没落令嬢-ボツラクレイジョウ- レビュー

さて、今日から12月! 例年は11月下旬から年末にかけて
名作が多数登場しやすい時期でもあり、今週も力作や実力派
サークルさんの新作が出ていたりしますね!

今月はちょっと忙しいので、自分もあまりエロRPGプレイできて
いなかったのですが、あまりにも新作が多かったので、
今日時間を開けてプレイしました。

今回レビューしていくのは、以前インタビュー記事も公開した
ONEONE1さんの『没落令嬢-ボツラクレイジョウ-』です。

没落令嬢-ボツラクレイジョウ-

父を失った際に、多大な借金を負ってしまい、
借金を返すために様々な依頼を受けていた主人公アリスが
依頼を通じて借金を返しながら、ある組織の存在を知り、
行動をしていくストーリーを基軸としたマルチルート搭載の
エロRPG作品になります。

大きく分けて3つのルートがあり、ある組織と戦っていく通常ルート、
奴隷としてみだらな行為も行っていく奴隷娼婦ルート、
秘めた力に支配され、みだらな行為を行っていったりする悪堕ちルートの
全3ルートがあり、大きく変化する物語が特徴的な作品。

同サークルさんの作品では、同様のシステムを
ディストピアの略奪者』『ダークエルフのヒストリア』でも
搭載されていましたが、ゲーム全体を見ると、
個人的には過去作よりも完成度が高く、かつエロ特化よりの作品では
トップクラス並みの作品である印象を受ける本作品。

細かい点で、若干シナリオとかに癖がある要素もあるので、
あなた個人に合っているエロRPGであるか、
主に細かい点で紹介していければと思っています。

没落令嬢を購入した理由


ダークエルフのヒストリア』が面白かったこと、
銃系の元貴族女性という設定がちょっとめずらしいなぁ……

とディザーサイトから思っていたので、購入しました。

RPG面の特徴


制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
作品の長さ:
中編
(管理人ノーマルルートクリア時間 約2時間10分、全ルート 約3時間40分ほど)
難易度傾向:
ちょいかんたん!
主な遊び方:

  • 依頼をクリアしていくクエスト受注型RPG
  • 一部シーンで条件を満たすとルート分岐
  • エロステータス要素あり

ボイスの有無:
メイン女性キャラフルボイス

やり込みシステム:

  • マルチエンディング・マルチルート
  • エッチ経験収集

エッチシーンの傾向:

  • 一部モンスターに敗北エッチ
  • 娼婦的なものから陵辱、純愛、逆レイプ物まで多方面のエッチシーン
  • エッチシーンでの主人公やサブの女性キャラはフルボイス

没落令嬢-ボツラクレイジョウ-の特徴


没落令嬢-ボツラクレイジョウ-の特徴的な傾向やシステムを長所・短所と思われる内容、特徴を元におすすめする人・しない人を紹介していきます。

この作品の長所


没落令嬢の特徴の中でも個人的に良かったと思われる点や独創的・面白いと思ったポイントは以下の通りです。

1.堕落感も味わえる多方面に展開するマルチエンディング


本作品はマルチストーリー、マルチエンディングを採用しています。
ルートによっては、敵サイドに近いような立場になり、
正規ルートとは様子が大きく変化する主人公も感じることができます。

本作品では『没落した貴族』という主人公ですが、
貴族キャラでよくいるわがままな様子や復讐に囚われすぎる、
お金を強く意識するというような傾向よりかは、
『借金にも負けずに懸命にクエストを受けていく』、
正義感のある印象も受けるような主人公に描かれています。

そのため、個人的にはまず普通ルートをプレイしてから
奴隷ルートなどをやっていくと、『あの凛々しかった女性が……』という
堕落感も味わえてオススメかと思います。

どのルートも濃厚なストーリーに描かれていたので、
色々なストーリーを楽しめる作品として注目の作品だと思います。
ストーリー攻略しやすいようなドキュメントも付属されているので、
全部のルートも制覇しやすい作りになっています。

2.ゲーム性が良くなったクエスト型作品


本作品は、作品の傾向としては過去に紹介した
ダークエルフのヒストリア』などに
似ている印象ですが、過去作品よりもゲーム面の幅が広がり、
かつプレイもしやすいような傾向になっており、
幅広くプレイしやすいRPGらしさが出ていた印象がありました。

シンボルエンカウントを採用していますが、敵の歩行スピードが
遅めなので、避けようと思えばしっかりと避けやすい作りですし、
気がつくと近づいてくるシンボルの仕組みもよく出来ています。

依頼もダンジョンに入り、討伐系のクエストが中心ですが
ただ挑むだけでは強敵過ぎて別のクリア方法があるクエストや
荷物運びだけ、その場ですぐに戦闘になるといったクエストもあり、
過去作品と比較するとクエストの幅も増えています。

難易度自体は高い難易度の『ノーマル』でも、レベル上げ不要に近い
難易度になっていますが、ストレスに感じるようなポイントを減らし、
サクサクと進めつつ幅の広いゲーム性が楽しめる印象でした。

複雑な育成システムはないので、オーソドックスなRPGですが、
オーソドックスな中でもよく調整されている印象のある
エロRPGだと感じました。

エロシーンも濃厚なので、エロシーンを楽しみつつ、
ライトなRPGをプレイしたい人にはもってこいなRPGです。

3.収集要素もあり、レベルの高いエッチシーン


本作品は条件を満たすと戦闘エッチも発動。
エッチシーンはルートによって特色があるものの、
陵辱、ビッチ、純愛など多彩な傾向。

エロシーンでも主人公などのメインとなる女性たちは
ボイス付きで、本格的なエッチシーンが楽しめます。

また、本作ではエッチシーンの最新履歴が確認できるようなもの、
セクハラなどによって登録されていくエッチステータスの要素もあり。
イベント上でエッチシーンが起こることも多いので、
真面目系よりな普通ルートでも濃厚なエッチシーンを楽しめます。

特に個人的にはセクハラなどを受けると追加される『H経験』が
なかなかおもしろく、村人とかに話しかけて胸揉みとかされると
『胸揉み』が追加されたりして、村人との会話も率先して
楽しめる仕組みがあったのは面白かった感じがしました。

一つ一つのシーンも丁寧ですし、嫌なシーンは飛ばせるよう
セリフスキップも搭載。
音量やシーン設定のカスタマイズも細かくできるので、
エロシーンにこだわりを強く感じられるエロRPGです。

長所を見て作品が気になった方
DLページ

この作品の短所


没落令嬢の中で、マイナス点になりうるポイントや不足していたと感じた要素は以下の通りです。

1.汁描き込みの描写が多いこと


全体的によく出来ている作品だと思うので、今回は
好き好みが分かれそうな点の紹介になります。

まず1点目が、イラストに関してです。
全体を通して、非常に細かくエロイラストが描かれています。

そのため、挿入シーンではしっかりと下の穴を開いて
挿入しているようなものなども描かれており、どちらかと言うと
ハード系のイラストの絵柄で採用されている傾向の多い印象のある
描き方であるように見えます。

その中でも、特に『汁』系の描写がすごく細かく描かれています。
射精すれば体中に精液が撒き散らされている所も多いですし、
愛液のようなものがダラダラと描かれているイラストも多いです。

よく描かれていると思うので、汁描写が好きな人には
非常に楽しめる作品だと思いますが、ライトなイラストが好きな人の
場合は、絵柄面で濃厚すぎるように感じる可能性もあると思います。

公式サイトやサンプルなどでもイラストが確認できるので、
柔らかいエロ絵が好きな人とかは、事前にイラストをチェックしてから
購入したほうがいいのかなぁ……と言う感じはしました。

2.カッコイイ男性がいる作品


2点目の好き好みとしては、『かっこいい男性』がいることです。
王道的なシナリオが楽しめる通常ルートでは、
主人公がクエストを通じて村人の問題などを解決してきますが、
最終的に主人公のサポートに回っている男性キャラクターが
手を貸している場面が多く、男性キャラをかっこいい感じに
描かれていているシーンが多く出てきます。

結構な頻度でサポート男性が手を貸している感があるので
カッコ良さも感じるのですが、エロRPGの一般的な美少女主人公作品と
比較してみると、少々活躍しすぎるように見えてしまう人もいるかもしれません。

この活躍ぶりを活かしつつシナリオも展開していますし、
その関係を活かしたシーンなどもあるので全体的としてはいい作品ですが。
人によっては男出すぎと感じてしまうかもしれないので、
サブキャラがあまりにも活躍しすぐ展開が好きじゃない人も
若干注意が必要かと思います。

3.小説・ノベルゲームよりのテキスト


もう1点、好みが分かれそうだなぁ……と思ったこととしては、
細かく説明を描いており、小説やノベルゲームに近いテキスト
描写が多かったかなぁ……という点です。

出てきた登場人物などについて、その場面で補足情報が
入ることが多かった印象がありました。
例えば、その人物が過去にどのような経歴を持っていたのか、
どうやってこの立場まで成り上がってきたのかなど。

すぐに説明してくれるのが全体統一されていたので、
問題はないと思うのですが、想像とかをさせるスキもなかったので
RPGらしい「プレイしながら少しずつ想像していく楽しみ」が
他の作品と比べると少なめで情報を一気に伝えている感じが
見られるような印象もある作品だったと思います。

ただ、設定の説明とかはわかりやすく描かれているので、
一般的なゲームよりかは「小説みたい」な堅めなテキストになっている
印象のある作品かなぁ……という感じがしました。

世界観的には合っている作品だとは思うのですが、
RPGだからライトなテキストじゃなきゃダメ!
みたいな人は、体験版とかもプレイしておくと、
より自分似合う作品か見極められるかな?と思います。

短所を見て作品が気になった方
DLページ

この作品をおすすめする人


・幅広いエッチシーンを楽しみたい方
・エロ重視でRPGも楽しみたい方
・凛々しい主人公が色々な方向に変化する姿に萌える方

この作品をおすすめしない人


・独自育成システムなどを求めている方
・主人公以外が活躍しすぎるシナリオに嫌悪感を抱く方

みなみよつばの個人的な評価


9点
boturakureijyou

ライトなRPGを楽しめる、エロRPGとしての完成度が非常に高い作品。
ボイスや濃厚なイラスト、多方面に展開するマルチルートで
多彩なエッチをADVに負けないレベルで描いており、
エロに特化しながらもゲーム性をうまく残しているRPG要素。

複雑な育成システムや戦闘システムなどがないので、
各ルート1回プレイ&忘れた頃にエロゲ感覚でプレイという
スタイルの作品になると思いますが、こういったタイプの
作品ではトップクラスの完成度&質の高さだと思います。

イラストやシーン内容などを見て、エロシーンなどで
興味を持っている方などはぜひ手にとって欲しい作品だと思います。

販売ショップへのリンク



同人ダウンロード
[ONEONE1] の【没落令嬢-ボツラクレイジョウ-】

この作品が好きな人へのオススメ作品


紹介した作品が好きな人向けに、オススメ作品へのレビューリンクを紹介します。

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

■ ダークエルフのヒストリア
ダークエルフのヒストリア
レビュー

■ SUPERIOR STONE
SUPERIOR STONE
レビュー

■ 聖剣アルモニカ ~謀られエナの物語~
聖剣アルモニカ ~謀られエナの物語~
レビュー

似たエロ要素を持つRPG作品

■ 女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~
女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~
レビュー

■ -堕ちモノRPG- 聖騎士ルヴィリアス
-堕ちモノRPG- 聖騎士ルヴィリアス
レビュー

■ Ariadne
Ariadne
レビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品


■ Lv1パーティーが魔獣の森で迷いました。
Lv1パーティーが魔獣の森で迷いました。
レビュー

■ 巨乳スケバン まりも 改造されて野外売春セックスにドハマリ堕ちしたJ○
巨乳スケバン まりも 改造されて野外売春セックスにドハマリ堕ちしたJ○
レビュー

■ 争覇の宴
争覇の宴
レビュー

ご質問・ご相談も受付中です


本作品に関するご質問やご相談も受け付けています。
こんなシチュあるの?似たゲームある?短所の改善方法は?
など、できる限り答えさせて頂きます。
コメントもしくはメールフォームよりご質問下さい。

エロRPGレビュー一覧

ダークエルフのヒストリア レビュー

今回プレイしましたのは、2012年よりRPGやACTを
制作公開されているONEONE1さんが
今年の3月に公開され、たった数ヶ月で1万DLを
突破している人気作品・ダークエルフのヒストリアです。

ダークエルフのヒストリア

物語としては同居するモンスター退治の途中に出会った
少年・ルースと共に暮らすダークエルフの主人公、
フォーネリアは、ルースが人々と同じような暮らしを
できることを願い、そのための生活や行動のために
繰り返しギルドの依頼を受けていくというようなストーリーです。

ギルドの依頼を受注していくというような内容になっていますが、
大きく分けてストーリーが2つあり、通常ルートでは
ルークのためにギルド受注を繰り返して実力をつけ、
最終的には王国の裏にあるある存在の討伐を実行。

もう一方の罪人ルートでは、罪人になってしまった
フォーネリアが裸姿で討伐依頼やエロい依頼を受けていくという
内容を楽しむことができるRPGです。

本作品は一つの作品で王道系・乱れまくり系の
二種類が楽しめる作品ですが、プレイスタイルによって
大きく評価の別れる印象を持つ作品でもあります。

全体的なシステムの概要や長所を述べていくと同時に、
個人的に推奨するプレイ方法なども紹介していきます。

「ダークエルフのヒストリア レビュー」の続きを読む

ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall― レビュー1

今月上旬に公開されたディストピアの略奪者を
リクエストでオススメ頂きました。

エロさとシナリオでオススメ~とのことです。
プレイ開始して1時間経過しましたので、
触りやエッチシーンなどの感想を紹介させていただきます。

ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall―

まず、第一印象として感じたのは過去作とかとは
傾向の違う雰囲気の作品であること。

ONEONE1さんといえば、RPGの開発に尽力されているサークルさん。
うちのサイトでもビッチダンサーズクエストをレビュー済みですし、
まだクリアしてないけど交配士セラの淫乱クエストとかも
ちょっとプレイして放置してたりしています。

ただ、個人的に同サークルさんって、ハードなシチュエーション多いんですよね。
濃厚すぎてあんまり得意じゃなかったりしたので、
エッチシーン面は不安だったのですが、今回は割りとハードさが緩和されている印象。

ハードさが少し抜け、一般的な凌辱作品同等のレベルに近くなっています。
寝取られ~というのが少し全面に出ていますが、
今のところはどちらかと言うとよくある敗北・売春系シチュエーションが多い感じ。

勝利し続けると純愛的な方向で進むし、敗北すると犯されエッチ後、
別ルートに分岐するというような内容みたいです。

自分は純愛的な方向をメインに進めているので、エッチシーンは少なめ。
ほぼ一般的なRPGとして進んでいますが、ボス戦なんかで試しに敗北したところ、
比較的眺めでかつ捕まって肉便器化など、まさに王道的な陵辱エッチが楽しめます。

ゲームとしての難易度はちょい簡単~普通ぐらい。
敵を避けながら進めてもしっかり回復しながら戦えば、
普通に倒せるレベル。

RPG苦手で倒せないという場合でも、レベル上げすれば
どうにかなるレベルの難易度。
シナリオは、伏線が弱く、少し急いでいる感もありますが、
エロRPGという点で見れば、テンポが良いとも捉えられると思います。

1シーン1シーンのエッチシーンも、テキストがしっかりしていて、
かつ文章などもボリュームがあり、凌辱シーンとして非常に楽しめます。

全体的には凌辱シーン中心の抜き・ゲームプレイどちらも
上手くバランスをとっている感じを受ける作品です。

またプレイ時間重ねるか、クリアしたら続きレビューして
行きたいと思います。

ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall―

鎧姿のエルフちゃんの冒険『悲劇の巨乳エルフ~理不尽陵辱物語~』が近日公開?

陵辱・ビッチなど、様々なジャンルのエロRPGを

公開されている「ONEONE1」さんが、

新作エロRPG『悲劇の巨乳エルフ~理不尽陵辱物語~』を

近日公開予定であることをブログで発表されました。

 

■ONEONE1さんの現最新作
オルガキル~序章編~

 

「鎧姿のエルフちゃんの冒険『悲劇の巨乳エルフ~理不尽陵辱物語~』が近日公開?」の続きを読む

ビッチポリスの発売日が6月21日土曜日に決定

ビッチダンサーズクエストや

性技の味方 交配士セラの淫乱クエストを

制作されたサークルさん、ONEONE1。

 

先日紹介した新作『ビッチポリス ―BITCH POLICE―』が

21日公開予定であることを、サークルさんが発表されました。

 

 

■【参考】ビッチダンサーズクエスト
ビッチダンサーズクエスト

 

「ビッチポリスの発売日が6月21日土曜日に決定」の続きを読む

名作エロRPGも多数参加

エロゲが遊び放題のレビュー紹介中

当サイトで高評価の「戦国ランス」「プリンセスサクリファイス」「薬と魔法のミーリエル」、催眠要素が魅力2018年名作「テイル・アンダークラスト」、名作RPGのアバドーンなどRPGも80作品以上が遊び放題。
ファンタジー作も対魔忍ユキカゼや巨乳ファンタジー、超昂閃忍ハルカも対象で、ここ数年で一気に魅力的なサービスに!