くのいちお姉さん静音のご奉仕任務~拙者の全ては若様のもの素敵な子種でお世継ぎを授けてください~ レビュー

時代劇では、主従関係の強さを感じることができる作品も
多くあります。今日紹介していくファンタジー作品は
女忍者と主人という主従関係と和姦エッチを組み合わせている
現代舞台のエロゲーム「くのいちお姉さん静音のご奉仕任務」です。

くのいちお姉さん静音のご奉仕任務~拙者の全ては若様のもの素敵な子種でお世継ぎを授けてください~

和姦やラブラブ系を意識させてくれるエロシーンを楽しめる
様々なアドベンチャーゲームを手がけている
「Norn」さんが2009年に公開されたアドベンチャーゲームです。

年上幼馴染の静音と同じ学校に入学できた主人公。
昔から面倒を見てくれていた彼女に、想いを抱いていた主人公。
入学直後の夜、突如忍者服に身を包み、現れた静音から
ある事実を告げられます。

それは、静音が歴代主人公の家系を守り続けてきた忍びの一族であること。
そして、世継ぎが主人公しかいないために、血縁を絶やさぬために
子作りをしたいということでした。

主人公を主として尽くすお姉さんヒロインと
少し甘えんぼうのようにも見える主人公。
現代を舞台にした主従関係感が、真面目系お姉さんヒロインと
相まって、独特な和姦感を楽しむことができます。

この作品の注目ポイント

  • お姉さん系ながら主従関係で尽くす系なマジメギャップのあるヒロイン
  • 主従よりの和姦から恋人感のある和姦への変化
  • 現代的な世界観に忍者と主のストーリー組込みが独創的

「くのいちお姉さん静音のご奉仕任務~拙者の全ては若様のもの素敵な子種でお世継ぎを授けてください~ レビュー」の続きを読む

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~ レビュー

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~は
ファンタジー要素と軍事的な要素が混ざりあった世界観に
カルト的な要素もあるネタ感も入れながら、
戦闘要素に仕掛けも用意して、独特な世界観の冒険RPGを
作り上げている中編RPG作品です。

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~

戦闘機の特攻で命を落とす直前に、
ヒコーキ召喚を行っていた魔法使い・クラウディアの
目の前に召喚された主人公・空閑。

そんな彼が、クラウディアに連れられてやってきた国、
メイジガルドで、国の存亡にも関わるある異変に出くわしてしまいます。

原因と調査のため、空閑はクラウディアや
彼女の姉・エーリエルらと、空に大地が浮く異世界、
スカイランド全土を冒険していくことになります。

ギャグ的な要素が少し好き嫌い別れるジャンルなので、
癖がある作品になりますが、ツクールMV作品ならではの
販促にも繋がるような要素。MVのコミュニティ版コアスクリプト採用で
本格的ながらも重さを抑え、FEや加速といった独自性も備えたバトル。

過去にツクールMV製のゲームを重く感じて懸念されていた方、
ツクールMVで制作をしっているサークルさんには
ぜひやってもらいたいと思えるような仕掛けが満載な作品です。

なお、今回サークル様より画像掲載許可をいただきましたので、
一部画像を交えてご紹介させていただきます。

この作品の注目ポイント

  • 戦闘機要素と異世界ファンタジーを物語・システムに組み込んだ世界観
  • 和姦中心のH&自由度や戦略性、周回ややりこみにも繋がるゲーム要素
  • まだまだ少ない、重さ対策もしていて本格的な追加要素も多いツクールMV製のRPG

「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~ レビュー」の続きを読む

アルゴリズム レビュー

最近では現代ファンタジー・近未来的なSFアニメも多く、
アンドロイド的なロボ娘などが出てくることも多いかと思います。

今回紹介していくのは、「電子世界」で創造主を愛しく想う
電脳帯の女の子が、マスターと和姦エッチする姿を描いた
低価格のマンガ作品紹介していこうと思います。

アルゴリズム

アルゴリズムは、 黒ネコワルツさんが2012年に公開された
読み切り・オリジナルの同人誌作品です。

電脳帯のロボ娘風の女の子リストが、彼女を拾って修復した
マスター的な存在・セイロンに想いを伝えるために、
電脳世界に来たセイロンとエッチする姿を描いています。

100円作品ですが、ページ数もしっかりとあり、
ヒロインの切なくも感じられる思いの強さを和姦エッチで
感じられる、ほっこりとするような感じも受ける作品です。

この作品の注目ポイント

  • 100円価格ながら20Pとコスパ良好
  • ヒロインの想いの強さ・男性側の受け入れで強く感じられる相思相愛感
  • 後味もよく、読み切りとして万人的に楽しみやすい構成(エロの描きは結構濃厚)

「アルゴリズム レビュー」の続きを読む

VampireTears レビュー

今日レビューしていきますのは、今年6月に公開された
「VampireTears」です。さぁたいずさんという新規サークルさんの
オープンワールド風クエスト探索RPGです。

攻略順が特に決まっていない、フリーな傾向のRPGですが、
ちょっと癖を感じたところとかもあったので、細かくレビューして
行きたいと思います。

VampireTears

VampireTearsはヴァンパイアハンターである
ダンテ(名前変更可能)が、吸血鬼討伐の依頼を受けて
3体の吸血鬼を倒しに行くオープンワールドRPGです。

特に攻略順が決まっておらず、レベル要素もないため、
雑魚敵を倒してお金を稼いでアイテムを購入したり、
村人からの依頼を通じて得たアイテムを装備して
攻略できるエリアから少しずつ探索を行っていくような
形式のRPGになっています。

依頼主の女性との純愛っぽいエッチや
勝利時の陵辱、敗北時の逆レイプと多岐にわたる
エッチシーンが導入されていることも特徴的な作品です。

なお、本作品バージョンアップで難易度調整が入っている
ようですが、Ver1.2でのレビューになります。

「VampireTears レビュー」の続きを読む

【詳細】 さすらいのエロビト ~三姉妹と摩訶不思議なダンジョン~ クリアレビュー

不思議なダンジョン+ドラクエタイプ戦闘が特徴的な低価格RPG『さすらいのエロビト ~三姉妹と摩訶不思議なダンジョン~』をクリアしたので、詳細レビューまとめました。

さすらいのエロビト ~三姉妹と摩訶不思議なダンジョン~

さすらいのエロビト ~三姉妹と摩訶不思議なダンジョン~ 詳細レビュー

率直な感想としては、低価格作品としては十分楽しかったです。
ゲームバランスも悪くなかったですし、ランダム性と戦略性も
うまく噛み合っていたので、限られたアイテムでどう戦い抜くか
考えていくのが楽しかったです。

ただ、やりこみ出来そうなシステムが多い反面、
やりこみを促す仕組み……図鑑とか倉庫がなかったのが残念。

細い点で深みがあると、低価格作品の有無関係なしに
オススメと言える名作なRPGになってたんじゃないかなとか
少し名残惜しさも感じる作品でした。

さすらいのエロビト ~三姉妹と摩訶不思議なダンジョン~

Spiral Legend レビュー

色々なレビューを取り上げているエロRPG情報局では、DLsiteさんではそこまでDL数はないけど、屈指の人気を誇る作品がいくつかあります。その代表的なのが今日紹介する「Spiral Legend」だったりします。「絵のないエロRPG」という異色の作品ですが、ガッツリRPGとしてもオススメなので、ご紹介していきます。

Spiral Legend

Spiral Legendは新人工匠として街にやってきた主人公が
周囲で起きる事件や、過去に連れ去られたエルフの娘の探索を通して、
徐々に国の危機や問題、世界の脅威と出くわしていく
王道系エロRPG作品になります。

1周あたり30時間を超える本格的王道ストーリーと絵の無いエッチシーンが特徴的なエロRPG作品になります。

なお、本作品バージョンアップにより、大幅な難易度調整が入っています。旧バージョン(ver1.XX)でのレビューとなりますので、ご注意下さい。

「Spiral Legend レビュー」の続きを読む