2017年にエロRPG情報局で人気だったエロRPG

今年も一年間ありがとうございました!
先日の週間記事で締めの挨拶をしたりもしましたが、
年内最後の記事として、今年エロRPG情報局経由で
購入された作品14作品をDLsiteさんの集計データ元に
ランキング形式でご紹介していきます。

うちのサイトはどちらかと言うと旧作や
ガチゲー色の強い作品が人気になる傾向あるので、
お正月とかに何かできないかなーとか言う時の
参考にして頂ければ幸いです。

2017年 エロRPG情報局 第1位

一番人気だった作品はコチラの作品になります。

魔剣士リーネ2

今年2月に公開された戦略SLGゲーム、
魔剣士リーネ2です。
自分もすっごくやりこんだ記憶があります。

ずっと販売開始予定が延期していて、
ついに今年やってきたんですよね。

負けてしまった女武将が敵に囚われたまま
時間を経過してしまうと、犯され寝取られた挙句に
敵に回ってしまうという!

マップ数も広くなり、やりごたえも増加。
公開当初は回想モードの未実装や周回プレイの
面倒さなどもありましたが、バージョンアップで
それらの問題点も解消しています。

今は修正されたと記憶していますが、
公開当初の強制ネトラレで狙ってたヒロインが
選ばれたときには泣きました(笑)

2017年 エロRPG情報局 第2位

第2位は毎回凄い作品の多い
あせろらさんのコチラの作品になります。

トレジャーハンタークレア~精液を集める冒険家~

アセロラさんといえば、寝取られ系か
コスプレ系か……という印象が自分は強いんですが、
こちらは夏に公開されたコスプレよりのRPG。

精液を集めて世界を救おう!
というキャッチフレーズ付きでDLsiteさんでも
特集ページが組まれており、
エッチステータスや戦闘エッチ、おねだりなど。

まさにエロRPGの要素を詰め込んだような作品になってます。

現在冬セールも参戦中なので、自分も
買おうか迷っています。

2017年 エロRPG情報局 第3位

低価格なワンマップRPGの
女騎士様の危機一髪がうちのサイトでは
第3位でした。

女騎士さま危機一髪

こちらは昨年春にレビュー済みで、
当サイトでは満点の10点評価にしています。

女騎士さま危機一髪 レビュー

エロRPGでは他に類を見ない、ワンマップ構成のRPG。
Z印さんといえば今年新作も公開されていますが、
ならず者系の男達が魅力的なんですよね。

今作は女騎士さんがゲスな男達に犯される
シーンもしっかりと搭載されており、
値段も超お手頃。個人的には同サークルさんの作品は
LoadAgain ~犬と少女と黄金の秘宝~と併せて好きな作品です。

2017年 エロRPG情報局 第4位

旧作の中でもやっぱり値引きされてる作品って
注目されることが多く、よく値引きで見かける一方で
しっかりと作り込みもされてる
こちらの作品がうちのサイトでは第4位でした。

【TREASURE HUNTER】舞 探索型RPG ~伝説の宝~

【TREASURE HUNTER】舞 探索型RPGは
プライベートでもよくおすすめする作品なんですよね。

動きの感じられるエッチシーンに、
すごくテンポが良い一方で戦略性もあり、
ザコ敵はさっくり・ボスはガッツリといった感じの
ゲーム性が今でも記憶に残っています。

こちらもエッチシーンは寝取られや屈辱を
意識するようなエッチシーンが満載。
特によく言われるのが全裸土下座。裸のまま
土下座させられるような女性の姿が複数回
描かれています。

全体的に男なんかに負けない系な女性が多いので、
ギャップもエロエロなんですよね。
実力派作品なので、来年以降もしっかりとランキングに
入ってくるんじゃないかなぁと思っています。

2017年 エロRPG情報局 第5位

5位は2作品が同一でした。

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章

まずは今年中編がついに公開されたもんむす・くえすとの
RPG第1作品目です。今年はもんむす・くえすと出た時に
すごい話題になりましたよね。

個人的には一作品目のこちらの方がお気に入り、
(まだ中編クリアできてないけど……)

一作品目はまさに王道的なRPGという感じで、
未熟な主人公が徐々に目的を達成する方法を明確に
していくような成長っぷりと
ゲーム性の高さが光っていました。

プロナント・シンフォニー

もう一作品がプロナント・シンフォニー。
今年のGW前に公開された作品ですね。

同サークルさんの「DEMON’S SWORD SNAKES」が
とてもおもしろかったので自分も超やりたい!と思いつつ、
今年はプレイできませんでした。

相手を操ることができるという魔術を使いつつ
女性たちとダンジョンを潜っていくようなシステム。
第1作品目の大幅リメイクらしいのですが、
1作品目もややクセがありながら面白かったんですよね。

来年こそはやりたいです!

2017年 エロRPG情報局 第7位

7位も2作品ほどあります。

女魔王メリッサのHな冒険記~精液を集めるエロ魔王~

あせろらさんの2016年作品。
こちらも割引セールが牽引してくれた感じですね。

ダンジョンタウン ~遺跡の森に密着マシマシ二週目パッチ

もう一つはダンジョンタウン ~遺跡の森と夢魔の薬~の
追加パッチ。ハクスラ系で昨年11月に公開されて、
原作と併せてすごく人気が出ていました。

今年はハクスラ系が少しずつエロRPGでも
出てきた印象ですが、来年はどうなんでしょうか。

個人的には増えてくるんじゃないかなぁーと思ってます。

2017年 エロRPG情報局 第9位

ダークエルフのヒストリア

9位はONEONE1さんのダークエルフ主人公物。
同サークルさんは昨年末に新作も公開されていますが、
うちのサイトでは一つ前のヒストリアの方が
少しだけDL数が多い結果でした。

没落令嬢-ボツラクレイジョウ-のほうが気高き主人公、
守るべき存在を意識させてくれるのが
ダークエルフの主人公という感じで、どちらも魅力満載。

こちらもウインターセール参加作品です。

2017年 エロRPG情報局 第10位

最後の第10位は5作品ほどあるので、
コンパクトな紹介になってしまいますが……。

Succubus Rhapsodia

まずはDreamania。
まさに伝説のバトルファックRPG、
サキュバスクエストを継承しているという感じが
すごく見受けられる作品。

自分も購入してちょっとプレイしたんですが、
うわー、いい感じに懐かしさを感じさせてくれるなぁと
思いつつ、遊んでました。

世界樹と魔女と迷宮

二つ目はキャラメイクが注目なRPG。
今年の3月公開で、剣と魔法のイムドリアを公開されてた
サークルさんの久しぶりなRPGでしたね。

自由度の高い作品に定評のあるサークルさんの
自由度の高い要素がウリな作品だったので、
今作も引き続き人気がありました。

三枚のおふだ

3つ目は三枚のおふだ。
こちらも当サイトでは最高評価付けています。

三枚のおふだ レビュー

いやー、本当に面白かったんですよね。
敵が強かったのでできるだけ当たらないように
逃げたりする緊張感。

バトルが始まれば追いかけられるタイミングに併せて
うまく敵の行動を封じる。ピンチな時に敵の行動が解けて
一気に形勢逆転されて犯されるようなこともあって。

一方でシナリオは最後きれいな感じで終わっていて、
熱い展開もあり。ワンコインなので来年以降も
おすすめしていきたい作品の一つだと考えています。

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章

四作品目は前章が入ってたもんむすくえすとの中編。
冒頭から小さい海域の海へと繰り出すようなシナリオは
本当にRPGをわかってるなぁ……と思えました。

前章と併せて一気にプレイするのおすすめです!

ぼくのひみつの夏休み

最後は冬に夏作品を紹介するという……。
うちのサイトは一時期バトルファック系の作品も
人気が高かったので、こういったおねショタ系の作品も
結構人気があるんですよね。

自由度の高さやゲーム性やヒロインの多彩さも
相まって今年の夏の顔とも言える作品でした。

 

 

 

 

 

てなことで、10位までの作品紹介してきました。
この他には今年始まったプラウザ対応もされている
堕ち姫ルーシア物語、寝取られ系ガチRPGとしては
個人的にすごくおすすめもしてるSHADOWCORE。

今年の夏に取り上げたシエルクロシア~淫呪の刻印~も
ダウンロードしてもらえていました。

来年もいろいろな作品をご紹介していければなぁと
思っていますので、宜しくお願い致します。

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=10482

One Response to “2017年にエロRPG情報局で人気だったエロRPG”

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG