ペニバンクエスト ドミナ教の生贄 速報レビュー1 ゲーム性も抑えた濃厚MシチュRPG

今日公開された、マゾシチュRPG「ペニバンクエスト」。
結構Mシチュ作品で有名なサークルさんが公開されている作品でしたので、
実際に購入してみました。

■ペニバンクエスト ドミナ教の生贄
ペニバンクエスト ドミナ教の生贄

プレイ開始してみたんですが、色々な意味で人を選ぶような作品だったので、プレイ1時間時点の感想と「こんな人におすすめだよー」というのを紹介しておこうと思います。

さて、今日公開されたはペニバンクエストは
一言で言えば「オーソドックスなRPGが好きでマゾな人」向けの作品です。

制作サークルさんは「妹さまの仰せのままに」「マゾラヴ」などで
知られているサディスティックアリスさん。

私も過去に「猫々みすとれす」などをプレイしたことあるのですが、
結構濃厚なMシチュを行うサークルさんなんですよね。

今作でも濃厚なMシチュは満載。
プレイ直後からおもらししてしまって、
お母さんに尻を叩かれながら射精してしまう。
(しっかりボイス付き)

ポーカーで負けてしまうと、射精して罵られてしまうような
ボイスも流れたりと、さすが濃厚系のMシチュで有名な
サークルさんの作品なだけあり、エロRPGでもしっかりと嬉しい
Mシチュポイントが詰め込まれています。

ただ、バイブとかを挿入しながらイかせるようなシチュもあり、
少し猟奇的な感じにも印象受けるMシチュです。
ライトなMシチュなどが苦手な人とかはちょっと避けたほうがいいかも!

ちなみに私はちょっとキツイかな?と思うぐらいのMシチュです。
会話スキップ機能があるので、きついなーと思ったエッチシーンは
スキップ機能を使うと良いと思います。

さて、エッチシーンはマニアック路線を走っている一方で、
RPGとしてはオーソドックスなDQスタイルの作品。
シナリオはドラクエ3の世界観をモチーフに、うまく独自性を入れている感じ。

ところどころに女性上位的なものがいろいろと混ざっていますが、
嫌な感じはしない、いい感じにエロを絡ませているストーリーが光っています。
色々と後半に仕掛けてくるような伏線的要素も多いので、
どんなストーリーになっていくか、すごく期待しながらプレイしています。

一方で、一度に登場する敵が多かったり、比較的エンカウント率の高い
ランダムエンカウントを採用しているので、難易度の低いRPGに
慣れてしまっているようなユーザーだとテンポが悪く感じるかも。

個人的にはDQ3普通にプレイしたことあるので、このくらいの
ランダムエンカウントも好きですが……

サクサク進みたい人、とにかく攻撃ばっかりしていれば
進めるぐらいの難易度が好きな人だと、合わない可能性もあります。

ペニバンクエスト ドミナ教の生贄
▲エロ特化みたいに見える作品だけど、ゲーム性も結構ある作品なので注意!

全体的な感想としては、ツクールデフォ的なシステムの
王道RPGが嫌いじゃないなら、オーソドックスなRPGとして選んでも良いと思います。

ランダムエンカウントの比率とか気にする方もいるかもしれませんが、
道具の値段とか、回復しなきゃいけない頻度とか、状態異常の発生率とかは
かなりバランスとれていると思うので、昔懐かしいRPGと同等ぐらいの
楽しみがあってよかったと思います。

反面、最近流行りのスキル育成などはなし。
説明書不要でプレイできるRPGという感じがします。

なので、濃厚なMシチュが好きで、昔のRPGとか好きな人に
遊んでもらうべき作品なんじゃないかなと思っています。

まだプレイ時間1時間程度ですが、本格連休前になかなかいい作品が
出てきたなーとか思っています。
ロリ系の格闘家ちゃんが結構ツボキャラだったので、どうドS化していくのか
楽しみにしていきたいと思いますw

【追記】
速報レビュー2も作りました。
ペニバンクエスト ドミナ教の生贄 速報レビュー2

ペニバンクエスト ドミナ教の生贄

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=3229

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG