SAOの3DARPG Knight’s Blade Online 速報レビュー

今日、SAOをモチーフにした3DアクションRPGは
公開開始になりました。

Knight's Blade Online

ユニティ系の技術も上がってきて、3DアクションRPGも増えてきましたね。
まだまだ少ないのですが、3Dゲーム好きには嬉しいんじゃないでしょうか。

プレイ時間1時間過ぎたので、感想を紹介していきます。
ついでに自分、軽く3Dアニメーション制作経験もあるので、
アニメーションっぽいエロシーンの評価っぽいのもしていこうと思います。

無双系ゲームみたいなアクションRPG


まず、アクションRPGって色々なタイプがあると思います。

一匹一匹間合いをとってしっかりと敵と戦っていくARPG。
アクションゲームとして分類されることも多いタイプのARPGで、
モンハンとか、ゼルダの伝説とかがコレに入ると思います。

今回のKnight’s Blade Onlineは一匹ずつ倒すというよりは、
敵がどどどど~んと押し寄せてくることもあるので、無双系に近い感じ。

村人から依頼を受けて、モンスターを広大なマップから探し出し、
倒すことで依頼クリア。依頼複数クリアで次の街に行ける感じ。

モンスターはちらほらいるんですが、どんどん時間が経つと集まってくるので、
長く歩いていると、ほぼ無双ゲーみたいになります。
そんなに敵を倒すの苦労しないので、これはこれでなかなかおもしろい感じですね。

3D世界のクオリティ


3Dの世界だと、クオリティも気になる人が多いかと思います。
まずはエロシーンを除いたクオリティを見て行きましょう。

クオリティ的には、中ぐらいといった感じでしょうか。
ユニティに関する製作技術全くないので、ユニティのデフォレベルわからないんですが、
モンスターとかも比較的よくできているし、地形とかも意識して作られています。

昼と夜があり、ライトの雰囲気とかも変化。
夜だとかなり敵が見づらくなるので、本当に夜を歩いている感じがしますね。

強いて言うなら、行動時のカメラアングルが固定っぽくて、
立体感が制限されちゃっていることが残念でした。
もうちょっとカメラアングルとかも変化できると、良かったのになぁと思います。

エロシーンのクオリティ


エロシーンはまだ4キャラほどしかみてないんだけど、
ちょっと物足りないかなという感じがしました。

主人公のHPが0になって、倒れている時に敵が攻撃するとモンスターの
陵辱エッチに変化。

陵辱エッチでは、3Dで犯される様子がアニメーションになって射精されるまでを
しっかり描いていて、中央にはヒロインの台詞が出てきます。

回りにいる魔物はその様子を見て騒ぎ立てている感じにも見えて、
この辺は非常に面白い仕組みになっていると思いました。

ただ、この犯され3Dアニメーションがちょっと物足りない感じ。
モンスターは前後に腰を振っているだけに見えますし、
全体的にまったり、ゆっくり描かれているので、ワイルド感がないんですよね。

スピード感が見えず、ゆっくり犯しているので、
あんまり抵抗している感じが見えず、ちょいと淡々としている感じがしました。

加えて、犯すときの効果音とか台詞とかがあるわけでもないので、
ゆっくりな犯されアニメと比較すると、体感的に地味な感じに見えてしまいます。

もうちょっと抵抗できないような敵の力強さ、
聴覚で感じられるようなエロさの工夫があると、
もっとエロく感じる気がしました。

まとめ


操作さえ慣れれば、HP0でも犯されて復活できるので、クリアは簡単そう。
倒れたところにモンスターがおかしてくる、無双的なアクションRPGということで、
差別化はあるものの、ちょいとエロ面は個人的に地味に見えてしまっている感じがしました。

とはいえ、まだ序盤だからかもしれませんね。

バグで積んじゃったっぽいんで、ちょっとお休み中ですが、
またプレイ再会できたらプレイして感想も書いていきたいと思います。

■ダウンロード

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=3861

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG