【詳細】 寝取らせ系RPG アモル魔法学園のレビュー公開しました

前回の詳細レビュー公開から一ヶ月ぐらい過ぎてしまい、
久しぶりのエロRPGレビュー更新です。

寝取らせ系エロRPG「マモル魔法学園」を
プレイ完了しましたので、詳細レビューにまとめました。

アモル魔法学園

マモル魔法学園 詳細レビュー

魔法使いの第三世代。

自然発生によって生まれた第一世代の魔法使いに
力を与えられた第二世代の魔法使いの子供達……

である主人公とその彼女が魔法使いの学園に入るところから始まり、
魔法使いの力を強化するために寝取ったり寝取られたりする作品です。

序盤は強制寝取られが多め。
中盤以降はヒロインと仲良くなり、恋人になった女性を
他の男達へ寝取らせる感が強い作品ですので、個人的には
寝取らせ学園生活を楽しむことができるエロRPGだと思っています。

他の男と性行為をしないとスキルに偏りが出る、
夜這いシステムによる定期的なエロ、
エロ=強化による、頻発に起こるエロイベントなど。

光る所も多い反面、
少しシナリオが未消化気味であったり、
友好度上げやレベル上げなども必要となる作業的な要素もある作品です。

個人的には序盤の彼女が先生に寝取られていくエロイベントとか
かなり良かったですし、サクラちゃんの性格とか好きな感じでした。
個人的にはかなりエッチシーンはレベルが高いと思っています。

ただ、どうしても友好度上げるために毎日同じような行動が必要だったり、
メインストーリーが未消化気味だったり……

シナリオや飽きさせない仕組みという点はもうちょっと改良が
欲しかったなーとも思える点もありました。

同人系エロRPGでは、1900円台と値段も高めですし、
長所とかも多い反面、マイナス点とかも加味してコスパとかを意識し、
得点付しています。

詳細レビューの通り、NTRとか好きな人向けの作品。
あんまり中盤までプレイしたと思われるレビューとか少ない感じの
する作品ですので、参考になれば幸いです。

マモル魔法学園 詳細レビュー

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=5503

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG