グライドと夢魔達の日々 新装版を購入するときは注意(追記2015.3.5 15時)

今日公開の作品で、勘違いすると危ないなーと思った
作品があったので、ちょっと情報共有ついでに色々と書いておきたいと思います。

今日公開された作品「グライドと夢魔達の日々 新装版」についてです。

■グライドと夢魔達の日々 新装版
グライドと夢魔達の日々 新装版

この作品は昨年末公開されたエロRPG
「グライドと夢魔達の日々」と同じ内容の作品になります。
(正式にはなる予定みたいです)
ならないことになったみたいです。

■グライドと夢魔達の日々
グライドと夢魔達の日々

絵とかも同じになる予定ですので、旧作購入している人は、
絶対に買わない方が良いと思います。

サークル名違いますが同一みたいなので気を付けて下さい!

にしても……これ許可しちゃうのか、DLsiteさん。

あんまり言いたくは無いのですが……
ちょっとこれは今後の同人に影響与えそうですので、
今日はマジで書いていきたいと思います。

(追記)
今回は審査の行き違いとかあったようで、同一ではなくなるみたいです。
ただ、こういう考え方もあるんだよーという感じにもなると思うので、
元記事は残しておきたいと思います。

さて、まず初めに言っておきたいのが、
悪用される可能性が今後出てくるから、利用者には不利益に繋がる可能性があり、
同人全体の問題になり兼ねないと思ったから、今日書きたいと思っています。

なお、この記事は3月4日午前11時点の情報を元に書いています。
サークルさん個人の批判とかじゃないので、そのへんだけは履き違えないで貰えると嬉しいです。

今回の事象について


今回の事象、まとめるとこんな感じです。

・サークルさんは絵師さん雇って絵を新しくしたから新装版で出している
(ちゃんとしっかりした追加要素はある)
・旧作品もバージョンアップして同等になる予定
(注意事項・旧作ブログにて記載済み)
・新サークル名で出している

多分、日が浅いサークルさんなので、経験不足からかと思いますが、
これだけの要素だと、どうしても説明不足ゆえに悪質な販売商法と
取られても仕方ないと感じてしまい、悪い言い方をさせてもらうと、
揚げ足が取られかねてしまうという感じがしました。

特に問題点と感じたこと


特に問題点と感じたことは以下3点です。

・新作の販売ページ及びサークルページでは「旧作」を同等にバージョンアップする旨の記載がない
(この作品は「グライドと夢魔達の日々 (RJ146824)」と内容の重複があります。というDLsiteさん注意事項がありますが、この注意事項は総集編やセット販売でよく使われている文言であり、全く同じ要素という点で意味を伝えるのは不可能と思われます)

・旧サークルと新サークルのリンクが無い

旧サークル・新サークルのリンクがなく、作品名を調べなければ旧作品のアップデート予定を確認できない。

・新装版として新作にするには期間が短い

RPGを始め、同人作品の一番売れる時期は「新作」時期です。
本気で売上を気にしているサークルさんは、販売記念セールやってみたり、追加アップデートを予定していることをPRしたり。

いかに新作時期の話題性を高めるかを試行錯誤しているサークルさんも多いです。

そんな中、アップデートで済む内容(今回は旧作アップデート対応するということなので、アップデートでも対応できた)のであれば、新作として出すべきじゃないのではないかと思います。

じゃあなんで問題なの


この事象をOKしちゃうと、こんな問題が起こりかねないと思います。

しょっちゅう同じ作品を新作で出すサークルが出てくる


商業を意識したサークルさんなどが、予想よりも売上が伸びない時、
ちょっとしたバージョンアップして、新作でリニューアルするって
可能性が出てくると思います。

極端な例になるかもしれませんが……

1.新作Aを公開→思ったよりも売れなかった

2.新作Aに絵を1つ追加→新作A 新装版とする

3.新作A 新装版として新作に登録→まだ売上欲しい

4.新作A 新装版に絵を1つ追加→新作A 新装版プラスにする

5.新作A新装版プラスとして新作登録→同じ作品が3つ並んでいることに

看板架け替え的な販売方法が出来るようになってしまいます。
これが全てのサークルでやったとしたら……

毎日旧作の改良版ばかりな日々になります。

違法アップの作品が登録されると疑惑を持たせる


DLsiteさんには1つのユーザーで複数サークルを作る機能があるため、
今回は同じユーザー=製作者同一ってことでアップしたんだと思います。

ですが、過去にはサークル代表がRPG制作を引退し、作品が公開中止。
リメイクしようとした作品が登録できなかったというふうにブログへ
書いていたサークルさんもいます。

こういうのを許可しちゃうと、同一製作者確認をちゃんとやってるの?
という点が非常に疑問に思えてきますし、
サークルさんと利用者間でのトラブルを助長する可能性があると思います。

サークル名を変えて再販戦略を練る悪質サークルが出る


例えば、同じ作品をAというサークル、Bというサークルで出していくとします。

となると、サークルAで買った人とサークルBで買った人が出てきますよね?

ここで、サークルAで販売された作品が販売終了されちゃったらどうなるんでしょうか。
サークルBで再び買わなければいけません。

こういった感じで、サークル名を変えて再登録し、旧サークルを閉鎖させ、
同じ顧客から2度売上をせしめようと考えるサークルさんも出てくるんです。

じゃあどんな対応をするべきだったのか


もし、新作が絵師さんの報酬になっているから、
別管理したかった……などという理由があるのであれば……

・同じサークル名で販売する
・販売ページに、しっかり旧作と同一であったことを記入する
・旧作をアップしてから新作登録する
・追加パッチ形式で販売する
・現時点の売上数をメモして旧作をアップデートし、差異で決める

など、いくらでもやりようがあったと思います。

また、これらのことはサークルさんに問題があるだけじゃなくて、
審査も悪いんだと思っています。

以前、姉妹サイトで紹介したことあるんですが、
一回注意書きも無く、同じ作品が販売されていたことがあったんですよね。
(出版社が出した商業版同一内容のものを異なる作品として出していた。
注意書きなども無かった)

もし、こういうのを許可するのであれば、
「アップデートと新作登録の境をしっかり明確な基準で出すべき」
だと思います。
極端に言えば、脱字修正で新作登録なんか始めるサークルさんが
出てきてもおかしくありません。

まとめ


長くなっちゃいましたが……

個人的に今回の方法はうまく使えば悪質な方法に転用でき、
真面目にどう新作を長くPRするか考えているサークルさんや
アップデートを虎視眈々とやっているサークルさんが
バカみたいに感じてしまう可能性があると感じました。

また、プレイヤーさんにも不利益を与えてしまう可能性があり、
同人全ての作品に波及すると、新作が新作でない時代が
やってきてしまうのではないかと、危惧してしまいました。

そのため、長々とダラーッと書いてしまっています。

もちろん、総集編という形や初版と重版で表紙変えを
実施しているサークルさんとかだっています。
ですが、同じ状態になる商品を2つ並べるというのは、
ちょっと違うんじゃないかなーと思いました。

エロRPGの中には、新作並みに大幅アップデートしながらも
旧作のアップデートで頑張っているサークルさんもいます。

DLsiteさんとか販売サイトさんには、そうやって頑張っている
サークルさんが不利にならないような教育・審査も力を入れて
言って欲しいなと思っています。
DLsiteさんも動いてくれたみたいです。

批判的な感じになってしまいましたが、
悪質なことに繋がりかねないということから、
今回長々と書かせていただきました。
(違う意味に伝わっていないか、非常にドキドキしながら書いています)

これからも楽しい同人生活がみんなで送れるよう、
DLsiteさん始め、同人サービスさんには頑張ってもらえると
嬉しいなーと思う今日このごろです。

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=2870

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG