BADENDHOSPITAL レビュー

さて、今日はエロRPG情報局では珍しい、
ホラー要素のあるゲームのご紹介です。

BADENDHOSPITAL

以前ちょろっと書いたことがありますが、
自分はビビりやなので、ホラーゲーム……というか
ホラーな雰囲気あるゲームが大の苦手なんですよね。
(未だに時のオカリナの井戸とかビビりながらプレイ。
バイオハザードとか全然できませんww)

そんなわけで、ホラーゲームは基本避けてるんですが……
ちょうどセール中に今年の新作で評判良いながら対象になっていた
本作品を購入しちゃったんですよね。

で、今の今まで封印してきたんですが……
夜寝る前にふと、「なんか楽しいゲームやりたい、評判いいのやろう!」
と思って、ホラーゲーム苦手なのに夜中の12時からプレイ始めるという……。

気がつけばビビりながらもオールコンプリート!
ビビりながら3時間近くやってたので、喉が乾きまくりながらも
プレイ完了しました。

前置き長くなりましたが、今日は「BADENDHOSPITAL」の
プレイ感想載せていきたいと思います。

本作品は、目を覚ますと病院にいた主人公・ヒナタが
暗い病院内を歩いていると、ゾンビに出くわして、犯されてしまいます。

なんとか女医・レイカによって助け出されたヒナタでしたが、
院内はウィルスが蔓延し、クリーチャーだらけ。
さらに、犯されてしまったヒナタ自身も感染してしまったことが発覚します。

助かる方法はただ一つ、同じ病院内にいるエドワード博士。
しかし、エドワード博士は、病院内の最下層から出ることができない。

主人公ヒナタは、クリーチャーが徘徊する病院内を移動し、
エドワード博士の元へ向かうことになります。

本作品は、レベルアップ要素なし・敵を避けながら
基本的には進んでいくステルス・スニーキング系の作品です。

マップ上に徘徊しているシンボルの敵をうまく避けながら
奥へ奥へと進んでいくような内容になっています。

一部ボスキャラやシンボルの敵に接触してしまった場合は戦闘。
ですが主人公は脆弱です。

マップ上にある様々なアイテムを集めることで、
なんとか戦えるレベルになるので、うまくアイテムを集めつつ、
敵戦闘を最低限に抑え、探索しながら博士のいるエリアへ向かって
いくアクション・RPG戦略を楽しめる作品です。

BADENDHOSPITALを購入した理由


半額セール実施期間中に、評判が良かったこと。
ゲテモノ的な内容で以前から気になっていたこと。

以上の2点から購入しました。

すでに終了してしまっている半額フェア中に購入しましたが、
普通に定価で買っておけばよかったと思えるぐらい、
レベルの高い作品でした。
(なお、今回コスパなどは一般の値段で判定しています)

RPG面の特徴


制作ソフト:
ADV系のツール
原作:
オリジナル
作品の長さ:
中編
(管理人クリア時間 本編:約2時間10分、エクストラ:1時間10分ほど)
難易度傾向:
ふつう!
主な遊び方:

  • 徘徊している敵の特性を把握して戦闘を避けながら探索
  • マップ上にはアイテムあり。武器アイテムは耐久性という使用回数が決まっている
  • うまくアイテムを集め、戦闘を回避し、必須戦闘を乗り越えて億へと進んでいく

マップ上には複数のタイプの敵が徘徊しています。
敵はこちらに気が付かないと徘徊しているだけですが、
敵の目の前に立つなど、敵の種類毎に決まった条件を満たしてしまうと
敵が近づいてきてしまい、接触するとバトルになります。

バトルでは、アイテムを活用した戦いが中心。
マップ上に置かれている武器アイテムを活用して戦いますが、
武器には威力と耐久性が設定されており、耐久性の回数しか攻撃できません。

高威力の装備は手に入る機会も少なめ。
また、必ず倒さなければいけないようなボスキャラもおり、
レベル上げのような要素もないので、
うまく敵を避けてアイテムを節約しながら奥へと進んでいく必要があります。

ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • エクストラシナリオ
  • エッチシーン回収

クリア後に引き継ぎプレイすると、新しいエリアへ行くことができ、
新しい手がかりが手に入ります。
エクストラシナリオをプレイすることで、
本編では語られなかった真相を知ることができます。

エッチシーンの傾向:

  • 回復イベントや敵敗北でエッチシーン
  • 基本はゾンビやゲテモノによる陵辱

基本的にはゾンビやゲテモノ系のモンスターに敗北すると
そのモンスターに応じたエッチシーンが発生します。

また、回復イベントや一部選択肢ミスでエッチシーンが出ることもあります。
(選択肢ミスは敗北エッチと一緒)

BADENDHOSPITALの特徴


BADENDHOSPITALの特徴的な傾向やシステムを長所・短所と思われる内容、特徴を元におすすめする人・しない人を紹介していきます。

この作品の長所


BADENDHOSPITALの特徴の中でも個人的に良かったと思われる点や独創的・面白いと思ったポイントは以下の通りです。

1.パターン色々な敵が出る、マウス対応のホラーステルスゲーム


本作品は、アドベンチャーゲームで作られた
ステルス系RPGです。

暗く、血溜まりが床にあるようなマップ。
そして、シーンとしながらも意識してしまうような音楽。
非常用電源に近いような状態で運営されているような
病院という世界観がよく出ています。

そこに徘徊する敵達。
近づけばよってくるものから、壁をすり抜けて移動するもの。
走ったり血溜まりの上を歩くなど音を立てると近づくものまで。

そんな徘徊者達をできる限り避けながら
進んでいく必要があります。

操作もマウス・キーボードどちらも対応。

ホラーな雰囲気をしっかりと出し、
避けゲーのような楽しみもしっかりと出ている
よくできたホラーステルスが楽しめます。

2.ゲテモノ系の陵辱エッチシーン


本作品では、敵敗北によりエッチシーンを見ることが出来ます。
敵敗北のエッチシーンはゲテモノ系の陵辱が揃っており、
しっかりとしたゲテモノ系のエロシーンを楽しめます。

ゾンビに犯されるようなエッチシーンから、
ゲテモノの出産に近いようなシーン。
体の一部に寄生されてしまうようなものまで。

エロシーン、1つあたりのボリュームも多めで、
一つのシーンの中でしばらく時間が経過した後の
シーンも描かれることがあるので、堕ちた姿などを
楽しめるシーンも多いです。

ゾンビやホラー、SF映画とかに出て来るような
ゲテモノ系の敵に犯されるようなシーンが好きな人に
お勧めの作品だとおもいます。

3.リソースを活用したバトル


BADENDHOSPITALでは、レベルアップ要素がなく、
HPは固定。技などの要素がないので、マップ上に置かれた
様々なアイテムを入手していくことが勝利の鍵になります。

アイテムが武器代わりになり、良いアイテムがあれば
より高威力を狙うことが可能です、
しかし、アイテムそれぞれに耐久性という使用できる回数が
決まってるので、しっかりと後々のことを考えながら
使用していかなければいけません。

一方で、やられてしまってもレア度の低いアイテムは
一度睡眠などを取れば復活するので、しっかりと
救済処置も用意されています。
一部のボスなどに有効なアイテムもあります。

色々と考えられている要素の多いシステムでした。

長所を見て作品が気になった方
DLページ

この作品の短所


BADENDHOSPITALの中で、マイナス点になりうるポイントや不足していたと感じた要素は以下の通りです。

1.セーブポイントが決まっている作品


注意点になります。

本作品はホラーゲームということもあり、
セーブポイントが決まっています。

比較的ポイントポイントにセーブポイントは
設置されていますが、どうしても1プレイ10分~15分程度は
必要になってくる印象がありました。

あまり連続して時間が取れないようなユーザーさんは
注意が必要な作品になります。

2.比較的集中力が必要な作品


本作品では、いかに敵に見つからずに
奥へ奥へと進めるか?というのが重要になります。

そのため、時には待ち、時にはゆっくり進むことも
求められていきます。敵との戦闘バランスも若干高めで、
しっかりアイテムを用意しないと長期戦になる可能性もあります。

ですので、ある程度集中してのプレイが求められます。
サクサク進みたい、気軽に楽しみたいという場合には
ちょっと向いていない可能性があると思います。

3.一つのシーンを長く描いている作品


本作品は回想モードのシーンが全部で13シーン。
一般的なRPGと比較すると少ないかと思います。

一つのシーンが非常に長く描かれているので、
全体的なエッチシーンのボリュームとしては申し分ないと
思ってはいますが、元数が少ないので、自分の好きな
シチュエーションとマッチする可能性のあるシーンに
当たらない可能性もあるかと思います。

エッチシーンは少数先鋭みたいな構成になっている印象ですので、
色々なシチュエーション・パターンのエロシーンを
見たいようであれば、注意が必要だと思います。

短所を見て作品が気になった方
DLページ

この作品をより良くするためのポイント


短所であげた点やプレイ時に思ったことなヲヲ元に、
この作品がより良くなるためにはこんなことが挙げられるのではないか
ということも記述させて頂きます。

1.ギミックの種類はもう少し欲しかったかも


全体的に良く出来ている作品だと思いますが、
ホラーゲームであれば、もう数種類ギミックが欲しかった気がしました。

全体を通して敵の行動パターンにバランスが良く、
一般的な進行上の配置は素晴らしかったと思います。

ただ、ギミックという点であげるとすると、
特定の場所を通過すると敵が出てくる、
歩くと音を立てた扱いになる血溜まりぐらいだったと思います。

そのため、全体を見ると一本調子に見えてしまうような
要素も多かったと思います。

ホラーゲームであれば、追いかけられるような要素や
特定のアイテムを取るとモンスターが大量に出てくる、
物をうまく動かして敵を回避するといった特殊なステージ、
意表を突く要素もあればより完成度が高くなると思いました。

この作品をおすすめする人


・ホラーな雰囲気の作品が好きな方
・避けゲー、ステルスゲームが好きな方
・ゲテモノによる陵辱シーンが好きな方

この作品をおすすめしない人


・ホラーな雰囲気が苦手な方
・集中しなければいけないゲームが面倒に感じる方
・一つのシーンのクオリティより色んなシチュエーションを楽しみたい方

みなみよつばの個人的な総合評価


84点

badendhospital

ステルス&ホラー&ゲテモノ陵辱が楽しめる
優秀なエロゲーム。
雰囲気作りがしっかりとしており、警戒を続けながら
進んでいくという楽しみを味わいながら、
本格的なゲテモノ系の陵辱も楽しめます。

プレイ時間は2~3時間ほどの規模で、
エッチシーンも1つ1つは質が高いながらも
頭数が気持ち少なめに感じたので、
この辺がコスパ面で少し評価が別れると思います。

ステルスホラーゲームとしては良く出来ていると思うので、
ゲームと陵辱エロを両方とも楽しめる作品として
おすすめしたい一作です。

販売ショップへのリンク


同人ダウンロード
[レベル1] の【BADENDHOSPITAL】

この作品が好きな人へのオススメ作品


紹介した作品が好きな人向けに、オススメ作品へのレビューリンクを紹介します。

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

初心者淫魔から割と本気で逃げる!!
レビュー

カルト教祖と俺の彼女
レビュー

FOUND DEAD -ファウンドデッド- Ver 1.6.4
レビュー

似たエロ要素を持つRPG作品


ゴーストハウス・ガンスイーパー
レビュー

アリサの魔物退治
レビュー

デモンズパーティー
レビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品

体感音声シリーズ「異星の侵略者」
レビュー

操り人形の館 ~人形に操られる美人姉妹~
レビュー

人狩りオークと女戦士
レビュー

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=7254

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG