女騎士さま危機一髪 レビュー

女騎士さま危機一髪 レビュー
女騎士さま危機一髪

女騎士さま危機一髪は旅の途中で水浴びをしていたところ、衣服を預かっていた従者が襲われ行方不明になってしまい、バスタタオル一枚からならず者などを倒しながら衣服と従者を探していく王道短編RPGです。

30分程度で終わる短編作品ですが、価格は税抜き100円。一方でエッチシーン複数・ワンマップでの表現・サークルさんの特色出しなど、非常にクオリティの高い短編RPGを楽しむことができる作品です。

女騎士さま危機一髪を購入した理由


ち●ぽなんかに、ぜったい勝てない……という要素が好きだったこと、過去同サークルさんの作品楽しかったので100円ならどんな感じで仕上げるのか気になったことから購入しました。

RPG面の特徴


制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
作品の長さ:
超短編
(管理人クリア時間 30分)

難易度傾向:
ふつう!

戦闘方法:

  • 1対1~複数戦闘。ターン形式
  • イベント戦闘中心(一部シンボルエンカウントあり)
  • 買い物・レベル上げなどは無し。手に入るアイテムを有効に活用する必要がある

ボイスの有無:
ボイスなし

やり込みシステム:

  • 特に無し

エッチシーンの傾向:

  • 敵敗北でエッチシーン
  • ならず者に犯される・魔物に犯されるのが中心
  • 負けて犯される→犯されエンドのシーンが立て続けに流れることが多い

女騎士さま危機一髪の特徴


女騎士さま危機一髪の特徴的な傾向やシステムを長所・短所と思われる内容、特徴を元におすすめする人・しない人を紹介していきます。

女騎士さま危機一髪の長所


女騎士さま危機一髪の特徴の中でも個人的に良かったと思われる点や独創的・面白いと思ったポイントは以下の通りです。

1.短編ながらゲーム性を確立している良作RPG


本作品、率直な感想としてはゲーム性のある短編エロRPGとしてすごくよくまとまっている印象を受けました。

短編作品の場合、戦闘がゆるかったり、戦闘自体が無いものも多いかと思います。ですが本作品は短編ながら、手に入るアイテムや、装備品によって変化する技をうまく把握して戦わないと、かなり苦戦を生じるぐらい、しっかりとした難易度のRPGを再現しています。

例えば、動く敵の視界に入らないように接近したり、ステータス異常にするアイテムを使ったりすることで、戦闘を有利に進めていけたりします。反面、アイテムの数は限られているので、アイテムの在庫と相談しながら進めていく必要もあります。

また、ストーリーもポイントのみをしっかりと抑えながらも、サークルさん特有のちょっと憎めない悪役たちの雰囲気も出し、ヒロインのキャラクター性もよく表現されている印象があります。

必要なポイントをしっかりと抑えて、ゲーム性も出している、低価格短編エロRPGとしては最高峰のレベルな作品である印象を受けました。

2.短いながらもしっかりとした陵辱エッチ


ゲーム面に引き続き、エロ面も長さ・コスト対価もしっかりしています。

エッチシーンの数は全9シーン。特定のポイントで敵に敗北してしまうと見ることができるようになっています。

全9シーンのうち、敗北して敗北後のシーンに繋がるシーンもあるので、実質ゲームベースで進めれば少し数は減ってしまいますが、しっかりと射精差分のイラストもあるし、テキストも台詞と地の文もあり、中規模なボリュームでしっかりとしています。

また、性的興奮を誘うようなイベント絵なんかもあり、視覚的にも楽しめる作品です。長編作品などと比較してしまうとシーンの偏りなどは感じてしまうかもしれませんが、ワンコイン・短編作品ベースでこの内容であれば、満足できる方も多いのではないかと思います。

女騎士さま危機一髪の短所


女騎士さま危機一髪の中で、マイナス点になりうるポイントや不足していたと思う要素、個人的にはここを改善するともっと良い作品になりそうだったポイントは以下の通りです。

1. 少し偏りのある攻略ポイント


全体的に良く出来ている作品ではありますが、どうしてもアイテムによる回復・固定化されがちな装備品になってしまう感じがあったのが残念でした。

いい面で言えば、どんな攻略方法でもクリアしやすいような感じにまとまっていると思います。ただ、短編でかつ「スキルやアイテムを活用して~」という戦略面とかもPRしているように見える作品だったので、

例えば、斧以外は全然攻撃が通じない、特定のギミックを発動させてから戦闘すると凄く有利になるみたいな、普通の戦闘とは少し違った、準備さえすればスグに攻略できるような敵とかも導入してあると、全体を通して短編だけど幅広い戦闘になった感じがしました。

2.なにをもってイベント戦闘とするか


本作品、販売ページの中に「イベント戦闘」とありますが、終盤にシンボルエンカウントと同等のモンスター出現処理が行われているので、正式にはイベント戦闘+シンボルエンカウントです。シンボルエンカウント自体、制作サイドではイベント構築同様の手順を使っているので、イベント戦闘といえばイベント戦闘なんですが……

プレイヤーサイドから見ると、シンボルエンカウントもあることは注意しておきましょう。

また、イベント戦闘も色々なパターンがありますが、本作品はイベントが発生する場所に行くと戦闘が行われるという、いわゆる一般的なRPGに途中のザコ戦を極力省いたような作りのイベント戦闘になっています。

一本道でストーリーが続いていき、操作は最低限で戦闘が起きるようなADVよりの作品とは異なります。あくまで王道的なRPGよりの作品となっているので、探索要素もあることだけは把握しておきましょう。

女騎士さま危機一髪をおすすめする人


・陵辱作品が好きな方
・長さは求めず、コストパフォーマンスの良い作品が好きな方
・完成度の高いエロRPGをプレイしたい方

女騎士さま危機一髪をおすすめしない人


・陵辱シーンが全くダメな方
・コストパフォーマンスよりも、ある程度ゲームの長さを優先する方
・RPG的な戦略が全く得意じゃない方

みなみよつばの個人的な総合評価


96点

onnakensisamakikiippatu

100円とは思えないエロ面ボリューム、短編としてしっかりと抑えた設定とストーリーなど、短編エロRPGとしての完成度はすさまじい印象を受ける作品。

陵辱作品のみなので、陵辱シーンがどうしてもダメという方は無理だと思うのですが、陵辱シーンが問題ないというのであれば、ぜひ手にとって欲しいと思える名作クラスの作品だと思います。

短編のエロRPGというと、どうしても戦闘要素を削ると考えてしまうかと思うんですが、しっかりと両立させているのはすごいと思うし、低価格だけど丁寧さも伺える作品。自分としては、今までプレイしてきた短編エロRPGの中では1位2位を争うレベルの作品だったと思いました。

ちょろっと遊べてエロい作品をやりたい時にはぜひ第一候補に。製作者の方なんかには、短編作品としてのまとまりとゲーム性を出すときに凄く勉強になる作品だと思うので、ぜひお気に入り登録だけでも入れておくといいんじゃないかなーと思える作品です。

販売ショップへのリンク


この作品が好きな人へのオススメ作品


紹介した作品が好きな人向けに、オススメ作品へのレビューリンクを紹介します。

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品


お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG- お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG- Ver1.03

お師匠様のセクハラとかしながら洞窟を冒険していく低価格短編RPG。別途完全版のようなものが出ていますが、こちらの低価格版でも十分遊べるエロRPG。低価格ながらプレイボリュームやエロ絵のレベルが高い作品です。

Trial Fantasy

DMM同人さんで配布されている無料エロRPG作品。無料作品でカスタム少女を活用したイラストですが、王道的なシナリオとテキストもしっかりつけたエッチシーンで満足度の高いエロRPGです。

新米女剣士タリア 新米女剣士タリア

こちらもカスタム少女系のイラストを採用した作品ですが、低価格ながらゲームパートのバランスが良い作品。ゲームをちょろっと楽しみたい時にお勧めの短編エロRPGです。

似たエロ要素を持つRPG作品


風紀剣士アサギ 風紀剣士アサギ

女剣士とその中まで囚われた村人たちを救うために戦う物語。「ち●ぽなんかに負けない→やっぱり勝てませんでした!」というような展開が目白押しで凛々しい戦士が敗け堕ちするようなHシーンを楽しめる高品質作品。

ナナハよ。 ナナハよ。

愛する娘と妻を守るために行動を行うエロRPG作品。イベントの過程で、ならず者のようなひどい男達に犯されていくシーンが多め。寝取られ要素あるので注意。

似たジャンルのエロファンタジー作品


戦乙女ヴァルキリー 戦乙女ヴァルキリー

凛々しい女戦士のようなヴァルキリーを調教していく物語。抵抗を見せる凛々しい戦士が堕落していく様子を楽しめます。

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=6382

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG