エロRPG情報局サイトメニュー

敗北!~苗床にされる娘たち~ レビュー

敗北!~苗床にされる娘たち~

あの時、戦いに行かなければ……。
逃げられない、気持ちいい……。

エロファンタジー界では、色々な敗北の形があるかと思いますが、
今回紹介していく『敗北!~苗床にされる娘たち~』では
触手によって犯されている、7組の敗者達を楽しむことが出来ます。

この作品の注目ポイント

  • 触手の餌食になっている女性達に特化
  • 300円ながら文量充実でCG枚数以上に読み応えはあり
  • 戦士・格闘家、姉妹など多彩な触手餌食の女性達

「敗北!~苗床にされる娘たち~ レビュー」の続きを読む

進撃のオーク レビュー

オークと言えば、エロRPGに登場する亜人種でも
人気の高いキャラクターですよね。

今回紹介していくHCGは、村や国を襲うオークによって
無理やり犯される女性達を商業エロゲ並の高レベルな
イラストで楽しんでいくことのできる作品
です。

進撃のオーク

リリックボックスさんが2015年12月に公開された作品。
オリジナルヒロインのオーク作品になります。

DLsiteさんで累計5000DLを突破している作品で、
外伝作品も公開されています。

オークが人間(&エルフ)達に勝利し、それゆえ犯される姿を
6人のヒロイン・大きく分けて4つのパートに分けて描いています。

力及ばず敗北する2パート、力なきものが犯される2パート。
絶望的・屈服感のある状態で犯されていく女性達を楽しめます。

この作品の注目ポイント

  • 無力な女性・実力を持つ女性がオークに無理やりやられる陵辱感
  • ボリュームよりも1シーンごとに力を入れている丁寧な構成
  • 負けた人間がオークに犯されるエロの数々

「進撃のオーク レビュー」の続きを読む

お狐漫遊記 レビュー

獣耳お姫とその護衛が、鬼退治!
旅の途中で立ち寄った村で起こった鬼の事件を
解決するために村で調査活動をしていく
エロRPGが「お狐漫遊記」です。

お狐漫遊記

2016年4月に童心茶屋さんが公開された短編エロRPG作品。

同サークルさんは2015年末から2~3ヶ月に1作品のペースで
作品公開をされているので、見たことある方も多いのではないでしょうか。
当サイトで同サークルさんの作品を個別に
取り上げるのは初めてかと思います。

雨宿りで立ち寄った村で起きていたのは神隠し。
その背景に鬼がいるかもしれないことを知った主人公達が
街に滞在しながら鬼の事件解決に奔走します。

味方1人対敵複数のバトルですが、交代制を採用。
戦闘中に二人のキャラを活用するバトルが特徴的。

難易度は一部にクセがありますが、こまめにセーブさえすれば低め。
エロは敵や村人による無理やりよりと一部お礼奉仕な内容が楽しめ、
プレイ時間1時間満たないほどでクリアできる短編RPGです。

この作品の注目ポイント

  • 神隠し事件解決! のじゃ系統の巨乳狐娘と堅物系黒髪ケモミミのダブルヒロイン
  • オーソドックスなエロシーンの数々とほどよいやりごたえ・信仰のわかりやすさで初心者にも最適
  • 交代コマンドによる味方1人戦闘で一般的な戦闘システムにプラスアルファなRPG面

「お狐漫遊記 レビュー」の続きを読む

アルゴリズム レビュー

最近では現代ファンタジー・近未来的なSFアニメも多く、
アンドロイド的なロボ娘などが出てくることも多いかと思います。

今回紹介していくのは、「電子世界」で創造主を愛しく想う
電脳帯の女の子が、マスターと和姦エッチする姿を描いた
低価格のマンガ作品紹介していこうと思います。

アルゴリズム

アルゴリズムは、 黒ネコワルツさんが2012年に公開された
読み切り・オリジナルの同人誌作品です。

電脳帯のロボ娘風の女の子リストが、彼女を拾って修復した
マスター的な存在・セイロンに想いを伝えるために、
電脳世界に来たセイロンとエッチする姿を描いています。

100円作品ですが、ページ数もしっかりとあり、
ヒロインの切なくも感じられる思いの強さを和姦エッチで
感じられる、ほっこりとするような感じも受ける作品です。

この作品の注目ポイント

  • 100円価格ながら20Pとコスパ良好
  • ヒロインの想いの強さ・男性側の受け入れで強く感じられる相思相愛感
  • 後味もよく、読み切りとして万人的に楽しみやすい構成(エロの描きは結構濃厚)

「アルゴリズム レビュー」の続きを読む

苗床ダンジョンクロニクル レビュー

苗床ダンジョンクロニクル

苗床ダンジョンクロニクルは腕利きな冒険者である
ロザリーがひょんなことから迷宮の最下層に落ちてしまい、
迷宮脱出の為、最下層で出会ったぷにこ(スライムのような
モンスター)と力を合わせて脱出していくエロRPG作品です。

ぷにこ以外のキャラクターはロザリー自身が産卵部屋で
産卵するという、前年齢ゲームではありえない設定。
またエッチシーンの多さや異種・陵辱系シチュエーション
中心のエロRPGとして、人気の高いエロRPG作品です。

なお、本レビューは旧サイトに掲載していたレビューを
加筆・修正して掲載しております。
他レビューと一部項目が異なりますので、ご了承下さい。

この作品の注目ポイント

  • 柔らかめな触手や産卵シチュが多数
  • 百合やふたなりシチュもあり
  • ゲーム面は自由に遊べる育成感&やりごたえも感じられるRPG力
  • コミカル感もある主要キャラたちに魅力

「苗床ダンジョンクロニクル レビュー」の続きを読む

もっとコアなエロRPGを! 詳細検索公開しました

いつもエロRPG情報局をご利用いただき、ありがとうございます。

エロRPG情報局も、気がつけば新サイトだけでも記事数が1000超え。
得点別などやタイトル一覧なども用意していましたが、
さすがに見づらくなってきたんですよね。

エロRPG自体も今後多くなりそうですし、
この作品が好きだからに他作品ないかなぁ……。

こんなエロを満喫したいんだけど……。
ということも多いかと思います。

そこで、今回、エロRPG情報局の各記事に設置していた
タグからもっと細かく記事を探せるように、
詳細検索ページを作成しました。

エロRPG情報局では、レビュー記事を中心に
最大10~12個ほどのタグ付けをしています。

それらのタグの中から、プレイ内容や世界観、
作品の傾向などのタグをリスト化しました。

これに伴い、現サイトにある過去レビューのタグ付け強化も行いました。
今まであまりタグ管理力入れてなかったんですが……。
似たタグは統合し、この作品もこの傾向がある!みたいな作品には
タグ追加などを行いました。

特に長編・中編・短編系の長さ系のタグ、
巨乳系や貧乳系などの胸系のタグは結構増やしたつもりです。

こういう傾向で遊びたいなぁ……というのが決まっているときとかに
使って頂ければうれしいです。