ヴァギナクエスト~マァムの大冒険~ 速報レビュー1(クリア)

ヴァギナクエスト~マァムの大冒険~

 

 

ゲームとしてはファミコン、

 

イラストは高レベルなエロRPG。

 

 

今日公開された、サークル・@ボインさんの新作エロRPG、

 

「ヴァギナクエスト~マァムの大冒険~」を

 

プレイして、クリアしました。

 

 

プレイ時間は50分ほど。

 

短編作品ってかんじですねー。

 

 

ダイの大冒険の二次創作ですが、

 

みなよつはあんまり原作について、知識はありません。

 

マァムのキャラデザが好きなんで、ちょくちょく同人作品を

 

買っているので、軽い設定は知っていますが、

 

詳細までは知らないライトユーザーみたいな認識で、

 

感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

 

まず、ゲームシステムとしては、

 

王道スタイルのDQ系作品。

 

 

ウディタ製の作品で、デフォルトの戦闘スタイル。

 

マップ上を歩いていると敵がいきなり現れる、

 

ランダムエンカウントの作品。

 

味方は1人~3人で、4人のメンバーが短い間に

 

コロコロと変わります。

 

この辺は、個人的に好感度高かったです。

 

 

ただ、ゲームの雰囲気としては、

 

良い面も悪い面も併せて、ファミコン的なこと。

 

 

シナリオは、ご都合主義感が強かったし、

 

全体的に貞操観念が低いセックスジョーク満載の作品。

(雰囲気的には、

ギャルゴンQUEST アヘ顔と女体化と淫乱の大地

が、近いかも)

 

 

会話回しも、少し言い訳じみた無駄な説明が多かったですし、

 

暗転とかもないので、いきなりキャラが移動したり……

 

ファミコンのRPGで感じられる、違和感とかも

 

そのまま再現されちゃっている感じが、残念でした。

 

 

でも、面白いファミコン的だなーと思った点もあります。

 

それが、宿屋。

 

 

宿屋に行くと、お金取られて休めるんですが、

 

「泊まりますか? はい、いいえ」

 

が聞かれないで、強制的に泊まらせられるんですよねー。

 

 

個人的には、こういう点もファミコンの

 

強制感があって、面白い感じはしました。

 

 

 

さて、肝心のエッチシーンは、

 

イラストは非常にきれいな感じ。

 

 

一つのエッチシーンで、いくつもプレイが変化する

 

場面も多いのが特徴的ですねー。

 

 

男に犯された直後、そのまま触手に犯されて……

 

みたいに、テンポよくエッチシーンが進みます。

 

 

 

ただ、テンポが良すぎるマイナス点も。

 

だいたい、4~6クリックで次のシーンに飛んでしまいます。

 

女の子の反応も少なかったり、この4~6クリック内にも

 

エッチシーンとは無関係な説明や、少しいらないような情報も

 

含まれてたので、どうしてもエロ度的には

 

ボリューム不足かな。

 

 

ある程度、イラストで脳内補完してあげる

 

昼用のある作品かなーと思いました。

 

 

 

そういう、ボリューム面とかも含めて、

 

ファミコン時代のRPGに、高レベルなイラストが

 

付随されている作品という印象じゃないでしょうか。

 

 

個人的には、嫌いじゃない作品ですが、

 

どうしてもボリュームやHシーン数を考えてしまうと、

 

コスパ的には悪い作品かなーと思います。

 

 

少し粗もあるファミコン的なRPGが好きな方や、

 

絵買いでの作品購入を検討されている方向けの作品かと

 

思います。

 

 

■ダウンロード

 

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=144

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG