もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 速報レビュー1

本日0時に公開された『もんむす・くえすと!』をプレイ開始して、
1時間ほどが経過しました。

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章

序盤のシナリオやシステム周り、特徴などについて
簡単に感想を書いていきたいと思います。

旅だった父を追う勇者の物語


あらすじとしては、旅だった父を追う勇者の物語です。

ただ、旅に出る直前に伝説の神様とかが出てきたり、
小さい魔王・神様が出てきててんやわんやしながら旅出るという感じ。

プレイ1時間時点では「世界に少し変化が起きてるから勇者として旅立つ!」
感が強く、伏線っぽいことが結構出ている感じ!

ここからどう変化していくかが注目ですね!

FF5+DQ6+DQモンスターズ的な育成システム


戦闘はドラクエタイプのターン形式。

序盤のイベントをクリアすると、倒した敵が仲間になるというシステムを
搭載していて、仲間はフィールドマップとかで使えるアイテムを使って
特定ポイントに行き、パーティ編成できます。

戦闘は4人ですが、バックアップにもう4人連れて行け、
合計8人の編成で行動します。
編成した仲間はマップ上や戦闘中に入れ替え可能です。

DQの馬車システムに近い感じですね。

また、各キャラには職業と種族というのが割り振られていて、
職業を変えて職業レベルを上げることで技とかが取得できます。
(FF5みたい)

取得した技は他職業でも使えますが、他職業で覚えたスキルの
技が使えなかったりすることもあります。

そんな時に注目なのが種族。
種族でも使える技が決められており、職業と合わせることで
様々な戦闘方法を望むことが出来ます。

仲間多いと聞いていたので、バランスとかどうなのかなーと思いましたが、
悪くは無さそうですねー。

戦闘は今後に期待


戦闘はランダムエンカウント。
攻撃のタイミング時に会話が出たりするのは可愛らしい感じ。
ただ、そのせいで少しテンポも悪くなっている気がします。
(高速化のAボタン機能もも重要そう。)

肝心の戦闘については、序盤ということもあり少し地味。
殴り合いが続いているので、もう少し使えるスキルが出た時に
全体としてどうなるか?という感じですね。

戦闘自体は結構王道的な感じなので、RPG慣れしている人には王道的でいい感じです。

伏線をどう回収するか


では。一番プレイ1時間で感じたことは伏線をどう回収していくか。

全体的に登場人物や戦闘システムで伏線っぽい要素が多め。
だから、仲間を増やしたりイベントを増やしていき、どう伏線を
回収していくのかが楽しみな感じです。

エロシーンもまだ見れていないので、どんな感じに展開するのか楽しみ。
パーティも序盤から4人編成出来るので、どんなキャラが仲間になっていくのかが
楽しみですー。

てなことで、プレイ時間1時間の感想を眠いなーと思いながら
書いてきました。

結構レトロ感あふれるRPG的な要素も多いので、SFCのRPGとか
好きな人なら、結構いい感じだと思います。

難易度もすごくたくさんの段階から選ぶことが可能。

プレイ時間1時間ということもあり、ストーリーとかは
伏線っぽい要素が多めですが、この伏線をどう回収していくかが
楽しみですね。

ちょい高めな作品ですが、まだまだ楽しませてくれそうな要素満載です。
引き続きプレイして、ある程度進んだらまた感想とか書いていきたいと思います。

■もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章
もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=2962

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG