勇者の仲間モンスター娘は種付けされてしまいました レビュー

勇者の仲間モンスター娘は種付けされてしまいました

モンスター牧場のおっさんが、預けられている
モンスター娘たちとセックスしまくる。

色々なモンスターの発情&本能興奮エッチを
楽しむことができるHCG作品
「勇者の仲間モンスター娘は種付けされてしまいました」を
今日は紹介していきます。

「勇者の仲間モンスター娘は種付けされてしまいました レビュー」の続きを読む

ボテバーランド ~乗ると必ず孕んでしまうアトラクション10連発~ レビュー

夏休み遊園地で遊んだ人もいるかもしれませんが、夏最後の遊園地は孕まされちゃう遊園地はどうでしょうか?「テバーランド ~乗ると必ず孕んでしまうアトラクション10連発~」をご紹介していきます。

ボテバーランド ~乗ると必ず孕んでしまうアトラクション10連発~

「ボテバーランド ~乗ると必ず孕んでしまうアトラクション10連発~」はテーマパークに入ったものは必ずボテ腹になってしまうという都市伝説のある夢と魔法の国・ボテバーランドで、様々なアトラクションを通じてボテ腹化してしまった人々の姿を描いた現代ファンタジックな作品です。

記念撮影からジェットコースター、コーヒーカップまで。お客さんだけではなく、従業員にもスポットを当てながら、即孕み! ネタ感がありながらも、エロさも引き立ってるようなHCG作品です。

「ボテバーランド ~乗ると必ず孕んでしまうアトラクション10連発~ レビュー」の続きを読む

侵胎迷宮を抜けて レビュー

触手達に犯さり安全じゃないところで寝ると強くなる。でも、染まりすぎればゲームオーバー。弱点設定などもでき、ゴリ押し・仕掛け回避の両進行もできるような要素のある「侵胎迷宮を抜けて」を今日はご紹介していきます。

侵胎迷宮を抜けて

リモートスノー。かつて物流などで栄えていたこの土地は、20年前の魔物襲撃によって寂れてしまいました。そんなリモートスノーに、聖騎士・主人公「ミーナ」の姿が。

かつてこの地の領主であった父親を持ち、今では没落した家系でもあるミーナは、聖騎士となり、このリモートスノーの地へやってきました。触手の魔物が溢れる中、村人たちを助けながら進んでゆく彼女でしたが、謎の人物と出会い、敗北してしまいます。

気がつけば、謎の迷宮で村人たちと同じように触手型の魔物に犯されていたミーナ。しかし、ある時、触手の拘束が解け、さらに触手を操る力を得ていることに気が付きます。瘴気が溢れるその迷宮、適応すれば適応数ほど、力は増していきますが、力が増せば増すほど、危険なことにも……。プレイヤーは、ミーナを操り、道中出会う魔導師・サラと協力しながら、迷宮脱出を目指します。

犯されたり瘴気が満ちる場所で休むことで能力値が上昇するシステムや、力任せに進んだり条件を整えて安全に進めるルートがあったりするようなシステムが特徴です。

この作品の注目ポイント

  • 故郷奪還を目指す信念あるがゆえ向こう見ず似なりがちなヒロインの触手シチュエーションの多さ
  • エッチや宿泊で侵食、侵食でレベルアップ。特殊な味方の強化システム
  • 低レベルクリアも可能? ゴリ押し・フラグ立て進行の2箇所が多いゲームパート

「侵胎迷宮を抜けて レビュー」の続きを読む

トレジャーアイランド ~前人未到の島でアナル堕ちする猫耳娘~ レビュー

誰一人も帰ってきたことのない島。実力者のみが渡航を許されるそんな島に降り立った獣人少女がアナルオンリーで堕とされる。

様々な魔物相手に、アナル責めオンリーで敗北する獣人少女を楽しめる作品を今日は紹介していきます。

トレジャーアイランド ~前人未到の島でアナル堕ちする猫耳娘~

「トレジャーアイランド ~前人未到の島でアナル堕ちする猫耳娘~」は世界の始まりが眠っていると言われている「黄泉の島」を舞台に、獣人少女がアナル堕ちしていく姿を描いたHCG作品です。

ギルドから「特級」として認められている主人公・パスティは、誰も戻った人のいない「黄泉の島」へと今回降り立ちました。事前に得ていた情報屋の話によれば、怪しい探索ポイントは7つ。

「西の洞窟」「西の密林」「島中央の湖」「東の洞窟」「東の熱帯林」「北の森」「北の洞窟」。一つの島ながら、寒暖差があり、様々な気候を持つこの島で、あなたはパスティがどのポイントに行ったかを選び、そこで行われる魔物たちによるパスティのアナル堕ちを楽しむことになります。

この作品の注目ポイント

  • 巨乳薄着な冒険者に迫る、アナル本番オンリーな魔物姦
  • 調査エリアのルート選択要素ありでゲームの選択的な要素も多少あり
  • アナル責め堕ちに加え、時間を少し明けた堕ち後の二段階形式

「トレジャーアイランド ~前人未到の島でアナル堕ちする猫耳娘~ レビュー」の続きを読む

苗床ダンジョンクロニクル レビュー

苗床ダンジョンクロニクル

苗床ダンジョンクロニクルは腕利きな冒険者である
ロザリーがひょんなことから迷宮の最下層に落ちてしまい、
迷宮脱出の為、最下層で出会ったぷにこ(スライムのような
モンスター)と力を合わせて脱出していくエロRPG作品です。

ぷにこ以外のキャラクターはロザリー自身が産卵部屋で
産卵するという、前年齢ゲームではありえない設定。
またエッチシーンの多さや異種・陵辱系シチュエーション
中心のエロRPGとして、人気の高いエロRPG作品です。

なお、本レビューは旧サイトに掲載していたレビューを
加筆・修正して掲載しております。
他レビューと一部項目が異なりますので、ご了承下さい。

この作品の注目ポイント

  • 柔らかめな触手や産卵シチュが多数
  • 百合やふたなりシチュもあり
  • ゲーム面は自由に遊べる育成感&やりごたえも感じられるRPG力
  • コミカル感もある主要キャラたちに魅力

「苗床ダンジョンクロニクル レビュー」の続きを読む

淫魔の紋章 レビュー

今回紹介していくRPGは
「ヤッて犯られてRPG」というキャッチフレーズで
発売されている『淫魔の紋章』です。

淫魔の紋章

11月15日に公開されたエロRPGで、
痴獄の一丁目さんの初作品。

淫魔によって紋章を刻まれてしまい、
エッチな体になってしまった主人公が
淫魔を倒すためにダンジョンを攻略していきます。

主人公は淫魔によって淫らな紋章を刻まれてしまい、
さらに刻まれてから空白の期間が設けられており、
淫らな体を自分のものとしており、エッチな行為にも
積極的になっています。

一方で、完全にエッチ大好きと言うわけでもないので、
驚くところやエッチを拒否する面も持ち合わせるという、
ビッチ系と言うよりかは、あくまで体の感度がよく、
エロいことが冒険上必要な状況や快感を求めたくなると
積極的になるというような性格で、陵辱感も楽しめる
痴女系作品にもなっています。

王道的な戦闘とバトルファック要素も多少含まれる
戦闘なども注目の作品です。

「淫魔の紋章 レビュー」の続きを読む

ダークエルフのヒストリア レビュー

今回プレイしましたのは、2012年よりRPGやACTを
制作公開されているONEONE1さんが
今年の3月に公開され、たった数ヶ月で1万DLを
突破している人気作品・ダークエルフのヒストリアです。

ダークエルフのヒストリア

物語としては同居するモンスター退治の途中に出会った
少年・ルースと共に暮らすダークエルフの主人公、
フォーネリアは、ルースが人々と同じような暮らしを
できることを願い、そのための生活や行動のために
繰り返しギルドの依頼を受けていくというようなストーリーです。

ギルドの依頼を受注していくというような内容になっていますが、
大きく分けてストーリーが2つあり、通常ルートでは
ルークのためにギルド受注を繰り返して実力をつけ、
最終的には王国の裏にあるある存在の討伐を実行。

もう一方の罪人ルートでは、罪人になってしまった
フォーネリアが裸姿で討伐依頼やエロい依頼を受けていくという
内容を楽しむことができるRPGです。

本作品は一つの作品で王道系・乱れまくり系の
二種類が楽しめる作品ですが、プレイスタイルによって
大きく評価の別れる印象を持つ作品でもあります。

全体的なシステムの概要や長所を述べていくと同時に、
個人的に推奨するプレイ方法なども紹介していきます。

「ダークエルフのヒストリア レビュー」の続きを読む

CREATURE HUNTER レビュー

CREATURE HUNTER

CREATURE HUNTERについて(作品概要)

CREATURE HUNTERは繁殖行為を行うクリーチャー達を
狩るために集ったハンター5人でパーティを編成し、
依頼されたクリーチャー討伐を実施する任務受注型のエロRPG作品です。

横スクロールのように構成されたマップとテンポの良い戦闘エッチが
特徴的なエロRPG作品になります。

なお、本作品ver2.00にて大幅にバージョンアップが行われましたが、
ver2.00でのレビューになります。

「CREATURE HUNTER レビュー」の続きを読む

苗床DGの2月期 新規情報登場 またまた登場トラップエッチ&Hな水着コレクション

本格的なRPG要素と触手・産卵系シチュエーションが人気のサークルさん、「月の水企画」が本日、苗床DGに関する最新情報を公開しました。

■情報元
2月進捗報告~ ボテとかあります(月の水企画 NewMoonLabel 18禁RPG制作Blog)

■月の水企画さんの人気作
淫魔領リリム・ユニオン

「苗床DGの2月期 新規情報登場 またまた登場トラップエッチ&Hな水着コレクション」の続きを読む