DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~ レビュー

昨日から始まっている2016年同人半額フェア。
皆さんも色々と購入して楽しんでいるんじゃないでしょうか。

自分も色々な作品お得に購入して、
プレイしていきたいと思います。

さて、今日レビューしていくのは、色っぽい水着のような
衣服が特徴的なダークエルフ主人公が主人公な簡易アクションRPGの
DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~です。

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~

2016年4月30日にDLsiteで公開。
サークルさんはdorgelさんという、新規サークルさんの1作品目。

オークを倒すためにダンジョンへと散らばったスフィアを
集めていく簡易RPG。
正面以外から接触すると敵を倒すことができるという、
さくさく系アクションを採用。

正面から敵にぶつかってしまうとダメージを受ける他、
一部的には犯されてしまうことも。
敵に犯されてしまったり、エッチなトラップに
ハマってしまうと簡易アニメーション発動。
立ち絵も軽く動くという、アニメーションエッチにも
注目なエロRPGです。

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~を購入した理由


褐色系のヒロインが好きで、イラストが可愛かったので購入しました。

RPG面の特徴


制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
作品の長さ:
短編
(管理人クリア時間 58分)

難易度傾向:
かんたん!

戦闘方法:

  • 正面以外から敵接触で即勝利
  • 一定レベル以上でないと攻撃を回避される可能性あり

ボイスの有無:
ボイスなし

やり込みシステム:

  • エッチシーン回収

エッチシーンの傾向:

  • 一部敵が攻撃時にエッチな攻撃。ボタン連打で回避できないと犯され
  • マップ上の一部罠に引っかかると機械姦など長めのエッチ
  • 各シーン簡易アニメーション付き

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~の特徴


DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~の特徴的な傾向やシステムを長所・短所と思われる内容、特徴を元におすすめする人・しない人を紹介していきます。

この作品の長所


DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~の特徴の中でも個人的に良かったと思われる点や独創的・面白いと思ったポイントは以下の通りです。

1.サクサク進む簡易アクション


本作品は一つ一つのダンジョンを攻略していく
アクションRPG作品です。

通常のRPGのように、戦闘時にバトル画面に入ることはなく、
マップ上を歩いている敵に接触した方向に寄って勝敗が決します。

敵の正面から接触してしまうと倒すことは出来ず、
自分がダメージor性的な行為をされてしまいそうになります。

左右・後ろから接触すると攻撃成功。
基本的には倒せて経験値取得できますが、レベルが不足していると
敵に避けられてしまい、攻撃が失敗に終わります。

ですので、基本的には敵の左右・後ろに回りこむ接触、
回避されてしまったら再度回りこむかレベルを上げるというような
ことを続けていきます。

この基本戦闘に加え、敵を倒した時に落とすアイテムやお金が
敵を倒した方向の数歩先に落ちるため、周辺マップをうまく把握しながら
敵を倒さないとアイテムが取れなくなってしまったりします。

基本的には接触だけの戦闘なのでサクサク進む感じになっていますが、
正面での攻撃NG・敵の回避方法・アイテムドロップ位置によって
サクサクながらも考える必要のあるポイントを残っているバトルシステムでした。

2.アニメーション付きのCG


本作品では、立ち絵・犯されエッチ時に簡易アニメーションが表示されます。

そのため、実際に犯されているような動きに見えるため、
エッチシーンが視覚的に強く見えました。

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~

個人的にすごく良かったと思うのが、トラップによる機械姦の
ようなシチュエーションです。

ディルドのようなものが機械によって挿入されるシーンで、
ディルドがスピーディに動くため、臨場感があって
非常にエロく見えました。

3.最適化されたエッチシーンの尺


エッチシーンはオークによるエッチ攻撃、トラップの二種類です。
この作品の良かったと思う点は、この2種類状況に応じて
エッチシーンの尺をしっかり考えていることだと思います。

オークによるエッチ攻撃のエロシーンは短め、
トラップによるエッチは長めの尺になっています。

トラップは完全にポイントが縛られているので
長くても問題ないのですが、オークの攻撃は比較的多く発生する上、
マップ攻略中の出来事なので、あまりにも長いとテンポを
崩してしまうと思います。

オークのエッチは短めですが、この短さがテンポを崩さず、
絶妙にお色気を出してくれているので、
非常に邪魔に感じない(アニメーションでしっかりとエロく見せてる)
という絶妙な塩梅になっていました。

エッチシーンも長いシーンはかなりエロく描かれていたと思うので、
非常にエロ面にセンスの光る作品でした。

この作品の短所


DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~の中で、マイナス点になりうるポイントや不足していたと思う要素、個人的にはここを改善するともっと良い作品になりそうだったポイントは以下の通りです。

1.敵行動パターンの少なさ


非常に面白くてテンポも良いアクションゲームでしたが、
敵の行動パターンが全て似たり寄ったりだったのがもったいなく感じました。

様々な敵がいる反面、近づいてくるような行動ばかり取る敵が多く、
違いといえば動くタイミングの違いぐらいです。
ボスも同じような行動でしたので、どうしても動きにマンネリ化が
あったような印象を受けました。

この辺は星のカービィのようなアクションゲームを参考にして、
例えば上下だけに素早く動く敵だとか、動かないけど無敵な敵だとか、
飛び道具を使う敵など、すこし特殊な動きをする敵がいれば、
大きくゲーム性が高まり、さらに遊べるアクションRPGになったと思いました。

2.ダンジョントラップの少なさ


ダンジョン内のトラップももう少し種類があると
ゲーム性が増したと思います。

ゲーム内にはエッチシーン用のトラップ・入り口に戻るトラップ・
敵が多いエリアへ落ちるトラップの主に3種類。
エッチシーン用はほとんとイベント用に近く、敵の多いエリアへ落ちる
トラップもステージが限られるので、基本的には入り口に戻るトラップが
中心になります。

この入り口に戻るトラップというのが、戻されるというストレスにも
繋がるようなトラップになっていたことに加え、種類も一種類だけ
だったので、ちょっと物足りない印象を受けました。

例えば、数秒間動けなくなる麻痺トラップや
宝物に化けたミミックのような敵、視界が見えにくくなるような
暗闇系トラップなど。

ローグライクゲームとかにあるようなトラップも
導入されていると、ゲーム面にスパイスが加わって
より良さが出たんじゃないかなーという感じがしました。

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~をおすすめする人


・褐色エルフの女の子が好きな方
・アニメーションエッチが好きな方
・モンスターや機械に犯される作品が好きな方

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~をおすすめしない人


・純粋なRPGの戦闘を楽しみたい方
・対人や野人以外の魔物とのエッチを期待される方
・陵辱以外の売春や純愛エッチを楽しみたい方

みなみよつばの個人的な総合評価


78点
dark-sphere

エロ面は申し分なく良く出来ており、
欲を言えばもっと敵の種類が多ければ最強だったレベル。
尺のセンスもあり、光るポイントの多かった作品です。

一方で、ゲーム面はしっかり基礎ができている反面、
基礎のまま踏みとどまってしまっていた印象があった感じがして、
もう少しスパイス的な要素になるものやバリュエーションがあれば
ゲームの厚みや幅も増えて、ボリュームにも繋がりそうに感じて、
ちょっともったいない印象も受けました。

ただ、基礎は非常によくできている作品ですので、
処女作品でこのレベルならば次の作品で色々と改善されたら
すごい作品になりそうで、期待もすごく持てる作品でした。

エロ+シンプルさのあるエロRPGで、
凄く次回作への期待も持てる要素の多い作品でした。

販売ショップへのリンク



同人ダウンロード
[dorgel] の【DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~】

この作品が好きな人へのオススメ作品


紹介した作品が好きな人向けに、オススメ作品へのレビューリンクを紹介します。

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品


淫魔島のエクスプローラーレビュー

見習い騎士アーシェの受難 Ver.1.0.2レビュー

監獄塔のジーナレビュー

似たエロ要素を持つRPG作品


アリサの魔物退治レビュー

ぽよよんファンタジーレビュー

迷宮のマリオネットレビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品


オークの性態レビュー

淫辱の迷宮レビュー

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=6748

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG