロード数も伸びており、
気になっている方もいるかもしれません。

プレイ開始後に気を付けたほうがいいなーと思う点が
いくつかありましたので、クリア前ですが少しずつ
プレイ感想紹介掲載していこうと思います。

この記事はクリアまで随時更新していきます。

簡単なあらすじ


まずは物語的なものから簡単に紹介していきます。

聖王と呼ばれる王の元、何年にも渡って
平和を築いてきた大陸。
亡き聖王の後には、聖王の息子達の体にある聖王の証を
持つものが聖王の座につくということで、平和を保っていました。

しかし、最後の聖王は子宝に恵まれず、
聖王の証を持つものがいない。
そのため、大陸では二人の者が聖王の跡継ぎを名乗りましたが、
それがきっかけで戦争に発展してしまいます。

8年戦争とも呼ばれるその戦いによって、
実質的な聖王の後釜になった国に所属していた
主人公。しかしその王の姿に違和感を抱いていました。

そんな中、主人公の活躍を疎む、
王の側近により濡れ衣を着せられ、牢に入れられてしまった
主人公は、なんとか中立国へと逃げ延びます。

その中立国で出会ったある男。
その男・ルードヴィッヒは「聖王の証を持つ聖王の隠し子」でした。

主人公は、所属していた国を聖王と認めず、
独立していた3つの国から一つの国と協力し、
正式な聖王の儀式をあげるために進行を開始します。

魔剣士リーネ2 速報レビュー1 (1時間半ぐらい)


今回レビューにあたり、一般的難易度である
「シルバークラス」(4段階中下から2番め)、
タイトルにもなっている「リーネ」が所属する
国を選択肢プレイ始めました。

1時間半時点ではエロシーンは観ることが出来ず、
まだ本編動き出したばかりという感じ。

とにかくチュートリアル長いです。
シナリオがかなり濃厚で、本作品の最大特徴である
「国を選ぶ」のも50分ぐらい経たったタイミングで
やっとこさ出てきます。

それまではチュートリアル的な戦闘も多く、
実際に国を選んだ後も、チュートリアルが続きます。

例えばリーネがいる国では、さぁ聖王の儀式をするために
旅立とう! といったワクワク直後に「海賊を先に討伐しよう」と
別イベントが出てきて、ちょっと気持ちが落ち着いてしまいます。

ただ、これらのイベントでキャラクターの性格や
主人公との信頼関係ができあがるように
丁寧な描写が取られているので、寝取られ戦略ゲームという
視点で考えれば「信頼を生む期間」という点と
「操作になれるまでの時間」と考えればいいのかもしれません。

一点気になるのとしては、25分ぐらいの段階で
逃げゲーみたいな要素があることです。
自分は魔剣士リーネ1をプレイしてたので、
やや簡単にクリアできましたが、シルバークラス長ら
ちょっとミスするとヤラれちゃう可能性があるように
思えました。

会話が長い場合も、こまめにセーブしながら
プレイすることを推奨します。

エロシーンまだ見ていないのですが、
今のところは乱世の中で革命を起こそうとする
軍に所属することになった主人公のお話という
ファンタジー世界らしいお話を丁寧に描いており、
女性キャラクターたちも丁寧に描かれており、
機体が多く持てる印象です。

兎にも角にも冒頭で注意してほしいのは
しっかりした物語性のあるストーリーが冒頭1時間半ぐらいは
締めているという点です。

抜きゲーやりたいぜ!と思う気持ちでやると
長ったらしく感じる可能性ある
ので、
手の開いている時間にチュートリアル部分はクリアしておく
ことをオススメします。

今のところは物語やキャラ性がしっかりとした
RPGという印象です。

ちなみに自分が選んだリーネさんの国。
イベントでリーネさんがよく出てくるんですが、
リーネさんツンデレな感じなのでツンデレ好きはストームランスを
選ぶこと推奨
しています。

魔剣士リーネ2 速報レビュー2 (4時間15分)


速報レビュー1の後、プレイを重ねまして、
ついに捕虜システムや聖王システムなどが登場しました。

ちょっと飛ばし気味でやった4時間15分ほどだったので、
ゆっくりプレイすると5時間ぐらいは掛かるかもしれないです。

ただ、もう4時間以上経過しているのですが、
個人的には王道的なお話でとても面白い!

王を即位させるため王都を目指すという旗のもと、
少しずつヒロインとの出会いや交流を描く。

物語が一気に動き出すと、
絶望も交えながらエロシーンを展開しつつ、
悲しみと未来への想いで悩むところに
他国からの挑発があって心を持ち直す。

特に王都を攻め落とす直前ぐらいから
聖王システムが出るまでのシナリオは、
予想通り感もありましたが、その安定っぷりが
おおっー!と思え、胸が熱い感じでした。

速報レビュー1の時点でチュートリアルかなと思いましたが、
聖王システムなどが始まる前の結果も
この後に引き継いでいるっぽいので、前哨戦みたいな
感じだったのかなぁ……と思っています。

また、本作品は普通の寝取られADVのように
ヒロインたちとの交流を非常に丁寧に描いており、
さらに普通に進めると寝取られ回避できないっぽかったので、
寝取られ耐性ない人は、注意したほうが良いかも!

個人的には寝取られ自体問題なく受け入れられますし、
聖王のゲスっぷりがマジ神ってたので、
思わず聖王のキャラクターっぷりを見て笑っちゃいました。

歴代でも色々なゲスキャラ見てきましたが、
今作の聖王はトップ3には入るゲスっぷりって感じですね!

このゲスっぷりを感じられるのも、
時間を掛けて丁寧にシナリオを描いているからじゃないかなぁ……
と思います。

とりあえず自由度が高まったところまで来たので
このレビューを書いていますが、ようやくシナリオだけでなく
エロ面でも本領発揮という感じですごくワクワク。

ややシナリオの長さは長いので好き嫌いは
分かれそうですが……。
過去にレビューした作品であれば
Spiral Legend」のように
シナリオがとにかく魅力的に描かれているので、
キャラや物語も楽しめる人であれば、ぜひプレイして欲しいと
思えている感じがします。

主要人物も色々と揃い始めたので、
この後の展開が個人的にもすごく楽しみです!

魔剣士リーネ2 速報レビュー3


9時間ちょっとでクリアしました。

レビューについては、前半も含めて
詳細レビューでまとめましたので、
コチラをご覧ください。

魔剣士リーネ2

魔剣士リーネ2発売! エロゲで遊べる名作戦略ゲーム

魔剣士リーネ2がついに公開になりましたね!

魔剣士リーネ2

めっちゃ楽しみにしていたので、
ついに来て超テンション高まりまくりです!

陣取りゲーム的な要素のある戦略ゲームとしての
SRPG性と、敵にとらわれてしまったヒロインが
敵になることもあるというエロさを兼ね揃え、
さらに今回は持久戦も取りにくい性王の存在も現れ、
ダウンロード中にこの記事書いているのですが、
すごく楽しみです!

さて、そういうえば戦略性の強い
エロ作品ってまだまだ少ない気がするんですよね。

自分がプレイした作品の中で、
これはなかなか興味深い・面白い!
と思った戦略ゲームを紹介していこうと思います。

魔剣士リーネ


まずは魔剣士リーネ2が公開ですよーと
紹介しましたが、前作の魔剣士リーネは外せないと思います。

魔剣士リーネ

帝国などから陣地を奪い取りながら、
統一を目指していくSRPG作品。

大陸を舞台に、村や鉱山といったマスがあり、
蜘蛛の巣のような感じで線と線で結ばれ、
つながっているポイントからキャラクターに移動させる命令を
下して侵略していくという、陣取り要素のある作品です。

過去に特集組んでいるので、
コチラの特集見てもらうとイメージつきやすいと思います。

陣地を取ったり取られたりする楽しみがあることは
もちろんのこと、攻撃時に敗北したキャラクターや
拠点を取られたときに敗北してしまったキャラクターは
そのまま敵の捕虜となってしまいます。

捕虜となってしまった女性達は、時間経過してしまうと
そのまま犯されてしまい、敵将として寝返ってしまいます。

戦国的な世界観でヒロインたちが寝取られてしまうという要素と
さらに敵となってしまうという要素がとても面白い戦略ゲームです。

戦国ランス


一番やりこんだエロゲはなんですか?
というのを数回聞かれたことがあるのですが、
速攻でこの作品を答えます。

陣取りゲームとしては全年齢の商業作品をも
越すと思っている、戦国ランスです。

戦国ランス 廉価版

日本の戦国舞台を元に、各エリアを侵略したり
侵略されたりしていくSLG。
主人公ランスが織田家に所属して、各地を侵略していくのですが。

可愛らしい・カッコイイ戦国キャラクターがとにかく多く、
毎回プレイする度に色々と遊び方が変わる。
敵の状況によって、戦略なども変わり、やりごたえもある。

シナリオ・キャラも良く出来ていて、
複数あるルートも全てクリアしたくなっちゃう。
さらにやりこみプレイを刺激するような、
クリア時間に応じたボーナスもある。

とにかく陣取りゲームが好きであれば、
エロゲとか関係なくプレイして欲しい名作だと思っています。

余談ですが、自分の友人はこのゲームにハマりすぎて、
学生時代これをプレイしながら帰路についていました(笑)

冒険者の町を作ろう!2


陣取りゲームと少し変わったゲームの名作として
紹介したいのが、冒険者の町を作ろう!2です。

冒険者の町を作ろう!2

続編作品ですが、前作未プレイでも可能。
1よりも2の方が戦略性があるので、今回は2を紹介します。

町を防衛しつつ、冒険者をダンジョンに
派遣していき、収益を上げていくような防衛&経営要素の
あるようなSLGです。

街全体を見渡して、弱いエリアを強化していくような
防衛戦は面白いですし、ダンジョン探索などは
リアルタイムに動くキャラクターたちを支援していくという
スピーディな戦略性がとても面白いです。

時間経過とともに戦略を取っていく焦りを
交えたゲーム性が独創的でもあるので、
アクション性を交えた戦略ゲームとしておすすめです。

その他の戦略ゲーム


この他としては、今回紹介した冒険者の町の1作品目である
冒険者の町を作ろう!
育成よりの戦略性とアクション要素を交えた感覚が
特徴的です。

あとは雷神7なんかも
有名ですね!

自分は雷神、どうもシステムが深すぎて理解が
難しく、あまりおすすめしていませんが、
しっかりとゲームルールを把握して楽しめるような
作品が好きな人には定評のある作品です。

エイリアンの侵略催眠 レビュー

先日、宇宙に関する大発表が予告&公開されていましたね。
ファンタジー世界を愛する自分としては、ついに異星人が……
と毎回思ってしまいます。

今回紹介していくファンタジー作品は
交渉という名目でやってきた「エイリアン」達相手に洗脳され、
快感を味わいながら不公平な条約を結んでいってしまうような
感覚を味わうことができる「エイリアンの侵略催眠」です。

エイリアンの侵略催眠

エイリアンの侵略催眠は2016年10月に公開された
RubCraftさんの第1作品目の音声集です。

台本や音声編集に催眠系音声作品として定評のある
サークルF・A・Sさん(サキュバスの言葉責めマインドコントロールなど)が
参加されており、初作品ながらかなりDLされている作品。

一般人であるアナタが地球の代表として交渉役に
選ばれ、長い宇宙の過程で相手の思う壺になるような
施策を快楽に関係させつつ埋め付けていき、
最後には地球が不幸になることがわかっているのにも
関わらず、感じながら不平等条約を結んでしまうような
ストーリーを体感できます。

催眠音声的な手法を使っており、
背徳感や支配される快感を味わうことができる作品です。

この作品の注目ポイント

  • 宇宙を題材にした催眠やヒロイン設定
  • 敗北や背徳感を快感と結びつけているエロ要素
  • 有名サークルも参加の作品

「エイリアンの侵略催眠 レビュー」の続きを読む

クールJKクライシス 生意気娘は村人全員の精液便所RPG レビュー

もうすぐ年度末、新年度に向けて、
就職や転職、進学などで新しく引っ越しを
される予定の方もいるのではないでしょうか。

今回紹介していく「クールJKクライシス」は
田舎に引っ越した都会育ちのJKが
村人にエッチな動画を取られてしまい、
動画削除のためエッチなことをしていくRPGです。

クールJKクライシス 生意気娘は村人全員の精液便所RPG

父親の転勤により、東京から田舎へと
引っ越してきたJKの玲ちゃん。

しかし、引っ越し直後に父親は再び転勤。
父は家を離れ、田舎だから優しくしてくれる……
との理由で玲ちゃんだけが残されてしまいます。

しかし、田舎だからこそ村に人達は
グルとなっており、至る所にカメラも設置。

玲ちゃんはオナニーしている姿を
動画にとられてしまいます。

「満足したら動画を消す」という約束のため、
玲ちゃんは男達の元へエッチなことをしに行くことになります。

基本は男達の元へ行き、エッチするという物語ですが、
フィールド上にいる男に触れるとセックスバトルの戦闘。

小生意気なJKが繰り返されるエッチで
淫らになっていく様子を楽しめると同時に、
エッチシーンやエロ技では簡易アニメーションも
表示され、エロに特化したような作品になっています。

この作品のおすすめポイント

  • 小生意気なJKが村人エッチで快楽に堕ちていく
  • エッチシーンは部分アニメ付きで動き視覚効果○
  • 最後は好きな男性一人を選ぶ陵辱版逆告白

「クールJKクライシス 生意気娘は村人全員の精液便所RPG レビュー」の続きを読む

カリオストロ陵辱奇談 レビュー

今日紹介していくのは、
俺様的な女の子キャラが男達に犯されてしまう
「カリオストロ陵辱奇談」です。

カリオストロ陵辱奇談

某ゲームのパロ系作品ですが、
小生意気な口調の女性を眠らせて犯すという
陵辱に特化した作品ですので、
原作知らなくても楽しめるような陵辱シチュが
好きな方にも注目な同人誌。

寝ている女の子を犯し、
さらに殺してやる!とか暴言吐く抵抗しつつも
一方的にヤラれちゃう女の子の姿が楽しめます。

この作品の注目ポイント

  • 陵辱シチュでもまだ少ない、睡姦が楽しめる
  • 強気な女の子をガンガン犯していくことができる
  • サークル割引でかなりお手頃に(2017年3月17日まで)

「カリオストロ陵辱奇談 レビュー」の続きを読む

淫乱度で段階的に変化&よりハードなエロが楽しめるゲーム

当サイトでは、皆さんからの質問を随時
お問い合わせを通じて募集しております。

その中でも「●●な作品はありませんか?」という質問を
よく受けます。自分もよくエロゲやってて、

「このエロシーンエロかったから、似たのないかな」
「このシステムみたいなのもっと楽しみたい!」

と思っても、探すの大変だったりしますもんね!
(そう自分も思うことが多いので、エロRPGレビュー時には
『この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品』という
項目を用意しています)

そんな中、よく頂く質問が
「淫乱度でエッチシーンが変わるような作品」
「淫乱度によって様々なエロが見れる作品」
というご質問をよく頂きます。

ぼちぼち頂いていて地道に返信してるのですが、
改めて今まで頂いた質問数確認したら
結構な数になってたので、もしかしたら
気になっている方も多いのかなぁ……と思いました。

ちょうど昨日にも同等のご質問いただきましたので、
記事という形で、過去にご返答したものも含めて
紹介していこうと思います。

もし他にもおすすめの作品あるよーという方が
コメントなどでフォロー頂ければと思います。

「淫乱度で段階的に変化&よりハードなエロが楽しめるゲーム」の続きを読む