Ariadne レビュー

Ariadne

Ariadneは、立ち入りが禁止されているの迷宮に立ち入ってしまった主人公。その行動によって魔神の封印が解けてしまったことから、魔神が迷宮から出てくる前に、魔神の封印を行うために必要な炎を世界各地から集めることになる王道系ストーリーのエロRPG作品です。

しっかりとした戦闘バランスや閃きシステムといった基板のしっかりとしたRPGパートや様々なサブクエストやシナリオが搭載された作品です。

「Ariadne レビュー」の続きを読む

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~ レビュー

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~は
ファンタジー要素と軍事的な要素が混ざりあった世界観に
カルト的な要素もあるネタ感も入れながら、
戦闘要素に仕掛けも用意して、独特な世界観の冒険RPGを
作り上げている中編RPG作品です。

橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~

戦闘機の特攻で命を落とす直前に、
ヒコーキ召喚を行っていた魔法使い・クラウディアの
目の前に召喚された主人公・空閑。

そんな彼が、クラウディアに連れられてやってきた国、
メイジガルドで、国の存亡にも関わるある異変に出くわしてしまいます。

原因と調査のため、空閑はクラウディアや
彼女の姉・エーリエルらと、空に大地が浮く異世界、
スカイランド全土を冒険していくことになります。

ギャグ的な要素が少し好き嫌い別れるジャンルなので、
癖がある作品になりますが、ツクールMV作品ならではの
販促にも繋がるような要素。MVのコミュニティ版コアスクリプト採用で
本格的ながらも重さを抑え、FEや加速といった独自性も備えたバトル。

過去にツクールMV製のゲームを重く感じて懸念されていた方、
ツクールMVで制作をしっているサークルさんには
ぜひやってもらいたいと思えるような仕掛けが満載な作品です。

なお、今回サークル様より画像掲載許可をいただきましたので、
一部画像を交えてご紹介させていただきます。

この作品の注目ポイント

  • 戦闘機要素と異世界ファンタジーを物語・システムに組み込んだ世界観
  • 和姦中心のH&自由度や戦略性、周回ややりこみにも繋がるゲーム要素
  • まだまだ少ない、重さ対策もしていて本格的な追加要素も多いツクールMV製のRPG

「橙天の銀翼 ~スカイランドの魔女と巫女~ レビュー」の続きを読む

紅炎のラキア レビュー

今日紹介していくRPGは2014年に公開された
エロRPG「紅炎のラキア」です。

紅炎のラキア

多数のCG集を公開され、2012年に公開された
エロRPG「黒麗のレイナ」などを制作されている
金色猫さんのエロRPGです。

当サイトでは同サークルさんの作品を個別で
レビューしていくのは初になります。

幼いころより、妖精に会いたいという願いを
持っていた主人公・ラキア。
そんな彼女は魔法学園に通っており、
実習で世界各地を回ることになります。

そんな彼女がたまたま手に入れた、あるアイテム。
それは、決められた数を集めることで、
妖精に会うことへと繋がる鍵となっているアイテムでした。

彼女は、妖精に会うため、各地を冒険します。

スーファミ世代を感じさせるような、
レベリングが重要で。街の壺や棚にはアイテムが存在。
細かい点まで調べ、敵を倒してじっくりレベル上げしながら
進んでいくことで、冒険が有利になる感覚を強く感じる
本格派よりのエロRPGが非常によく出来ている印象の本作。

一方で、進め方によっては少々心折れそうな印象もあったので、
こういう遊び方を一周目したほうが楽しめるんじゃないかなぁ……
という点も、今回は紹介していこうと思います。

この作品の注目ポイント

  • 壺調べやレベル上げも楽しい王道的なRPG感
  • エッチシーンが変化する淫欲度システム
  • 売春、風呂・盗賊敗北など。美少女旅の王道エロ多数

「紅炎のラキア レビュー」の続きを読む

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 レビュー

今日は「もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章」の
レビューリニューアルです。
将来的に旧サイト統合視野に入れているため、
情報を追加した上で再レビューしていきます。

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章は
2015年3月にとろとろレジスタンスさんが公開された
逆レイプよりエロが楽しめる長編規模のRPG作品です。

英雄である父を追って旅に出る、勇者見習いの主人公が
行う冒険を描いており、続編が制作される前提で作成されている
第1部作にちかい立場の作品となっています。

道中には様々なモンスター娘が登場することが特徴的で、
負けてしまうと逆レイプ!
一方で、条件をみたすことなどでモンスター娘を仲間にすることが
できるという機能も。

また、転職システムによって主人公や仲間にしたモンスター達を
自由に育てることができるほか、仲間編成の自由度などもあり。
エロシーンもしっかりとしたテキストが多く、
エロ・ゲームシステム共に完成度の高いRPGとなっています。

この作品の注目ポイント

  • 続編全体ながら長時間楽しめる本格RPG&多種多様な女性上位エロ
  • 負ければ逆レイプ! 定番モンスターから、何だこれモンスターまで!
  • 多彩な転職や仲間編成・難易度調整で自分なりのプレイが可能

「もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 レビュー」の続きを読む

まりもエクステンション レビュー

今日レビューしていくのは、昨年3月に公開された
「まりもエクステンション」です。

まりもエクステンション

どくりんごサワーさんの第1作品目として
公開されたエロRPG作品ですね。

神の力を地上に落として散り散りになってしまった恋の神ミカ。
そんな彼女の手伝いをすることになった座敷わらしの妖怪、
まりもの二人が世界を歩み、神の力を集めていきます。

彼女たちの前には、怪しい会社の社員も現れて……

オーソドックスな2人パーティ制のRPGなんですが、
デザインや世界観などが特徴的で、
イメージ的には人気RPGの一つ、MOTHERシリーズを
うまく現代的に落とし込み
エロゲとしても確立しているような作品。

DLsiteさんでのダウンロード数が1500に対して、
レビュー数が20件とかなりの数ついていたので自分も
期待してプレイ始めたんですが……。

RPGプレイしながら楽しみたい方には
非常にお勧めできる作品だと思ったので、
今作品の特徴とかを交えつつ、かつ購入前に
少々疑問に思っていた点なども補足しながら感想まとめていこうと思います。

「まりもエクステンション レビュー」の続きを読む

GranEnde レビュー

今日は、「GranEnde」をクリアしましたので、
詳細なレビューしていこうと思います。

GranEnde

樋渡本舗さんが第1作品目として2016年3月に
公開されたエロRPG作品です。

孤児育ちである主人公が都市『トライリーベ』で
冒険者として生活していく姿を描いた中編作品。

依頼をこなしたりしながらお金を得つつ、
生活をしていくような作品で、
ダンジョンの最奥に行くと物語が進行して
行くようなスタイルのRPGです。

「シンボルエンカウント」「依頼」「淫乱度」
「売春」「敗北時復帰機能」「エッチなバイト」
「やりごたえもあるゲーム性」など。

最近のエロRPGのお手本となるような要素を抑えつつ、
細かい点までしっかりと作られている印象を受ける
エロRPG作品です。

「GranEnde レビュー」の続きを読む

Leviathan レビュー

先日速報レビューでも取り上げた
Leviathanを一周クリアしました。

いくつか要素残ってると思いますが、
一般的であると思う箇所終えたので、今日は細かく
レビューしていきたいと思います。

Leviathan

今作品は、自然の監獄みたいになっている島へ、
エルフである主人公がたどり着いた所から始まる、
サバイバル系の作品。

島から脱出するため、島の周囲に現れる神竜を倒すため、
島内を探索していくRPGです。

サバイバル系の作品ですが、中盤以降お金で物が買えたり、
元々犯罪者とかも流されている島だからならず者たちもいたり。

一方で、空腹・水分・眠気のようなステータスがあり、
しっかりと行動しなければいけなかったりと。

サバイバルとしてのゲーム要素を抑えながらも、
エロRPGでは定番のならず者エッチ、そして道具の購入などRPG要素も
しっかりと楽しめる作品です。

なお、今回、終盤に魔法の取得方法気が付いたので、
魔法なしのある意味縛りプレイでクリアしています。
プレイ時間やクリアまでの日程明記していますが、
もう少し短縮できると思います。

また、今回は一般的な難易度に合わせて、
「ノーマル」の難易度で挑戦しています。
(難易度はイージーも用意されています)

「Leviathan レビュー」の続きを読む

アームズ・デバイサー!+ レビュー

旧サイトで掲載していた「アームズ・デバイサー!+」の
レビューを現在のレビュー形式に変えて移行しましたので、
再アップしていこうと思います。

アームズ・デバイサー!+

パラレルファンタジーなどで知られる
さーくる亀さんが2012年に公開されたエロRPG作品です。

家出をした活発な性格の世間知らずな少女が、
街で出会った冒険者に心得を教えてもらい、
冒険者として生活していく王道系RPGになります。

最初は新米ながらも、依頼をこなしながら成長していきます。

細やかな描写やイラストのレベルの高さ、
ルート分岐など、エロ面・ゲーム性共に優秀な作品です。

なお、オリジナル作品ですが、
技名や衣装などに少しスーパーロボット大戦シリーズ(魔装機神シリーズ)
を意識している感じがあります。

ただし、あくまで意識されている程度なので、
元作品プレイは必要なしです。

「アームズ・デバイサー!+ レビュー」の続きを読む