これが魔物の生態か!? 女性が繁殖に迫る実態に注目

凶暴な魔物がはびこる世界では、
普通に考えて、魔物が人間の女性を犯し、
子孫を残そうとする繁殖行為を行うことが
一般的でもあることも予想できますよね。

エロRPGの世界では、人間が魔物の生殖行為の餌食になり、
苗床になってしまうことが多いです。

村にも警備兵なんかが立っていますが、
絶対に村を守りきれるかどうかなんかわかりませんし、
薬草とか取りに行った女性とかが犯される可能性も考えられます。

そんな魔物たちが女性達に迫る生態に迫った
面白いHCGがあったので、紹介したいと思います。

■Monpedia 魔生物淫猥辞典II
Monpedia 魔生物淫猥辞典II

昨日、DLsiteさんで公開されたMonpedia 魔生物淫猥辞典IIは
魔物の生態に迫った解説と実際にどのような生殖行為が行われているかを
CGで表現した、セリフ付きHCG+読み物系のボリューミィーな作品。

様々な魔物がどう生殖行為を行っているのか?
という点に力を入れて描いている作品で、付属のHTMLを見ると
各モンスターの詳細な解説が描かれています。

例えば、「殖牝植物」の欄を見てみると、
どのような魔物がこの魔物として定義されているのかが
140文字ちょっと。

どういうような形で女性に取り付き、どう生殖行為を行うのかという
どんな危険種がいるのかというのを1500文字程度で解説。

さらに、

・「安全な種を品種改良してより見た目を改良」
・「一部貴族の愛好家などがいる」
・「一般向けでは蔦を這わせ拘束する品種が人気」
(本編より引用)

など、人間がどのように付き合っているかということまで解説されています。

自分実際に購入したんですが、この解説部分が意外と面白いです。
よく売っている「モンスター図鑑」系の書籍とかが好きな人におすすめですね。
イメージ的には、モンスター娘百覧さんの女性版みたいな感じでしょうか。

ちなみに解説されている魔物の種類はこんな感じ。

・オンブトカゲ
・寄生粘菌
・殖牝植物
・パラサイトワーム
・ハンティングゼリー
・犯しの家

各魔物それぞれに独立した解説と、
台詞差分が1~2枚ある、実際に犯されているシーンを
描いたHCGが付属されています。

個人的には、調査目的で来ていた獣娘の調査員が
ハンティングゼリーに船の上で種付けされちゃっている絵柄が好きでした。

魔物系のシチュエーションが好きな人や、
色々と魔物の生態を想像したりするのが好きな方は
チェックしてみてはどうでしょうか?

Monpedia 魔生物淫猥辞典II

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=4081

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG