ソニアと催眠都市 レビュー 【スタジオ名瀬】

聖騎士は催眠にかからないから大丈夫、
簡単にやられちゃう、多方面催眠満載なエロ特化RPG

問題の解決にやってきた女騎士は知らないうちに
村中の男たちから催眠をかけられ、
ときにはエッチなことを毎日する報告、
ときには男性と全裸で触っちゃう洗っこ。

感覚や認識催眠によって当たり前のように
行為に及んでしまう、催眠状態のヒロインが一方で
非催眠時には問題解決に取り込もうとする。

サクサクテンポで楽しめる催眠RPGです。

ソニアと催眠都市の特徴


一本道よりのテンポ良い催眠書き換え物語


ソニアと催眠都市は問題がおきているという村を舞台に、
村の調査に訪れた主人公や仲間も催眠にかけられながら
問題を解決していくRPGです。

戦闘などもありますが、
キーポイントとなるエリアでの戦闘のみなので、
基本的には物語を読んでいくようなRPGです。

基本的には光るポイントや各エリアの重要な
人物に話しかけることで進んでいく探索よりですが、
場所移動をするとキーポイントとなるエリアへ
一気に移動してくれることも多いので、
サクサクとテンポよく進みます。

どちらかというと物語を楽しんでいくことに
集中できるような構成のRPGとなっています。

確率によるカウンターを活用したバトル


幹部クラスの敵と戦う場合は読み合いを重視した戦闘になります。

戦闘では、敵の行動が確率で表示されるため、
確率の情報を元に敵の行動に対して有効なカウンターを
選んでいくのが主な戦闘システムになります。

基本的には確率が高いものを選んでいくことになりますが、
各一定回数ダメージ軽減できるガードもあるので、
例えば一番高い可能性が60%とか微妙な数字の場合は
ガードを選ぶみたいなた戦略要素もあります。

ソニアと催眠都市の長所・注目点

1.催眠に染められていくヒロイン

催眠に特化した作品というだけあり、
様々な方向性の暗示をかけられていくヒロインが楽しめます。

匂いを好きに感じてしまうような嗅覚に作用するものから、
意識的に大好きになってしまうような姿、
男性とのお風呂洗っこが普通に感じてしまうようなことまで、
様々な方向性の催眠が楽しめます。

2.チョロメなヒロインに見えるかも

ヒロインは完全に催眠に掛かからないと思っているので、
かなりチョロいようなヒロインにも見えます。

もちろん、催眠に気が付き始めたりもしますが、
その頃には既に暗示をかけられてしまっているので、
催眠によって意識をそらされてしまいます。

真面目なんだけど、ちょっとドジなところもあり、
簡単にやられちゃうようなシチュが好きな人のほうが
楽しめるヒロインのエロゲ
です。

3.お漏らし系シチュは少し多めかも

催眠によって色々な暗示を受けていくヒロインですが、
やや尿意を意識させるような催眠も多めなので、
失神系のシチュエーションが一般的なエロRPGよりかは多い

と思います。

催眠と組み合わせて尿意をうまく活用しているケースもあり、
●●されると尿意が……みたいなシチュとか好きな人には
特に楽しめるポイントの一つになると思います。

ソニアと催眠都市の注意点

1. ほぼ一本道なりなゲーム構成

本作品は探索よりのRPGになりますが、
基本的には一本道のRPG構成になっています。

というのも、次の目的地が示されたりすると、
基本的に今いるマップを移動するとほぼ目的地のマップから
ゲームを開始してくれます。

マップ内も調べるポイントが視覚的に
わかりやすいようになっています。
エンディング分岐もありますが、
終盤に選択肢で分岐するのでわかりやすいです。

そのため、
人によっては自由度の低さが気になるかも
知れません。

ただ、それゆえ非常にテンポもいい印象があるので、
個人的にはゲームの方向性から好感を持ちます。

分岐や自由度が低いゲームに否定的な意見を持つ方は懸念点に、
逆にゲームをサクサク進む方には長所に感じるかもです。
この辺はプレイヤーさんの価値観によって評価が分かれると思います。

2. 全体を通じて楽しんでほしいエッチシーン

エッチシーンは全体的には短めの部類に入ると思います。
しかし、これは必ずしもエッチシーンの規模が小さいのではなく、
メインの画面とポップ的な描写の2構成に分かれているです。

メインの文章ウィンドウでは会話が出ます。
そして文章ウィンドウ左上にはちょっとした描写や
ステータス的なノリで感度や尿意の変化が数値変化で出ます。

これにより、エッチシーン自体のクリックは
数十程度で体感的に短く感じるかもです。
ですが、両方の文字描写を見ればしっかりと楽しめますし、
表向きの会話、内情の2面を見れるような感じがあり、
画面全体を見ればしっかりとエロさが出ていると思います。

また、全体的にテンポが良く、他の催眠でかけられた要素が
他のシーンに反映されていることもあります。
短めなエッチシーンが終わり、少し動けば次のエッチシーンと
どんどんとエッチシーンが出ていく印象もあります。

それゆえ、個人的には本作品は回想で一つずつのシーンを
楽しむというよりかはゲーム全体としてのエロさが
あるような気がします、

クリアデータなども付属している作品ですが、
ぜひ1時間ぐらいの規模なので、
しっかりゲームとしてのエロさを楽しんでほしい作品です。

ソニアと催眠都市 レビューの個人評価


8点

ゲーム全体を通じて催眠エロを感じることのテンポの良いRPG。
一つ一つのシーンはそこまで長くありませんが、
ゲーム進行がわかりやすく、テンポよく進んでいくため、
どんどんとヒロインが催眠エロで染められていく、
淫らな姿を見せる要素を楽しむことができます。

それゆえに、個人的には回想として楽しむゲームと言うよりかは、
しっかりとライトなゲームを堪能しながらエロを感じていくことができる
作品なので、クリア済みデータも添付されていますが、
個人的には普通に遊んだほうが真価を発揮する作品に感じます。

催眠エロはどちらかというと催眠により
好き勝手されてしまう、男たちの都合のよい方向に流される
エロ感を再現している印象もあるため、
普通の陵辱寄りとしても楽しめるのではないかと思います。

ゲームをしっかりと遊びつつエロを満喫する方や
男たちの勝手な理由で女性ヒロインがいいようにされちゃう
犯され系のシチュが好きな方ほど楽しめる作品です。

のゲーム情報


制作ソフト:
RPGツクールMV
原作:
オリジナル
作品の長さ:
短編(1時間ほど)
難易度傾向:
かんたん!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • マルチエンディング

販売ショップへのリンク


■ DLsite

ソニアと催眠都市が好きな人にオススメなエロRPG作品

この記事が好きな方へおすすめな記事:

コメントを残す

人気作品チェック