【速報】カルト教祖と俺の彼女 レビュー1

寝取られステルスRPG『カルト教祖と俺の彼女』を
プレイ始めました。

カルト教祖と俺の彼女

同サークルさんの鬼監督と俺の彼女がエロシーン良かったので
今作品も購入したんですが、エロ面はなかなかいい感じですね。

ただ、カルト教祖と俺の彼女については『難しい!』という声が多いみたいで、
ちょっと警戒している人も多いんじゃないでしょうか。

個人的に言えば、そんなに難しくはないけど、
人によっては困惑しちゃうかもしれないタイプのRPGだと思っています。

今回はどんなゲームなのかを紹介すると同時に、
「なぜ難しいという批判が多いのか」「どういう人に向いているのか」
という点をご紹介していこうと思います。

パズル要素の強い探索アクションRPG


それでは、まず作品の雰囲気を知ってもらうために、簡単なあらすじと
どんな感じのゲームなのかを紹介していきたいと思います。

あらすじとしては、ヨガ体験に行ったはずの彼女が
帰宅予定日に帰ってこず、かつ怪しい動画が送られてきた&彼女から
宗教に入会したような連絡が来てしまったことを主人公は知ります。

動画の情報を元に教団の施設に行くと、動画が更新され、
そこには女体盛りをされている彼女が。
教祖は主人公に対し、時間内に自分の元へと来るように指示し、
主人公は教祖のもとに辿り着くよう、頑張って教団へと侵入します。

ステルスRPGというと、敵の目を盗んで行動するというのが
一般的かと思いますが、本作は敵を攻撃したり、ボス戦っぽいのもあります。

マップ上には、目の前4マスに近づくと猛スピードで追いかけてくる敵や
ゆっくりの速度で主人公を追いかけてくる敵などが点在しています。

特に目の前4マスに近づくと猛スピードで追いかけてくる教団員は
あちこちに点在しており、序盤は彼らの目の前4マス以内に入らないよう、
様子を見ながら進む必要があります。

序盤探索を行っていくと、「バナナ」「スタンガン」が手に入ります。

バナナはマップ上に設置することができるトラップ。
設置した場所に敵が止まると
一定時間動けなくなってしまいます。(一部敵は除く)

スタンガンはまだ主人公に気がついていない敵やバナナで動けなくなっている
相手に使うことで、マップ切り替えまで敵が消滅してくれます。

バナナ、スタンガンはそれぞれ上限数定められていますが、
バナナはマップ上に点在しているバナナの木、スタンガンは同じく点在している
電源機器に接触することで補充することも容易です。

ただし、バナナはセーブポイントでの回復引き換えに使われたりしますし、
スタンガンは一度補充した場合、同じ機器からはマップ切り替えまで
補充できないというような注意点もあったりします。

とはいえ、補充ポイントがたくさん点在しているので、
基本的には・・・

・敵に見つからないように間合いをとって動く
・見つかったらバナナ&スタンガンで倒す

この一連動作をガンガン使っていく感じになります。

うまくマップの構成を意識しながらトラップ仕掛けたりすることも
多いので、パズル要素もあるRPGだと思います。

なんで批評もあるの?


さて、この作品ちょこっと調べた人ならわかるかもしれませんが、
「難しい!」「もっと簡単に!」という声もあがっているみたいなんですよね。

これについては、2つ理由があると思います。

まず一つ目が、「かなり本格的なゲーム」であること。
この作品、マップ攻略やボス戦にも謎解きとか、パズルゲーム要素があります。
このゲーム的要素が、かなりよくできているんですよね。

例えば、左右の部屋を対象にするように物を動かす、
上の部屋の穴に合わせてはしごを動かすなど。

一つ一つがよくできているんですよね。
個人的にプレイしていて、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」や
「新桃太郎伝説」の大江山(難しいトラップの面)を思い出しました。

ただ、これエロ目的だと、この難しさがテンポの悪さにも
つながってしまう可能性があるんですよね。

この作品は、少しずつヒロインが毒牙にはまっていきそうな様子を
実況系式で描いているので、
「彼女がピンチ!」→アクションパート→「さらにピンチ!」→アクションパート

と、焦らされている感が半端ないです。
なので、エロ目的だとこのレベルの高いゲーム性が邪魔になっているんだと思います。

もう一つが、序盤のヒントが少ないこと。
序盤、武器を手に入れるとの、ヒントキャラからヒント聞けるようになる
アイテムを手に入れるまでのヒントが少ないです。

ですので、しょっぱなからわかりづらく感じちゃうのだと思います。
この辺は、攻略ヒントとかも付随されているので、
うまく付随されたヒントを活用しましょう。

ヒント活用するのが嫌なヒオは、しっかりゲームやるつもりで
プレイすることおすすめします。

全体的には好印象、プレイ時間が懸念事項


以上が今日紹介したかったことです。

個人的にはゲームとしてもしっかりしているし、
エロシーンもレベル高いので、買ってよかったと思えるぐらい
レベルの高い作品だと思っています。

強いて言うなら、プレイ時間が懸念事項でしょうか。
なんかプレイ時間1.5時間ぐらいで佳境とも取れる感じになっているので、
全体的なボリュームがどれくらいになるのかが、最後まで楽しみですね。

プレイ時間は最後の最後までプレイしないとわからないと思いますので、
またクリア後のレビューででもご紹介しますね。

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=3977

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG