Miniature Garden -前編- レビュー公開 | 後半のシナリオ展開が凄かった

遅くなりましたが、レビューリクエスト頂いていた
『Miniature Garden -前編-』をプレイし、クリアしましたので
詳細レビューを公開しました。

Miniature Garden -前編-

Miniature Garden -前編- の詳細レビュー

独自性の高さと後半のシナリオ展開がすごく良かった作品です。
ゴブリンの言葉でここまでジンと来たのは初めてだと思ったので
その辺の捕捉とかレビュー関係ない感想とかもこの記事で紹介していきます。

ガンシューティングやアクション性のある戦闘は好き嫌いが分かれる?


まず、なんといってもこの作品の大きなポイントは
アクションと戦略的な要素を持つ戦闘と、
後半のシナリオ展開だと思います。

ガンシューティングのような弾数管理が攻撃時に必要だったり、
シンボルエンカウントの敵に対してマップ上で攻撃を仕掛けられたり。

敵に見つからないように行動していくようなステージもあり、
リアルタイム感や戦略性のある戦闘が多め。

そのため、アクション的な要素も多かった気がしました。

結果的に、人を選ぶような戦闘にもなっていると思います。
個人的には戦闘中も結構忙しい感じがして、慣れるまで大変!

特に中盤で使えるなーと思った武器が後半ではうまく立ち回れず、
最終的に初期の武器に戻ったなんて言うプレイ時の記憶なんかも……

ガンシューティングなんかである弾数管理が
結構重要になってくる作品ですので、ゲームセンターとかにある
ゾンビとか撃つゲームが好きで、RPGも好きだとすごく楽しめると思います。

自分はあまりガンシューティングが得意じゃないので、
どちらかと言えば苦手な戦闘スタイルでしたが、
独自性が高く、難しい反面楽しめる要素も多かった戦闘でした。

ただ、戦闘中とかに色々と判断を求められるので、
戦闘中の緊張感は今までプレイしたエロRPGの中でも
トップクラスな作品で、集中してプレイする必要のある作品だったと思います。

後半のシナリオ展開は凄かった! 後半だけなら90点クラス


もう一つが、後半のシナリオ展開、

あらすじとかを書いてしまうと、この作品かなりのネタバレになっちゃうので
説明が難しいんですが……

前半ではよくわからないなぁ……と思っていた点が、
後半次々と明らかになり、そして伏線と思われていたところが
どんどんと繋がっていく様子は爽快。

自分の場合は序盤レベル上げもしていたので、
ゆっくりプレイしてたんですが、ちょうど3時間ぐらいで迎えた
大きなシナリオ展開から先が凄かったです。

想いを見つけた主人公の元に、どんどんとやってくる絶望。
幸せな生活が崩れていくダークファンタジー感が非常によくできていました。

一本道的なシナリオ展開になりますが、後半は色々なクリア条件、
複数の中から操作キャラを選べる、特殊なボスが出てくるなどなど。

一本道ながら、窮屈感は無い感じがすごく素敵でしたね!
前篇ということですが、いい感じでシナリオもキリの良い所で
終わっているので、中途半端感はなかった感じでした。

前半後半、気になさる方向けに良い例えかどうかわかりませんが、
最近の作品イメージで言えば、進撃の巨人の16巻ぐらいの王政に大きな
変化が訪れるようなあたりで終わっている感じというのでしょうか。

謎が1つ解決したけど、他の大きな謎に向けて行動を開始するような
あたりで終わっているので、いい感じで続編予告されながら
終わっているという感じがして、違和感は少ない作品だと思います。

前半は少し窮屈? サクサク進める意識がいいかも!


では、前半はどんな感じなのでしょうか。

ガンシューティングみたいなゲームが苦手で、
あまり本作品の戦闘システムが苦手だった自分の場合は……
という前提になりますが。

プレイ2~3時間ぐらいまでは少し窮屈さがありました。

前半はザコ敵を殲滅するようなクエストが多いため、
どうしてもザコ敵戦闘が多くなるんですよね。

最初の1~2時間ぐらいは、戦闘システムも新鮮で、
面白いー!と思ってくるんですが……

2~3時間ぐらいになると、あまり大きなシナリオ展開もなく、
殲滅系の依頼が続くので、ちょっと億劫に感じることもあったと思います。

ただ、全体を通してみると、この前半のあまり展開しないシナリオにも
意味があったりもしたので、そこは見事だなぁ……と思います。

反面、もうちょっと前半パートも色々な勝利条件などを用意してくれると
飽きにくい作りになってくれたんじゃないかな?という感じはしました。

まとめとか


この他にも、コスプレ収集とか、AIの細かい設定とか。
独自性の高い点は多い作品で、制作者の方には勉強になるポイントも
多い作品でもあると思います。

プレイ検討中の方は、戦闘システムに癖のある作品なので、
詳細レビューの方で軽く紹介している戦闘説明も見てもらえると
会うか合わないかイメージする手助けにはなるのかなぁ……と思っています。

エッチシーンはシーン数よりも1つ1つのシーンが丁寧で長めな印象。
いい感じのエッチシーンも多かったですが、エッチシーン目当てだけに買うと
アクションパートや戦闘が煩わしく感じる可能性もあるので注意です。
(レビューは普通モードプレイで感想書いていますが、簡単モードもあります)

ストーリーも途中暗くなるけど最後は明るい感じで・・・。
ゴブリン族などのキャラの言葉とか世界観に入り込んで聞いてたら、
すごく感動して、ジンと来ちゃいました。

ゴブリンの会話でジンと来ることなんかめったに無かったので、
すごく記憶に残っちゃいました。

去年の7月に公開され、レビュー数15件以上、ピンク評価(2016年1月11日時点)なのは
納得という感じですねー。

自分はあんまり合わない戦闘方法でしたが、
それも完成度の高い戦闘システムの賜物なんじゃないかなーと思っています。

最後になりますが、レビューリクエスト、ありがとうございました。

Miniature Garden -前編- の詳細レビュー

↓今回レビューした作品↓
Miniature Garden -前編-

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=5621

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG