民から嫌われていたわがまま姫の末路 レビュー

民を気分で殺すような暴君姫が
移動中に野盗に連れ去られ、絶望の中で
野盗達の慰者になってしまう。

エロ時代劇のような展開を楽しむことができる
「民から嫌われていたわがまま姫の末路」を
今日は紹介していきます。

民から嫌われていたわがまま姫の末路

民から嫌われていたわがまま姫の末路の詳細


民から嫌われていたわがまま姫の末路は
戦国時代が終わり、国同士の争いが鎮火していった
ような時代背景を舞台にした和風系作品です。

民から嫌われていたわがまま姫の末路

雪花姫はその時の気分だけで民を殺めてしまうほど
自分勝手なお姫様。そんな彼女は嫁ぐことになり、
籠に入れられ城を去ることになります。

そんな姫様を乗せた籠は突如山賊に襲われます。
その山賊を仕切るのはかつて雪花姫がいた国で
サムライをやっていた男でした。

移動中、眠っていた雪花姫。
籠を守っていたものもやられ、目を覚ますと
周りは山賊だらけ。

民から嫌われていたわがまま姫の末路

「わしらとまぐわうんだから」と奇妙に笑う
山賊を目に、強い態度を取りますが、一発殴られ
心で助けを求め始めますが、その目の先に
かつて面識があった侍の姿が。

侍が盗賊に手を貸すに至った理由、
そして侍から語られた襲撃の真実。

暴君的な強気な雪花姫は
絶望の淵のまま、犯されていくのでした。

民から嫌われていたわがまま姫の末路

本作品は、どちらかと言うとドラマティックな
雰囲気を重視しているような戦国時代ものの
和風感を感じられる作品です。

ファンタジー作品として紹介していますが、
ファンタジー要素はありません。
和風系のエロRPGもあることから、和風関連作品も
当サイトではこちらの分類で紹介しているので、
ガチな和風の作品と考えてください。

ページ数は非エッチシーンも含めて32枚。
マンガ形式で物語が進み、本番や胸責めなども
ありますが、エッチシーンを細かく描くと言う
よりかは、ストーリーに付随する形で
エッチな項目が描かれています。

そのため、どちらかというとポルノドラマに
近いような印象があります。
わがままヒロインの性格ゆえに起きた問題。
全てが徐々につながっていき、戦国の世であれば
このような物語があってもおかしくないような
雰囲気もあります。一つ一つのプレイを楽しむと
いうよりかは、こういうポルノ要素も入れた事実があり
ストーリーと共に官能小説的な雰囲気で楽しむ感じでしょうか。

起承転結もあるので、
物語として面白さのある作品だとおもいます。

ゲスな姫様がゲスな男たちにやられ、
その背景には彼女自身の行動全般があるような
ざまぁ的な展開を戦国らしい世界観で
楽しむことができると思います。

民から嫌われていたわがまま姫の末路の総評


★7

ポルノ時代劇のような物語を重視して
楽しむことができる作品。

暴君的なわがままお姫様が騙され、
そして自分の行いが招いたことがきっかけで
全ての怨みが繋がるような感じで陵辱された
結果を知りながら犯されていくという感じが
丁寧に描かれ、読み物としてしっかり楽しめます。

一方で、それゆえ一つ一つのシーンは
サクッと描かれているので、エッチシーンで
エロを楽しむと言うよりかは、ストーリー背景も
含めてエロさを感じさせてくれるような作品だと
自分は思いました。

ガッツリ直接的なエロを楽しむと言うよりかは、
戦国時代のわがまま姫様が、自分の行いを元に
ガッツリ犯されてしまうというストーリーに
興味を持った方におすすめな作品だと思います。

取り扱いショップ


この作品が好きな人へのオススメ作品


似たジャンルのエロファンタジー作品

魔法使いリプカの敗北肉便器エンド 肉奴隷村長 ―わたしを性処理便所にしてください― 爆乳女桃太郎
レビュー レビュー レビュー

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

戦国ランス 廉価版 妖狐淫刀 三枚のおふだ
レビュー レビュー レビュー

ファンタジーの館 TOP

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=10876

One Response to “民から嫌われていたわがまま姫の末路 レビュー”

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG