魔剣士リーネ2 レビュー

今日紹介していくエロRPGは先日から
速報レビューという形でレビューして参りました
魔剣士リーネ2です。

魔剣士リーネ2

速報レビューでプレイ進度ごとに軽く紹介してきましたが、
正式に全体的な感想をまとめていこうと思います。

魔剣士リーネ2は、聖王によって秩序が保たれていた世界で、
聖王の血が途絶え、戦争により聖王の外威だったグスタフが
聖王なり、大陸の多くを支配しているところから物語が始まります。

グスタフ王のハイランド王国に仕える主人公・アレスでしたが、
多くの活躍をするうちに、グスタフ王の腹心から恨まれ、
謀反を起こそうとしたとして、囚われてしまいます。

しかし、仲間の協力もあり、中立国へと逃亡をしたアレス。
そこで彼は、正当な聖王を継ぐ証を持つ男・ルードヴィッヒと出会います。

暴君でもあったグスタフに対し、
民のことも考えるルードヴィッヒ。

アレスは聖王をグスタフと認めず独立した国、
そして最後まで聖王絶えたときにグスタフと争っていた
聖王の遠縁である貴族・バロックと共に、
グスタフを倒し、ルードヴィッヒを聖王にするために
聖都を目指すことになります。

本作品は陣取りゲーム要素のある戦略要素の強いSLGよりのRPG。
前半・後半・終盤に分かれている印象があり、
前半はルードヴィッヒを聖王にするために進行していく正統派シナリオ。
後半は聖王血を残すと言ってみだらな行為をしまくる聖王の邪魔を
感じつつ、大陸東側に展開する多民族との戦い。
そして終盤は真なる敵との戦い。

癖が少々あるものの、ゲーム性・シナリオともに
レベルの高い作品です。

なお、前作との関連性はないので、
本作品からのプレイも可能です。

この作品の注目ポイント

  • 長時間の丁寧なシナリオ&キャラ描きで世界に入り込み寝取られる
  • 敵・味方両サイドからの寝取られ要素
  • 本格的な陣取り系SRPG

魔剣士リーネ2のシステム&エロ傾向


陣取りをベースにした戦略RPG


本作品は陣取りを意識しているような戦略要素の強い
SLG&RPG系作品です。

メインのプレイヤー達は武将という扱いになっており、
各々が数千~数万の部隊を引き連れて戦闘をしていきます。
(部隊数=HPと考えて下さい)

魔剣士リーネ2

そして、武将に目的地を指示し、
目的地にいる敵などを全滅させれば自軍領土化。
自軍の領土に応じた収入が入るので、
それを元にして傷ついた軍を回復しつつ、
レベルに応じて上がっていく各自の最大軍力まで兵を雇って
味方を強化していきます。

戦闘などの雰囲気は前作の要素に似ている
ポイントがあるので、過去に掲載した前作の画像つき詳細解説なども
見て頂けると、イメージつきやすいかと思います。

高威力&良質な補助効果 ひらめきシステム&技カスタマイズ


武将たちは移動の際にマナと呼ばれる、
MPのようなものを消費していきます。
このマナが全くなくなると、攻撃力が
減ってしまうのですが……。

マナを消費して、戦闘中やマップ上に効果をもたらす
技を発動することができます。

技は戦闘中に攻撃をしていると突然発生。
マナを活用して大ダメージを与えたり、回復・能力アップを
する技などを覚えることが出来ます。

覚えられる技は多彩ですが、常時使用可能なのは
6種類のみ。7種類以上覚えた技は、ステータス画面から
設定できるスキル編集で切り替えていく必要があります。

使いやすい技をカスタマイズすると同時に、
敵の配置や味方の状態に合わせて、臨機応変に
変更していく楽しみがあります。

設備強化やクラス変更・スパイ・勧誘による有利化


プレイヤーはただ戦っていくだけではなく、
設備強化によって自軍が有利になるように各マスを
強化したり、敵が有利にしてしまったマスに対して
スパイ活動をしてより不利な状況を減らしたりする
こともできます。

特に多くな軍事拠点に設置できる射撃台などは
攻撃を仕掛けられたときに初手で一撃与えられるという
強力な効果を持ち合わせていたりします。
(この他にも回復速度が向上するような施設強化もあります)

また、戦闘で名前のある敵武将に勝利すると、
捕虜にすることができます。条件をみたすことで、
捕虜になっていた敵を味方に引き入れることも可能。

その他、各キャラクターにはクラスが決まっており、
研究所施設を強化したり条件を満たすとより多彩なクラスが解放。
クラスを変更することで能力値を上方修正できる他、
特化したような能力を得ることができたりもします。

女武将が寝取られる! ハーレムと女囚システム


前半は一般的な陣取り系の戦略ゲームとして
進んでいきますが、後半になると新たに「女囚システム」と
「ハーレムシステム」が追加されます。

魔剣士リーネ2

「女囚システム」はメインの女性武将が敗北し、
敵にとらわれてしまうと発生。
徐々に女性の服が脱がされていき、最終的には犯され、
敵の快楽に堕ちてしまい、敵側に寝返ってしまいます。

魔剣士リーネ2

「ハーレムシステム」は自軍に登場する
親衛隊に女性が捕まったりすることで発生。
聖王が地を残すという名目のもと、
女武将を性的に喰いまくっていきます。

敵味方それぞれから寝取られていくような
エロ要素を搭載しています。

その他


その他、主に前半部分のシナリオと所属国が異なる
所属国の選択、条件を満たすことで変化する
マルチエンディングなどがあります。

システムやエロ傾向見て作品が気になった方
DLページ

魔剣士リーネ2のポイント


魔剣士リーネ2のポイントは王道的なゲーム性と
ゲームに結びつけているネトラレ要素だと思います。

1.王道的なストーリーを軸にした丁寧なキャラ描写

本作品は前半・後半・終盤の主に3つに区切られると
感じられるような作品で、メインとなるシステムなどは
後半以降に展開していきます。

そのため、プレイ序盤は微エロが30分~1時間に1回あるか
ないかぐらいのレベルで、時間を掛けてストーリーを
描いている印象があります。

この前半、自分の場合は4時間ほど掛かったので
ちょっと長すぎるという意見もあると思います。
エロとなるシステムが4時間もないのは、
正直エロ目的でプレイ始めてしまうと、キツく感じるかもしれません。

ただ、この作品はこの長い時間を掛けて、
世界の背景、仲間との出会い、登場人物たちの性格を
描きつつ、「世界を買えるために行動する」という様子が
描かれています。自分の場合は確かにエロ要素がなくて
ドギマギはしてしまいましたが、それに負けないぐらい
王道的なストーリーが描かれており、序盤から比較的ガチな
ゲーム性も相まってワクワクが止まりませんでした。

特に本作品は「ネトラレ」に特化している作品ですので、
この丁寧な描写とガチなゲーム性は、よりキャラクターに愛着を
持たせてくれるような感覚がありました。

魔剣士リーネ2

その結果、一気に雲行きが怪しくなると
世界観や愛着が緊張・エロさに変わっていく感じがありました。

賛否両論はあると思いますが、エロADV系などでも
丁寧にシナリオを描いている作品も多いことを考えると、
ネトラレ作品であればこれはこれでありだと思うし、
シナリオも根本的に面白い感じだったから個人的には
すごく好みな感じでした。

2. 前門の虎、後門の狼なネトラレ要素

今作、敵味方両サイドからネトラるという要素は
非常に面白かった印象があります。

どうしてもこういうゲームでネトラレ要素を入れると
持久戦さえ取れば、必ず勝てるという要素が多いと思います。

しかし、味方から崩してくる可能性のあるシステムを
導入することで、緊張感とスピード感を持った
展開も意識しなければいけないという要素は
とても面白く感じました。

特に前半シナリオを丁寧に描いているので、
味方から崩しにかかる聖王のゲスさがすごい!

女性達も聖王とエッチを繰り返していくと、
徐々に台詞を変化させていき、最初は「頑張るね!」みたいな
ことを言ってたのに「いつも聖王様を考えちゃうの」といった
他の男にメロメロな感じの台詞を見せてくれちゃうなど、
敵側に寝取られたのとは違うネトラレの方向性も
観ることができるというのは、戦略RPGでは少ないと思います。

3. ややイベント戦が多かったのは気になったかも

ちょっと気になった点としては、
制限がつくようなイベント戦が多かったかなぁ……ということ。

序盤を始め、中盤にも兵力を引き継げないような
イベント戦闘が多かった印象を受けました。

物語が大きく展開していくようなところに
イベント戦が入って、勢い良く行きたいのになぁ……。
もうある程度成長してきてるのに固定戦かぁ……。

みたいな箇所が少々あったので、
勢い良く行きたいところはノベルでの展開とかに
してほしかったなぁ……という感じがしました。

4.前作の面倒さが多く改善されている点

もう一点、前作プレイありきで感じた長所も
前作プレイヤー向けに書いておきたいと思います。

前作で面倒と思った箇所が多く改善されていたのは
非常に好印象でした。本作品は前作のシステムを基盤としている
ような要素が強いのですが、前作ではいちいち面倒だなぁ……。
もうちょっとこの辺要素が多ければ……と思っていたところが
かなり改善されているんですよね。

魔剣士リーネ2

クラスの数が増えてより個性が出た、マップが広くなった、
武器やアイテムの要素も増えたなど、地味な点も多いのですが、
この地味な点が楽しみを増やし、面倒さを改善してくれています。

特に自分が良かったと思うのが、
その拠点にいるキャラクターを一気に移動できる
「全移動」ボタン。前作は大量のキャラを動かすために
1人、1人命令を入れなければいけませんでしたが、
今作はボタン一つで動いてくれるという点は
すごく便利でした。

公開まで時間がかかった作品でしたが、
前作のフォードバックをしっかりとされていて、
より良いシステムに……という点が
細かいところまで伝わってくる作品でした。

ポイントを見て作品が気になった方
DLページ

みなみよつばの個人的な評価


9点

王道的なストーリーの戦略SRPGに寝取られ要素を
詰め込んだゲームとしての決定版とも言える作品。

ストーリーが長めでメインシステムまで長いという
癖もありますが、長い時間を掛けて世界観やキャタクターに
入り込めるような完成度は非常に丁寧さを感じます。

難易度も複数用意されており、
よりガチゲーとしても挑戦できるような
楽しみもあります。

数少ない戦略系ゲームながら、
完成度も高いゲームです。

今後もバージョンアップによる画像追加などが
予定されているようですので、より評価が
上る可能性も秘めていると思います。

RPG面の情報


制作ソフト:
ADV系ツール (吉里吉里)
原作:
オリジナル
作品の長さ:
中編
(管理人クリア時間 約8時間40分)
難易度傾向:
ちょいムズ!

ボイスの有無:
女性キャラ一部ボイスあり
やり込みシステム:

  • マルチエンディング
  • 仲間育成
  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク



[まくらカバーソフト] の【魔剣士リーネ2】

この作品が好きな人へのオススメ作品


同じサークルさんの作品

魔剣士リーネ 退魔戦士彼女 冬色のマフラー
まくらカバーソフトさんの作品一覧

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

戦国ランス 廉価版 へべれけ! ~すすめ 赤軍少女旅団!~ R18Ver1.5 Spiral Legend II
レビュー レビュー レビュー

似たエロ要素を持つRPG作品

SHADOWCORE 魔道兵装マグテルス アモル魔法学園
レビュー レビュー レビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品

操り人形の館 ~人形に操られる美人姉妹~ 対魔忍ユキカゼ Animation 準備中
レビュー レビュー 準備中

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=8031

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG