敗北!~苗床にされる娘たち~ レビュー

敗北!~苗床にされる娘たち~

あの時、戦いに行かなければ……。
逃げられない、気持ちいい……。

エロファンタジー界では、色々な敗北の形があるかと思いますが、
今回紹介していく『敗北!~苗床にされる娘たち~』では
触手によって犯されている、7組の敗者達を楽しむことが出来ます。

この作品の注目ポイント

  • 触手の餌食になっている女性達に特化
  • 300円ながら文量充実でCG枚数以上に読み応えはあり
  • 戦士・格闘家、姉妹など多彩な触手餌食の女性達

「敗北!~苗床にされる娘たち~ レビュー」の続きを読む

進撃のオーク レビュー

オークと言えば、エロRPGに登場する亜人種でも
人気の高いキャラクターですよね。

今回紹介していくHCGは、村や国を襲うオークによって
無理やり犯される女性達を商業エロゲ並の高レベルな
イラストで楽しんでいくことのできる作品
です。

進撃のオーク

リリックボックスさんが2015年12月に公開された作品。
オリジナルヒロインのオーク作品になります。

DLsiteさんで累計5000DLを突破している作品で、
外伝作品も公開されています。

オークが人間(&エルフ)達に勝利し、それゆえ犯される姿を
6人のヒロイン・大きく分けて4つのパートに分けて描いています。

力及ばず敗北する2パート、力なきものが犯される2パート。
絶望的・屈服感のある状態で犯されていく女性達を楽しめます。

この作品の注目ポイント

  • 無力な女性・実力を持つ女性がオークに無理やりやられる陵辱感
  • ボリュームよりも1シーンごとに力を入れている丁寧な構成
  • 負けた人間がオークに犯されるエロの数々

「進撃のオーク レビュー」の続きを読む

ドエロイクエスト レビュー

今日レビューしていくエロRPGは
勇者たち御一行が魔王を倒すために冒険を行う
「ドエロイクエスト」です。

ドエロイクエスト

2015年5月にニイトオンデマンドさんが公開された
陵辱より傾向の強いエッチシーンが多く搭載されている
エロRPG作品。

ドラクエっぽいイラストにも見えますが、
オリジナルストーリーのエロRPGです。

多くのシーンで4人パーティなので、
各キャラの役割を活用しながら、装備やレベル上げで
能力を高めて戦っていく。

魔王を倒すという目的の元、大陸を冒険しながら進んでいくので、
昔のドラクエ3のような、好きな順番で攻略して強化しながら最終目的へと
達していくような感覚を受ける王道的なRPG感を味わえる作品です。

なお、本作途中でちょっと難しく感じたポイントや
コツを見つけると良いポイントが複数ありましたので、
ページ下にまとめておきました。

攻略の参考としてもお楽しみいただければ幸いです。

この作品の注目ポイント

  • レベル&装備、ダンジョン探索もしっかり楽しむRPG
  • マップを探索! 決まった攻略順のない自由度の高さ
  • 王道を抑えつつちょっと変わった方向性から持っていくエロシーン

「ドエロイクエスト レビュー」の続きを読む

救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている レビュー

今日紹介していくファンタジーは
敗北エッチに興奮を覚える、世界の救世主が
レベルの低い女戦士のフリをして
悪事を働くおっさんや野心を抱く女魔法使いの行動で
エッチなことを行っていく同人誌です。

救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている

『救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている』は
A AshGrey Mixさんが2014年4月に公開された同人誌作品です。

主人公のユルリカは伝説の魔女で救世主でも
ある凄腕の力を持っています。
そんな彼女ですが、実は負けて犯される、調教される
といった敗北エロが大好きな淫乱の持ち主。

今回もティティという低レベルな女剣士のフリをして、
違法栽培をする男に捕まってしまいます。

強い女性がわざと捕まって、
犯されていくことを楽しむという淫乱女性よりの
作品をギャグ的な要素も交えながら描いており、
ほのぼの感も感じられるような陵辱作品です。

この作品の注目ポイント

  • 強い女性がわざと捕まり犯されることを楽しむ
  • 全面カラー、柔らかい雰囲気の和やか陵辱感にまったり
  • 前半・後半・終盤+おまけでオチもしっかり目

「救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている レビュー」の続きを読む

宿屋のおじさん レビュー

今日紹介していくファンタジー作品は、
RPGでは必ず存在している宿屋を舞台にした
勇者一行が全滅してしまう姿を楽しめる
「宿屋のおじさん」です。

宿屋のおじさん

宿屋のおじさんは2015年12月に
様々なコミック作品を公開されている
七つ星さんのデジタルコミック。

続編も公開されていますが、
本作品だけでもストーリー完結しているので
探索として楽しむことができます。

魔王を討伐し、宿屋に戻った勇者御一行に
宿屋のおじさんの魔の手が……。

一般人を装った宿屋のおっさんに
強い女性たちが魔人化させられていくような
悪堕ちよりのエロとストーリーを
楽しむことができる作品です。

この作品の注目ポイント

  • 強い女性が一般人を装った男にハメられる
  • 女性キャラクターたちが魔族堕ちするエロシーン
  • 物語性もあるエロ同人誌

「宿屋のおじさん レビュー」の続きを読む

魔剣士リーネ2 レビュー

今日紹介していくエロRPGは先日から
速報レビューという形でレビューして参りました
魔剣士リーネ2です。

魔剣士リーネ2

速報レビューでプレイ進度ごとに軽く紹介してきましたが、
正式に全体的な感想をまとめていこうと思います。

魔剣士リーネ2は、聖王によって秩序が保たれていた世界で、
聖王の血が途絶え、戦争により聖王の外威だったグスタフが
聖王なり、大陸の多くを支配しているところから物語が始まります。

グスタフ王のハイランド王国に仕える主人公・アレスでしたが、
多くの活躍をするうちに、グスタフ王の腹心から恨まれ、
謀反を起こそうとしたとして、囚われてしまいます。

しかし、仲間の協力もあり、中立国へと逃亡をしたアレス。
そこで彼は、正当な聖王を継ぐ証を持つ男・ルードヴィッヒと出会います。

暴君でもあったグスタフに対し、
民のことも考えるルードヴィッヒ。

アレスは聖王をグスタフと認めず独立した国、
そして最後まで聖王絶えたときにグスタフと争っていた
聖王の遠縁である貴族・バロックと共に、
グスタフを倒し、ルードヴィッヒを聖王にするために
聖都を目指すことになります。

本作品は陣取りゲーム要素のある戦略要素の強いSLGよりのRPG。
前半・後半・終盤に分かれている印象があり、
前半はルードヴィッヒを聖王にするために進行していく正統派シナリオ。
後半は聖王血を残すと言ってみだらな行為をしまくる聖王の邪魔を
感じつつ、大陸東側に展開する多民族との戦い。
そして終盤は真なる敵との戦い。

癖が少々あるものの、ゲーム性・シナリオともに
レベルの高い作品です。

なお、前作との関連性はないので、
本作品からのプレイも可能です。

この作品の注目ポイント

  • 長時間の丁寧なシナリオ&キャラ描きで世界に入り込み寝取られる
  • 敵・味方両サイドからの寝取られ要素
  • 本格的な陣取り系SRPG

「魔剣士リーネ2 レビュー」の続きを読む

シャイニングアミュレット レビュー

今日プレイしましたのは、2015年10月に公開された
SRPG Stdio製と思われるシミュレーションRPGである
「シャイニングアミュレット」です。

シャイニングアミュレット

制作はSRPGやADV作品を公開されている
びすますさん。
同サークルさんの作品レビューは当サイト初です。
SRPG Studio製の作品をレビューするのも、
エロRPG情報局では初だったかと思います。

ファイアーエンブレム系の戦闘を採用した
シミュレーションRPGの作品で、
帝国から王都を奪還するために旅をしながら
各所で仲間を加えて進軍していくという王道ストーリー。

様々なキャラクターが登場し、最終ステージでは
かなりの出撃キャラ数になるため、
大軍を動かしながら楽しむSRPGをプレイしながら
和姦や陵辱系エッチを楽しむことができるSRPGです。

この作品のおすすめポイント

  • 多彩な版権キャラクターをモチーフにしたヒロインが登場
  • 王国奪還系王道シナリオでサクサク進むストーリー
  • やややられちゃう程度のほどよい難易度でSRPGらしさも感じられる難易度

「シャイニングアミュレット レビュー」の続きを読む

陵辱の女戦士 レビュー

エロRPGではギルドや冒険者がモンスター退治を
受けることも多いと思いますが、今回紹介していく
デジコミ作品は、モンスター討伐依頼を受けた
女戦士さんがカエルモンスターに犯されちゃう!

「陵辱の女戦士」です。

陵辱の女戦士

モンスターを倒して報酬を得る女戦士、エレナさん。
「モンスターなんてガンガン倒してみせるんだから」
と意気込み、森のモンスター退治に挑みますが……
(↑もうこの時点でエロ同人だと犯されフラグ)

とんでもなく強いカエル型モンスターに遭遇し、
敗北してしまいます。

可愛らしいイラストながら腹筋まで描かれている絵柄で
カエル型のモンスターに犯される女戦士の姿を

こんなシチュエーションがあります

・鎧を剥ぎ取られ、丸見えになっちゃう女戦士
・巨大なモンスターに両手を捕まれ持ち上げられる
・カエルモンスターの舌責め

「陵辱の女戦士 レビュー」の続きを読む