お狐漫遊記 レビュー

獣耳お姫とその護衛が、鬼退治!
旅の途中で立ち寄った村で起こった鬼の事件を
解決するために村で調査活動をしていく
エロRPGが「お狐漫遊記」です。

お狐漫遊記

2016年4月に童心茶屋さんが公開された短編エロRPG作品。

同サークルさんは2015年末から2~3ヶ月に1作品のペースで
作品公開をされているので、見たことある方も多いのではないでしょうか。
当サイトで同サークルさんの作品を個別に
取り上げるのは初めてかと思います。

雨宿りで立ち寄った村で起きていたのは神隠し。
その背景に鬼がいるかもしれないことを知った主人公達が
街に滞在しながら鬼の事件解決に奔走します。

味方1人対敵複数のバトルですが、交代制を採用。
戦闘中に二人のキャラを活用するバトルが特徴的。

難易度は一部にクセがありますが、こまめにセーブさえすれば低め。
エロは敵や村人による無理やりよりと一部お礼奉仕な内容が楽しめ、
プレイ時間1時間満たないほどでクリアできる短編RPGです。

この作品の注目ポイント

  • 神隠し事件解決! のじゃ系統の巨乳狐娘と堅物系黒髪ケモミミのダブルヒロイン
  • オーソドックスなエロシーンの数々とほどよいやりごたえ・信仰のわかりやすさで初心者にも最適
  • 交代コマンドによる味方1人戦闘で一般的な戦闘システムにプラスアルファなRPG面

お狐漫遊記のシステム&エロ傾向


交代式のバトル


本作品は戦闘の特徴として交代式のバトルを採用しています。

お狐漫遊記

ヨシテル・ユウサイの2人パーティですが、
戦闘に参加できるのは1人のみ。
コマンド入力時には、戦闘させるキャラを入れ替えることが出来ます。

それぞれ、得意な属性系統が異なるので、
HPの残量や敵の属性に合わせてキャラを変えて戦っていきます。

エッチシーンはキャラ選択肢に依存傾向


エッチシーンは敵敗北やイベント進行上のエッチ。
ヨシテル・ユウサイのいずれかを進行のために選ぶと、
そのキャラクターがシナリオ中・敗北時にエッチされるようです。

お狐漫遊記のエロ傾向


ゲテモノっぽいシチュエーションもありますが、
全体的なエッチシーンを見ると対人的なオーソドックスな
エロシーンの印象があります。

陵辱系や、情報などと好感に無理やり気味に犯されるようなシーンが多め。
一部シーンでお礼奉仕などもありますが、全体的な印象としては
陵辱よりな印象のエロを堪能できます。

システムやエロ傾向見て作品が気になった方
DLページ

お狐漫遊記のポイント

1. 一本道色の強い! 村の問題解決お手軽RPG感のある作品

本作品はほぼ一本道色の強いエロRPG作品です。

鬼により神隠しという問題の元、基本は村人に話しかけて情報収集、
その後イベントが挟まれてボス戦に行く。ボス戦前にはシンボルエンカウントの
敵と遭遇する可能性のある短めなダンジョン(1~2マップ程度のダンジョン)が
ある場合があるという感じになっています。

全てのパートにザコ敵が邪魔するようなエリアが
あるわけではないので、シナリオだけ見ていけばトントンと
テンポよく物語が進んでいきます。

シンボルエンカウントがあるゾーンでは、レベル上げも出来ますが、
自分は2回ほど戦闘しただけで簡単にクリアすることができました。
ボス戦で手に入るお金でアイテムさえ買っておけば、クリアできるレベルです。

お狐漫遊記

ボス戦はやや簡単めでまとまっている印象です。
アイテムなどを活用すれば、レベル上げ不要でも倒せるレベル。
しっかりと敵は攻撃などを仕掛けてくるので、
程よいやりごたえがあります。

イベント進行も村人に話しかけていくことで
進むことが多かったので、初心者でもプレイしやすい印象です。

全体的に程よくRPGらしさを感じながらも、
気軽な難易度・規模でまとまっている作品
ですので、
RPG感を味わいつつも、回復程度だけ意識してあとは
細かく考えていくのは面倒!という人にもお勧めのゲームバランスだと思います。

2. 効果音描写の丁寧さ

もう1点、ゲームとして効果音の入れ方が非常に細かく
行われている印象のある作品でした。

エロ同人RPGの場合は、環境音や状況説明のための効果音演出が
あまり取られないことも多いのですが、水音や動物の鳴き声など。
随所随所に効果音の演出がしっかりと入っており、
効果音面での演出に、丁寧な作りで挑んでいる印象がありました。

3. ケモミミヒロインのオーソドックス傾向なエロシーン

本作品では、あまりクセのない、オーソドックス傾向を
感じることができるエロシーンが多かった印象がありました。

お狐漫遊記

村人に情報を引き出す代わりに要求される、
人間に扮している鬼に敗北して犯される。

鬼などが出てくるような作品になりますが、
痛々しいようなシーンはほとんどなく、ライトな陵辱に
まとまっているような印象があります。

そのため、和風の世界観が好きだけど、
ハードすぎるような世界観が苦手な人でも楽しみやすい。

ヒロインも二人いますが、各パートでどちらのエロを見るかというのが
間接的に選択肢形式となっているので、物語を読み進めながら、
好きなヒロインのエロを中心に読んでいくことが出来ます。

4. 救済処置の数々! ややつまりポイントがあったのが難点

本作品は全体的に敵は弱めで、ボス戦を攻略するだけでも
多額の資金が手に入り、回復アイテムなどをしっかりと準備が
できるようになっています。

アイテムショップには、HPやMP、魔力や魔法防御を
あげるアイテムも販売されているため、レベル上げだけでは
辛い時にはこれらのアイテムで補填をすることで、
よりクリアできるような仕組みを導入しています。
HP回復もタダでできます。

そのため、初心者でもクリアしやすいような仕組みを
しっかりと導入されているのですが、根本的に一度入ると
イベントをクリアするまで回復ポイントに戻れない、
ショップに行くことが出来ないポイントがいくつかありました。

また、入れ替えバトルですが、イベント進行時に
ボスを倒した時に戦闘参加していたキャラだけが回復していることも多く、
しっかりとメニューを見直さないと、片方が回復しきれていない状態で
次のボスに進んでしまうような可能性もありました。

下手なポイントでセーブしてしまうと、回復忘れなどで詰みに
なってしまうようなポイントがいくつかあったのが残念でした。

プレイする時は、パートが変わる毎などに別セーブするような感じで
進めていくと、安全にプレイできるかと思います。

5.わかりやすい進行! 人によっては手間に感じるかも

もう1点、本作品は村人から情報を集めるというパートが多いです。
大半、ダンジョン移動前は「村人に情報を聞こう!」といって、
かなりの村人へ話しかけるように誘導されていきます。

村人全員に話すというのが次のイベントへのトリガーと思われるポイントが多いので、
何度も村を回らなければいけないパートが登場してきます。
そこまで大きい規模の村ではありませんし、統一されていることでわかりやすさにも
繋がっている。ちゃんとエロシーンも適度に挟み込んでいるので、
悪くはないと思うのですが、少々行動が単調気味ではあると思います。

RPG慣れをしている人の場合は、
やや「また村人に話しかけに行くのか……」と思ってしまうことが
あるかもしれません。

ポイントを見て作品が気になった方
DLページ

みなみよつばの個人的な評価


7点

程よくRPGをプレイしつつ、ケモミミキャラと鬼の戦いという
設定ながらも、オーソドックスなエロシーンを充実させ、
万人受けするような内容にまとまっているエロRPG。

独特のエロシーンなどを期待するとやや物足りなさはあるかも
しれませんが、「この展開はコレが来そう!」「王道的に犯してる!」
という感じを強く堪能することができるので、上手くまとまっている
印象が強いエロRPGだと思います。

比較的制作スピードが早いサークルさんだったので、
ちょっと警戒はしていたのですが、しっかりと細かい点まで
意識されている感じもあり、エロ文章とかもしっかりと
仕上げている印象でしたので、商業メーカーよりの
作品に近いかなぁ……という感じがしました。

基本に忠実な印象もあったので、RPGがあまり得意じゃない人が
程よくRPGも楽しみつつ、エロさも感じたいと言うときにも
おすすめできるのではないかと思います。

個人的には続編やってみようかなと思えるぐらいの
まとまりのある作品だと思いましたが、名作の同人RPGと比較すると
プレイ時間や規模・システム的にコスパがやや物足りないかなぁ……という感じもしたので、
7点という評価にさせて頂きました。

RPG面の情報


制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
作品の長さ:
短編
(管理人クリア時間 約55分)
難易度傾向:
ちょいかんたん!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク



同人ダウンロード

続編とセットになったオトクな「お狐漫遊記だぶるぱっく」もあります。

この作品が好きな人へのオススメ作品


同じサークルさんの作品

のじゃロリっ狐 琥珀の婿さがし道中記 魍魎の館 -英国少女と発情の呪い- メイドがお願い何でも聞いちゃいます。
童心茶屋さんの作品一覧

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

リナと願いのクリスタル 紅炎のラキア アイリ-孤島の少女たち-
レビュー レビュー レビュー

似たエロ要素を持つRPG作品

ネコクエ! ルミナのダラダラ奮闘記~カラダで稼ぐ支持率日和~ 風紀委員みづき
レビュー レビュー レビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品

淫辱の姫騎士プラム Lv1パーティーが魔獣の森で迷いました。 準備中
レビュー レビュー 準備中

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=8336

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG