主人公に負けた女魔族がリベンジでレベルドレインしてくる超短編RPG レビュー

「エロイラスト」を使わないエロRPGが
年々増えており、当サイトでも何度か取り上げてきました。

今日紹介していく作品もエロRPGを使わず、
効果音などを活用しながらエロさを表現している作品です。

主人公に負けた女魔族がリベンジでレベルドレインしてくる超短編RPG

「主人公に負けた女魔族がリベンジでレベルドレインしてくる超短編RPG」は
非エロ系の立ち絵や歩行グラを活用してエロ絵のない作品を
複数作品公開されているFLOAT Arrowさんが2017年3月に公開された
短編・低価格の敗北戦闘主体なRPGです。

女魔族が性的な攻撃を仕掛けてくる戦闘し、レベルを奪われる。
レベルが上がると、敵の性的な攻撃が増えて行く。

主人公のレベルは機械を調べるだけで簡単にあげることが
できるので、「性的な攻撃に敗北する」という体感を
強く感じることができる作品です。

最近主流のエロRPGよりかは
Succubus Quest」時代のエロRPG感のある、
少々癖もある印象で人を選びそうな気がしましたので、
詳しくシステムやプレイ感想を書いていこうと思います。

この作品の注目ポイント

  • 低容量・コンパクトなゲーム性でミニゲームらしさが光る作品
  • レベルを吸われるに特化した、楽ちんゲームシステム
  • 想像の余地があるライトな戦闘性的表現

「主人公に負けた女魔族がリベンジでレベルドレインしてくる超短編RPG レビュー」の続きを読む

シャイニングアミュレット レビュー

今日プレイしましたのは、2015年10月に公開された
SRPG Stdio製と思われるシミュレーションRPGである
「シャイニングアミュレット」です。

シャイニングアミュレット

制作はSRPGやADV作品を公開されている
びすますさん。
同サークルさんの作品レビューは当サイト初です。
SRPG Studio製の作品をレビューするのも、
エロRPG情報局では初だったかと思います。

ファイアーエンブレム系の戦闘を採用した
シミュレーションRPGの作品で、
帝国から王都を奪還するために旅をしながら
各所で仲間を加えて進軍していくという王道ストーリー。

様々なキャラクターが登場し、最終ステージでは
かなりの出撃キャラ数になるため、
大軍を動かしながら楽しむSRPGをプレイしながら
和姦や陵辱系エッチを楽しむことができるSRPGです。

この作品のおすすめポイント

  • 多彩な版権キャラクターをモチーフにしたヒロインが登場
  • 王国奪還系王道シナリオでサクサク進むストーリー
  • やややられちゃう程度のほどよい難易度でSRPGらしさも感じられる難易度

「シャイニングアミュレット レビュー」の続きを読む

吸血妹アンジェリカ レビュー

今日紹介していくのは、「吸血妹アンジェリカ」。
リクエスト機能通じてレビューリク頂きました。
百合や兄妹愛とかが特徴で、エロRPGではまだまだ
少ない傾向のRPGです!

吸血妹アンジェリカ

婚約が決まったアンジェリカは姉のマルチナに
護衛されながら移動していたところ、
森の吸血鬼により吸血鬼の種を埋め込まれてしまいます。

吸血鬼は禁忌のような扱いを受けている世界。
アンジェリカとマルチナはなんとか街を目指すことに。

吸血鬼の種を植え付けられたアンジェリカ、
彼女を守り通そうとしたマルチナ、
そして遠方での戦を終え、帰路についた二人の兄・リチャードが
絡む、吸血鬼討伐へと繋がるちょっぴり悲しみもある物語です。

なお、本レビュー公開時、リリース記念価格の
400円+税で公開されていましたので、
この価格前提でレビュー公開していきます。

この作品のおすすめポイント

  • 百合Hもあり、兄と二人の妹達の近親愛を感じるRPG
  • コンボやアイテム消費スキルなど、オーソドックスをベースにした戦闘要素
  • 低価格ながら装備によって変化する多彩なきせかえ

「吸血妹アンジェリカ レビュー」の続きを読む

真春ちゃんのお仕事 レビュー

今日紹介していくのは、いきなり借金を背負った
女の子が村人からのエッチなお願いを受けていく
「真春ちゃんのお仕事」です。

真春ちゃんのお仕事

たのしいたけさんの第1作品目として
2017年1月12日に公開された作品です。

突然お母さんからのお手紙で、
「100万借金しちゃったよ、返してね!」
という、チャラい文章を受け取った真春ちゃん。

100万という価格から、宿屋が手配してくれたのは
どれもエッチなお願いばかり……。

ただ、ルールとしては
・処女を奪わない
・依頼のことは誰にも公言せずなかったことにする
・お金はしっかり払う

というルールを制定。
ルールはしっかりと守ってくれる村のおじさま、お兄さま相手に
エッチな行為をして100万を目指していきます。

依頼を受けてエッチしていくことが基本の本作品ですが
売春物と違い、男達の欲望を受けていく要素が強いので
男性上位のSより特殊プレイが楽しめることが特徴です。

【追記】
エッチシーンの品質に関わる結構大きなミス対応
しない方針みたいでしたので、
エッチシーン質が一部悪く見えてしまうため、
得点下げさせて頂きました。

「真春ちゃんのお仕事 レビュー」の続きを読む

セックスバトラーズ レビュー

今日は昨年夏から複数のRPGを公開されている
性技の館さんの第1作品目『セックスバトラーズ』を
クリアしたので、感想&レビュー書いていこうと思います。

セックスバトラーズ

8月の1ヶ月間、公園にいる同級生の女の子たちとバトル!
指定回数バトルに勝利すると、女の子とエッチできちゃうという、
古典的な脱衣ゲームの要素を抑え、ロリに特化しているような
エッチシーンも見れるエロRPG
です。

ちょっとわかりにくいポイントや、
エッチを交えた戦闘など独自要素もあるので、
長所・短所欄で補足もしていきます。

「セックスバトラーズ レビュー」の続きを読む

森の異変を調査しよう! レビュー

今日、紹介&レビューしていきますのは、
エロRPG作品はこの作品が処女作と思われます、
TeamJOKERさんの「森の異変を調査しよう!」です。

森の異変を調査しよう!

2016年10月中旬に公開されたエロRPG作品になりまして、
触手や虫姦に特化した探索系エロRPG。

森に住むモンスターによって農作物が荒らされるという問題が
起きており、村娘のリン(主人公)は生態調査のため、
森にやってきました。

なんと、裸で……
(暑いかららしいですが……大胆!)

森の奥へとやってきたリンは、大きな触手モンスターを
見つけます。しかし、逃げてしまうモンスター。

リンはモンスターの生態を調査するため、
森の奥へと進んでいきます。

本作品は戦闘など無い、エロシーンを探しながら
奥へ奥へと進んでいくRPGです。
エロシーンのあるポイントに進行上必要となるアイテムが
置かれているので、基本的にはエロシーンを探しつつ
進行に必要なアイテムを探していくという、
一本道のストーリーになっています。

虫姦などもあり、少しリアルにも見える絵柄でしたので、
基本的には触手や虫姦好きな方だけレビューも見てもらえれば
と思います。

「森の異変を調査しよう! レビュー」の続きを読む

聖騎士レイア~私は決して屈しない~ レビュー

今日2つ目の記事は、新作ほやほや、
「聖騎士レイア~私は決して屈しない~」のプレイ感想です。

聖騎士レイア~私は決して屈しない~

HJプロダクションさんが本日10月21日に公開された作品です。
エロRPG情報局で同サークルさんの作品を取り上げるのは、
くノ一にトラップを仕掛けてイタズラするゲーム」に継いで2作品目です。

参照:くノ一にトラップを仕掛けてイタズラするゲーム レビュー

ストーリーとしては、盗賊達の罠により、捕まって下着姿にされた主人公・レイア。
盗賊たちは、「自分が女騎士を犯してやる~」という欲望満々で、警備が手薄。
主人公は素手ながら、脱出を試みることにします。

前作は探索中心でしたが、今回はポイントポイントでの戦闘を行っていきます。
固定戦闘により、レベルは実質的に固定。
回復ポイント・回復アイテムも限られているので、しっかりと管理しながら
戦っていく楽しみを短い時間で楽しめるエロRPGです。

もちろん、男達は彼女の体を狙っているので、
もし敗北してしまったら犯されてしまいます。

騎士さんの短編陵辱RPGを感想ベースで詳しく紹介していきます。

「聖騎士レイア~私は決して屈しない~ レビュー」の続きを読む

くノ一にトラップを仕掛けてイタズラするゲーム レビュー

この作品は現在公開終了しています。

今回紹介していきますのは、
昨日の新作「くノ一にトラップを仕掛けてイタズラするゲーム」

くノ一にトラップを仕掛けてイタズラするゲーム

同日にならず者シリーズで人気のサークル・Z印さんが
期間限定価格で100円RPGを出されて話題になっていましたが、
それにひっそり隠れるように100円で公開されていた新規サークルさんの
作品になります。

くのいち・かえでのことをオカズにしていた
男が、たまたまかえでの大切な宝物を拾うことから物語は始まります。

男は、返すかわりに自分が罠を仕掛けた小屋へと
かえでを誘い込みます。男として罠を仕掛けたあと、
プレイヤーはかえでを操作して、
罠にハメていきます。

戦闘がなく、ほぼ一本道の操作になりますので、
アドベンチャーよりのエロ特化ミニゲームです。

「くノ一にトラップを仕掛けてイタズラするゲーム レビュー」の続きを読む