エロRPGアワード2014 結果発表

2015年1月~2月にかけて実施致しました
「エロRPGアワード2014年」の結果発表になります。

erpgaword2014

今回より、過去公開作品全てを対象とした「グランプリ」のみの募集となりました。
例年以上、多くのかたより様々な作品に投稿いただきました。

大変感謝しております。

皆様からの投票結果より集計を行い、上位10位までの作品を紹介致します。
また、投稿時に頂いた作品に対するコメントの中より、掲載許可を頂いたもののみ、
ご紹介もさせて頂きます。

エロRPGアワード2014年 上位10作品

2014年12月31日までに公開された全RPG作品を対象とし、
投票を受け付けた結果を元に計算し、上位10位に選ばれた作品を
ご紹介させて頂きます。

第1位 Spiral Legend III

Spiral Legend III

↓この作品に頂いたコメント↓

RPGとしてかエロゲとしてかで評価が天と地ほど変わりそうな作品です。
しかしシリーズ物で1からやってる者としては、
もはやこのシリーズの楽しみ方が分かっていたので単純に楽しめました。
一言で総評すると真面目に作られているなと。
過去作と比べてザコ戦のダルさは緩和されてしかしボスはしっかり強い。
RPGとして非常に楽しめ案の定コンプ病なるものにもしっかりかかりましたw
レアモンスターやランダムの宝箱で手に入る装備品が便利で幅広く、
気付けばストーリーそっちのけで竜狩りしてましたね、、、
レアモンスターの登録部屋とネタバレデータ集が間違いなく誘発します。
また敗北以外でも道中所々でヒロインその他を含むエロイベントがあり、
過去作のような「負けないとほとんどエロがない」も
ある程度緩和されていました。

ただしこのシリーズはエロも本当に長い。

前儀から始まり>フェラ>本番>2発目>>>16発目と、、、

あくまで真面目に作られておりこの辺りもしっかり腰を据えて
楽しむ必要がある仕様です。

ストーリーについては、、、すごかったです。本当に。
今回は真エンドがオマケではなく一つのルートになっており各キャラエンドは
いわば通過点。

真ルートのラスボスですべての布石が集結した時には思わずゾクゾクしました。
各キャラエンド時と真エンド時でも評価が大きく変わってくるでしょう。

もちろんそれだけ時間もかかりますので注意が必要です。
(たっぷり寄り道して150時間かかりました)

惜しむらくは作者様があまり売り上げを気にしていないようでこの先も絵は入りそうにないところ、、、

思わず熱く語ってしまいました。長文すいません。

シリーズ3作目で前作に比べるとTPスキルが無駄なのがほぼなくなっていて1キャラにつき2種類の武器を変えることによって使えるスキルも変わるので戦略も色々考えられるようになってますね。

やり込み要素も相変わらず多くレアモンの場所とドロップアイテムがわかるようにしてくれたのも良いですね。

シナリオも今回は気弱なショタ系主人公ですが弱気なのは序盤だけであとは魔獣だろうが魔王だろうが突撃していくのでストレスはあまり感じないと思いますし
前作までは黒幕がわかりやすかったけど今作は少しずつキナ臭くなっていく感じや暗転の会話によるミスリードもあってシナリオ作りが上手くなってますね。

登場キャラ達もイキイキしていて愛着がもてますしやっていて飽きませんね。

ただ一番好みのアイリスがヒロインじゃない事とエミリィの寝取られルートはわりとキツイ事ので注意です

第2位 Spiral Legend II

Spiral Legend II

↓この作品に頂いたコメント↓

一番面白かったと言えば、これ。
絵なしというハンデを背負いながらも、高レベルなシナリオと
エロテキストが光る作品。
戦闘の難易度は鬼だが、なんとか遊べる範囲かな?
前作に比べると素材などがクエストや搾取などにより
集めやすくなっているのが良いですね。
TPスキルが入った事により戦闘面では結構変わりましたがどうも戦士系のスキルが
全消費が多すぎて基本通常攻撃しかできないですね。
魔法使い系のTPスキルは無駄がなくて良かっただけに惜しいですね。

シナリオは寝取られルートが無くなった事により一周の長さが結構あり
RPGとしてやり応えがあって良いですね。
やっぱRPGは長く楽しめないと印象に残りませんし非常に楽しめました

第3位 スーパードラモンクエスト~町と金と女と史上最大の戦い~

スーパードラモンクエスト~町と金と女と史上最大の戦い~

↓この作品に頂いたコメント↓

某有名RPGのオールスター作品であり、
世界観や雰囲気を上手く再現していると思う。

町を大きくしたり、合成で武器防具を開発したりと、
ストーリー以外の部分でも楽しめる。

ただ、エロが敗北や娼館イベントが中心で、
定期的なエロイベントが薄い面がマイナス。
ちょっと話も長くてダレるかな?

2014年で一番インパクトを持ってかれたのはやはりこの作品でしょう
重厚なストーリーにやり込みがありすぎる要素
エロが少し見にくい仕様ですが
それを無視して――というか仏にRPGにのめり込めるのがこの作品のいいところ
さらに有料ではありますが
さらなるアップデートも予定されているらしいので
これからも楽しみな作品です
同人RPGとしては最上級クラスの作り込みですね
戦闘では敵が普通に動きますし
街づくりなどのやり込み要素も豊富です
シナリオもドラクエ同人にしてはしっかりしてますし
エロ方面も声付きで数も多いです
ただちょっとスケすぎというか歯茎のとこまでスケせるのはどうかと思うけど

万人向けの同人RPGですね

第4位 バッドエンド・コレクター ~生命の音・零の魔王~

バッドエンド・コレクター     ~生命の音・零の魔王~

↓この作品に頂いたコメント↓

前作必須という欠点はあるもののシナリオ面もシステム面も作り込まれていて
非常にレベルが高いですね

第5位 赤首の闘技場

赤首の闘技場

↓この作品に頂いたコメント↓

ストーリーがよく作り込まれていて絵も可愛い。そしてエロい。
戦闘エロもBFのようなものではなく油断すると襲われる感じですので、
RPGとしてのテンポもしっかりと保たれています。
エロイベントも濃厚かつしっかりと作られていて楽しめました。
ただ残念だったのは日数制限+周回前提という仕様のため自由度が低かったこと。
初回では難易度が高くエロ回収には各段階ごとに負ける(周回する)必要があり、
じっくり育てて進めて行くというのが難しかったかなと。
また回収のため周回すると長いエロイベントの頻度も高くなりちょっと疲れたかな。
これだけのボリュームのエロイベントを入れるなら、
もう少しストーリーのボリュームも欲しかったかなという印象でした。
まったり進められる前作とは趣が少々異なり、
異種姦メインだった前作と違い今作では対人だったのでそこでも注意が必要です。

第6位タイ 聖剣のセシリア~The Soul of Knights~

聖剣のセシリア~The Soul of Knights~

第6位タイ Ariadne

Ariadne

第8位タイ 薬と魔法のミーリエル

薬と魔法のミーリエル

↓この作品に頂いたコメント↓

主人公であるミーリエルに注目が行きがちではあるが、
システム面が非常に行き届いており、何度でも遊びたくなるエロRPG。
RPG性にもエロにも妥協したくない紳士にオススメしたい。
こちらも50%オフの対象作品
2014年の50%オフセールはかなりいい作品も混ざっていたので
ありがたい限りです
こちらも丁寧に作り込まれているのが良い点ですね

(参考)投票期間時に大手同人サイトさんで販売セールがやっていました

第8位タイ リリィナイト・サーガ~少女騎士と魔触の紋章~

リリィナイト・サーガ~少女騎士と魔触の紋章~

↓この作品に頂いたコメント↓

良作量産サークルの印象が強いところの新作
相変わらずよかったです
ただこれは嗜好が合わない人は合わないのでこの順位
食わず嫌いせずやれば気に入るとはお思いますけどね

第10位 プリンセスサクリファイス~供犠姫フィーナの冒険~

プリンセスサクリファイス~供犠姫フィーナの冒険~

↓この作品に頂いたコメント↓

昨年の看板の片方ですが
今年は50%オフの対象にも含まれており
それが機会で触れた人も多いと思います
つい最近までもアップデートで要素が追加されていたのもポイントが高いですね

ランキング以外でコメントを頂いた作品

person of courage
person of courage

↓この作品に頂いたコメント↓

一般的にはあまり人気がないみたいだけど、
陵辱系RPGを多数販売されているサークル『ぽいずん』さんの初期作。
ダークヒーローな主人公と王道的なシナリオで、個人的にツボな作品。

パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁-
パロゴンクエスト -トロの勇者と運命の花嫁- Ver1.02

↓この作品に頂いたコメント↓

エロRPG過去作の中でも色褪せない懐かしさ満載の一品。
某有名作を完全再現し、質の高いCGも好評価の一因。
流石は最も売れている同人エロRPGの金字塔。

魔術師と6人のならず者
魔術師と6人のならず者

↓この作品に頂いたコメント↓

ザコキャラであるならず者たちが主人公の作品。
陵辱中心であるが、あんまり殺伐としていないところが逆に良い。
また、ならず者達の成長も楽しめ、価格的にもリーズナブルな点がポイント高い。

マリオンのゲームブック~古の本の不思議な冒険~
マリオンのゲームブック~古の本の不思議な冒険~

↓この作品に頂いたコメント↓

コミカルな作風だが、シリアスな場面もありバランスが良い。
また敵モンスターを仲間にしたり、ドロップした宝箱でレアアイテムをゲットできるなどの楽しみもある。
エロRPGとして完成度は高いが、
主人公がエッチ好きのビッチちゃんなので、そこだけが個人的には残念。

腐界に眠る王女のアバドーン
腐界に眠る王女のアバドーン

↓この作品に頂いたコメント↓

ホラーRPGで、演出や音楽、そしてレトロ感までもが恐い。
館の謎を解いていく過程も楽しめる。
難易度は高くエロシーンを見るのも苦労するが、
古き良き時代のRPGを丁寧に再現していると思う。

空に願いを地に花を
空に願いを地に花を

↓この作品に頂いたコメント↓

ロリと触手特化で人を選ぶから目立って無いけど
ヒロインの譲葉ちゃんは個性的でムッツリドスケベで面白いキャラだし
ゲーム性・シナリオ・エロテキスト・ボリューム非の打ち所無し
さらにアップデートで対人エロも追加されて死角なし

行け!! アイリーン快賊団
行け!! アイリーン快賊団

↓この作品に頂いたコメント↓

ゲーム部分が凄くこってるし、キャラクターがたってる
少し遊んだだけでユーザーを楽しませようと頑張ってるのが良くよくわかった
ヒロインが巨乳の娘でエロシーンのボリュームがあったら
もっと売れてたであろう作品
今後もサークル買い安定

メニミス
メニミス

↓この作品に頂いたコメント↓

NTR好きにお勧めの一本
妹の周りろくな男居ねーwww

BLOODY VIRGIN
BLOODY VIRGIN

↓この作品に頂いたコメント↓

とにかくシナリオが非常に素晴らしいですね
序盤はわけがわからなかったですがシナリオが進むごとに色々わかったきて
シナリオに勢いがあって続きが気になっていきましたね

やり込み要素もミニゲームやアイテム作りなど色々あって充実してます
飽きないように作られてますね

ただシナリオ重視なので操作キャラが頻繁に変えられたり
初めて使うキャラでそこそこの難易度のダンジョンをやったりと
ちょっとやらされている感があったのと
一部説明不足すぎてどういうキャラなのかわからないのがありましたね
あと一部グロ注意ですルートによっては女の子死にますので

Spiral Legend
Spiral Legend

↓この作品に頂いたコメント↓

一作目という事で戦闘バランスややり込み要素などは
2,3作目に比べて大きく劣るけど
近頃作者様により大きくバージョンアップしたらしいので
やり直したら評価が上がるかもしれません

DEMON’S SWORD SNAKES ~呪い蛇の甘き夢~
DEMON'S SWORD SNAKES ~呪い蛇の甘き夢~

↓この作品に頂いたコメント↓

高い画力と結構練り込まれたシナリオでレベルの高い同人RPGですね
敗北エロがないのもポイント高いです、
わざと負けるのってわりとストレスたまるし
ただ一部のキャラの過去などをもう少し掘り下げてくれたら
もっと評価が上がりましたね
スピカがすごく可愛かった。
それだけで全てが許される。
ルルって影薄くね?とか言ってはいけない・・・

-堕ちモノRPG- 聖騎士ルヴィリアス
-堕ちモノRPG- 聖騎士ルヴィリアス

↓この作品に頂いたコメント↓

エロイ・・・ただその一言につきますね
普通の同人RPGらしくシナリオは薄くやり込み要素もあまりありませんが
高い画力と声付きでエロさだけは最上級ですね

ROBFS4U
ROBFS4U

↓この作品に頂いたコメント↓

ROBFの次作でシステム面などはより洗練された印象でした
ただストーリーに関しては賛否がでる展開があるのでそこが難点ですね

ポケットギャルハンター
ポケットギャルハンター

↓この作品に頂いたコメント↓

某有名ゲームのパロですが
しっかりと作り込まれていますね
主人公というか相方によってストーリーに変化があるのも○
ただ原作同様出現率の壁はなんとかしてほしかった…

ハルウル
ハルウル

↓この作品に頂いたコメント↓

個人的にエロRPGにおける物差し的な存在になってしまった作品
出来がよすぎてハードル上げまくっているような気がしますが
次作品の話もあったはずですが未だ何の音沙汰がないのが残念で仕方がないですね

魔王軍へようこそ4 -時を知る者-
魔王軍へようこそ4 -時を知る者-

↓この作品に頂いたコメント↓

これをRPGと含めれるか謎なので
番外として8位とさせて頂きます(リーネいいならいいようなきもしますが)

物語の設定面での作り込みが上手で
またゲームシステム面でも過去のシリーズを昇華させているのは素晴らしい
お値段もやすめなのも素晴らしすぎますね

ドラクエ好きならお勧めですよ!

総評

2012年から始めたエロRPGアワードも皆様の御蔭で第5回目を
無事に終えることが出来ました。

まずは投票頂いた皆様に感謝を申し上げます。

昨年のNew!エロRPGアワード2013より全作品をターゲットとした投票形式に変更しておりますが、この一年間で大きく順位が変化した印象を受けました。

2014年は本格派のエロRPGも多かったからではないかと思います。
その反面、2013年頃に公開された作品も多く投票して頂きました。
また、ランク外の作品には2007年の作品に投票して頂いた方もおり、
記憶に残るエロRPGがより多くなった結果が反映されている結果になったのでは
無いかと感じます。

その一方で、グランプリ実施にあたり、今回も多大なご迷惑をお掛けしてしまいました。
特にご指摘が多かったこととしては、『投票していいジャンルがわかりづらい』ということです。昨今はみなさまも御存知の通り、ADV系のエロRPGも多くなり、多様化している現状がございます。
併せまして、『ほんとうに面白い』という表現を掲載してしまったため、ゲーム性重視の作品に偏りが生まれてしまうのではないかというご指摘も頂きました。

次回実施時には、RPGのジャンルをもう少し明確にし、投票ページの表現にも一層意識して反映させていただこうと思っております。

また、新人賞の復刻の声や過去作品にどんなものがあるのか事前に情報発信して欲しいという声も頂きました。新人賞・事前の情報発信は投票傾向に左右する可能性があるとして今回は控えておりましたが、次回はより利便性を意識し、公平性を保つような形で情報発信や新人賞の実施をしていけるよう、尽力させて頂きます。

最後になりますが、投票いただいた方だけではなく、日々エロRPG制作に尽力し、素敵な作品を作り続けてくださるサークル様、ブランド様、いつもありがとうございます。これからも素敵なエロRPGの制作を楽しみにしております。

本企画が皆様の楽しいRPG生活のお手伝いに少しでもなっていれば幸いです。

2015年4月10日
エロRPG情報局2管理人 みなみよつば

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=3042

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG