森の異変を調査しよう! レビュー

今日、紹介&レビューしていきますのは、
エロRPG作品はこの作品が処女作と思われます、
TeamJOKERさんの「森の異変を調査しよう!」です。

森の異変を調査しよう!

2016年10月中旬に公開されたエロRPG作品になりまして、
触手や虫姦に特化した探索系エロRPG。

森に住むモンスターによって農作物が荒らされるという問題が
起きており、村娘のリン(主人公)は生態調査のため、
森にやってきました。

なんと、裸で……
(暑いかららしいですが……大胆!)

森の奥へとやってきたリンは、大きな触手モンスターを
見つけます。しかし、逃げてしまうモンスター。

リンはモンスターの生態を調査するため、
森の奥へと進んでいきます。

本作品は戦闘など無い、エロシーンを探しながら
奥へ奥へと進んでいくRPGです。
エロシーンのあるポイントに進行上必要となるアイテムが
置かれているので、基本的にはエロシーンを探しつつ
進行に必要なアイテムを探していくという、
一本道のストーリーになっています。

虫姦などもあり、少しリアルにも見える絵柄でしたので、
基本的には触手や虫姦好きな方だけレビューも見てもらえれば
と思います。

森の異変を調査しよう!を購入した理由


イラストがキレイそうだったので、購入しました。

サンプルでは芋虫っぽいモンスターだけでしたが、
色々な絵柄もしっかりと描かれています。

RPG面の特徴


制作ソフト:
ウディタ
原作:
オリジナル
作品の長さ:
超短編
(管理人クリア時間 約15分)
難易度傾向:
かんたん!
主な遊び方:

  • 光っているポイントを調べ、アイテムを取得
  • アイテム取得時にエロシーンイベント発生率高し
  • アイテムがないエロシーンポイントも若干数あり

ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • エッチシーン回収

エッチシーンの傾向:

  • 触手に絡まれて犯される
  • カエルや虫などの生物に犯される

森の異変を調査しよう!の特徴


森の異変を調査しよう!の特徴的な傾向やシステムを長所・短所と思われる内容、特徴を元におすすめする人・しない人を紹介していきます。

この作品の長所


森の異変を調査しよう!の特徴の中でも個人的に良かったと思われる点や独創的・面白いと思ったポイントは以下の通りです。

1.プレイしやすい、ジャングル探索エロRPG


本作品は、戦闘などがなく、基本的には光っているポイントを
調べていき、道具を手に入れ、道具を使って新しいエリアへ進む。
そして最終的には、最初に見つけた触手魔物の
元へと向かうエロRPGになっています。

そのため、基本的にはマップをうろちょろするだけですので、
戦闘や技術を求められるようなことはほぼありません。

探索ポイントやエロポイントもほとんどが光っていたり、
よーく見てみるとルートが分かるように少し道に隙間を
開けていたりと、わかりやすいように作られています。

また、手に入ったアイテムも、道具欄を見てみると
使用ポイントが分かるようなヒントも描かれています。

時間さえかければ必ずクリアできるような内容ですし、
わからなくならないような演出・説明も用意されているので
ゲーム自体はプレイしやすい内容のエロRPGです。

2.触手・虫姦・カエル姦のマニアック構成


本作品は森の調査というだけあり、
エロシーンにもマニアックな構成になっています。

内容は触手・虫姦・カエル姦のみです。
全11種類あり、虫姦が3シーン、カエル姦が1シーン。
残りが全て触手になっています。

特に注目してほしいのが、一般的には気色悪い虫の代表である
Gとムカデによる行為も搭載されています。

あまり自分は虫姦が得意ではないのですが、
これらの虫もかなりリアルな特徴を抑えているイラストで
「うわっ、気持ち悪っ!」と思えるぐらい、
群がる様子が描かれていました。

森をテーマにしたらしいシチュエーションの数々で、
エッチシーン登録のアイテムも「生態調査」と描かれていたりして、
まさに作品タイトルらしい作品である印象がありました。

長所を見て作品が気になった方
DLページ

この作品の短所


森の異変を調査しよう!の中で、マイナス点になりうるポイントや不足していたと感じた要素は以下の通りです。

1. 自然音中心ゆえにエロ効果音が欲しかった


「森の異変を調査しよう!」では、始終音楽が森のさえずりというのでしょうか。

木が風によって揺れるような音を採用しており、
その音ゆえにリラックスした雰囲気や森らしさを再現しています。

この音のチョイス自体は非常に良かったと思うのですが、
エッチシーンなどに効果音がなく、エロシーンのBGM変化も無かったので、
全部のシーンが少し淡々と進みすぎている感じがしました。

シーン自体は短め~やや短めな普通ぐらいのテキストで、
イラストも悪くなかったので読み進められるのですが、
どうしても森の音だけが流れているので、静まりきっている
印象がありました。

素材でも良いので、ちゅぱちゃぷ音とか、
喘ぎ声みたいたのもあると、耳元の変化もあって良かったなー
という感じがしました。

2.メッセージウィンドウによるイラストの見えづらさ


もう1点、気になったところをあげるとすれば、
メッセージウィンドウとイラストが被っていたことです。

イラスト自体は難しいシチュエーションをしっかりと描いている
印象があったのですが、どうしても局部や犯す生物の姿が
メッセージウィンドウと被ってしまっているものがあり、
シーンの描写をより深く知るためにイラストを見ようと思うと、
メッセージウィンドウが邪魔に見えてしまう感じがしました、

ADVのように、ウィンドウの表示を一時消すような機能も
あれば良かったなーと言う感じがしました。

短所を見て作品が気になった方
DLページ

この作品をおすすめする人


・触手、虫姦といったシチュ好きな方
・さくっとエロを楽しめるエロRPGが好きな方
・エロシーンを探していくような作品が好きな方

この作品をおすすめしない人


・戦闘や冒険といったRPG要素を楽しみたい方
・触手や虫姦シチュに興味のない方
・ストーリーなどがしっかりした作品をプレイしたい方

みなみよつばの個人的な評価


71点
morino

触手や虫姦といったシチュエーションのエロを
楽しむことに特化した探索系エロRPG。

ゲームとしてはポイントを調べていくだけですので、
どちらかと言うと移動のあるアドベンチャーゲーム感が強い作品で
戦闘はなく・ストーリーもほぼないので、RPGを楽しむよりかは、
エロを楽しむためにプレイするようなタイプの作品です。

虫姦などは少しリアル感も受ける印象ですので、
耐性がある人が触手や虫姦のエロシーンを中心に楽しみたい時に
プレイすると良い作品です。

販売ショップへのリンク



同人ダウンロード

この作品が好きな人へのオススメ作品


紹介した作品が好きな人向けに、オススメ作品へのレビューリンクを紹介します。

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品


■ 杏子ラビリンス
杏子ラビリンス
レビュー

■ MADOU GATE
MADOU GATE
レビュー

■ レスタハンター ナターシャハント
レスタハンター ナターシャハント
レビュー

似たエロ要素を持つRPG作品


■ 村娘ですが魔王の城に放り込まれました
村娘ですが魔王の城に放り込まれました
村娘ですが魔王の城に放り込まれました レビュー

■ 触の迷宮
触の迷宮
レビュー

■ Leviathan
Leviathan
レビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品

■ ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~
ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~
レビュー

■ 洗脳教官~快楽に染まるエルフ~
洗脳教官~快楽に染まるエルフ~
レビュー

■ 裏ク●ノトリガー【魔触奴隷ヒロイン嬢】
裏ク●ノトリガー【魔触奴隷ヒロイン嬢】
レビュー

ご質問・ご相談も受付中です


本作品に関するご質問やご相談も受け付けています。
こんなシチュあるの?似たゲームある?短所の改善方法は?
など、できる限り答えさせて頂きます。
コメントもしくはメールフォームよりご質問下さい。

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=7414

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG