もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章 速報レビュー(1時間ほど)

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章。
前作に引き続き、かなりのボリュームのようですので、
今回は速報レビューという形で少しずつレビューを更新し、
クリア後に正式なレビューとして新しくページ作成していこうと
思います。

なお、今回プレイにあたっては、前作はクリア済み、
体験版は未プレイでの感想になります。

「もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章 速報レビュー(1時間ほど)」の続きを読む

Leviathan 速報レビュー1

今年は暖秋ですが、テレビなんかを見ると
果物狩りなんかも出ていますねー。

自分は先日、楽天で訳ありみかん10kgを購入しまして
たっぷりのみかんをあむあむしています。

果物狩りとかもいいと思うのですが、
せっかくならエロRPGを楽しみながら採取気分したいですよね!
先日公開されました、サバイバルエロRPGの
「Leviathan」を購入したので、簡単に序盤の感想とかを
紹介していこうと思います。

Leviathan

牧場物語とか、サバイバルキッズみたいな
一種の作業ゲー好きな自分としては、かなり楽しめている作品っす。

「Leviathan 速報レビュー1」の続きを読む

進む先にあるもの 速報レビュー1

先週末から昨日夜まで遠方に出かけていて、
サイト更新も最低限しか出来ない状態でした。

帰宅して、残務処理もあらかた目処が付き始めたので、
今日から少しずつ再会していきます。

再会一発目は、「進む先にあるもの」の
プレイ時間2時間時点の感想から行ってみたいと思います!

進む先にあるもの

SUPERIOR STONEなどを
過去にレビューしたことがある、にぃみぃ団さんの作品です。

同サークルさんの作品は個人的に好みで、
今回も自由度の高さ+NTRっぽい要素という……

個人的な好みもマッチしていたので、
「久しぶりにプレイしましょー」と思って購入しました。

プレイ時間としては、現在2時間なんですが、まだまだ見えない
ポイントも多い反面、「ちょっと人を選びそう!」「注意したほうが良さそう!」
という項目も感じたので、少し注意点中心に、序盤の感想を書いていこうと思います。

「進む先にあるもの 速報レビュー1」の続きを読む

ランス03 リーザス陥落 速報レビュー1

半額フェアも開始からだいぶ経過して、
新しく登録される作品も少なくなってきましたねー。

お盆前で何かやる作品を探している人も
多いのではないでしょうか?

同人半額キャンペーンに注目が行きがちですが、
8月17日正午まで商業半額キャンペーンも実施されてます。

今年は商業キャンペーン、
同人と同時期では無かったので、
見落としている人は注意してくださいね!

さて、そんな商業キャンペーン……
実は個人的に待っていたんですよね~。

商業キャンペーンになったら、
絶対に「ランスシリーズ買うぜよ!」と。

戦国ランス」がすごく楽しくて、
続編的な立ち位置のランス・クエスト
半額フェアで狙うぜよーと前から思っていまして。

おーっ、ついに商業半額フェア始また!
と思ったら、ランス・クエスト……

半額対象じゃなかったんですよね(T-T)

でも、ランスシリーズやりたかったので、
どうしようかなぁ……と思ったら。

半額対象になっていた
ランス03、フルボイス化でのリメイクなのを知って、
ボイス付きに興味があって購入しました。

ランス03 リーザス陥落

ランス03、3時間ぐらい経過しましたので、
現時点での感想とか、紹介していきたいと思います。

コミカル×フルボイスでえろえろという感触です。

■追記■
この作品のクリアレビューも公開しました。
ランス03 リーザス陥落

「ランス03 リーザス陥落 速報レビュー1」の続きを読む

女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~ 速報レビュー

今年はあまり新作触っていくことが出来なかったので、
最近の話題作プレイを強化中なみなよつですー。

さて、昨日に続いて今日もゲーム感想系のお話。
今日は今年4月に公開され、今日時点で3800DLを
突破している「女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~」です。

女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~

制作は吹溜さん。
同人誌やHCG作品を中心に制作を続け、
今作は3作品目のエロRPG作品。

エロRPG情報局では、同サークルさんの作品初めて紹介します。

アルトゼア王国の女騎士として国のために
戦っていた主人公リフィナは、
国の王子とも恋人関係。戦争が終われば……

という仲でしたが、ある日前線へ向かっているうちに、
王国が占領されてしまったことを知ります。

敵の追撃によって一人になったリフィナは、
各地を回りながら王国奪還を目指していきます。

まだプレイ時間1時間程度なんですが、
全体的には好きなポイントから攻略していくことができる
フリーシナリオのRPGに近い印象の作品です。

「女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~ 速報レビュー」の続きを読む

バッドエンド・コレクター ~生命の音・零の魔王~ 速報レビュー1

今日プレイ開始しましたのは、過去に何度か
エロRPGアワードでも入賞している
『バッドエンド・コレクター ~生命の音・零の魔王~』

バッドエンド・コレクター     ~生命の音・零の魔王~

以前からプレイしようプレイしようーと思ってたんですが、
タイミングつかめなくて、ちょうど半額フェア対象になってたので、
購入してプレイ始めてみました。

公開は2014年、制作サークルさんは
U-ROOMさんになりまして、みなよつとしては、
初めてのU-ROOMさんの作品プレイです。

お話としては、ちょっと性欲が強くて、
他人が犯されているようなことをおかずにしてしまうような
性格を持っていた主人公のもとにある日悪魔が登場。

悪魔は3つの願いを叶える権利を与えると同時に、
女性の陵辱などの思念体の収集を手伝うことになります。

現在プレイ時間、バットエンドも挟んで3時間ほど。
モードは複数ありますが、経験値修正が1倍と思われた
ハードモードで実施していて、物語としては大きな展開を
迎えているポイントになっています。

エッチシーンもいくつか見てきましたので、
プレイ3時間時点の感想などを書いていきたいと思います。

「バッドエンド・コレクター ~生命の音・零の魔王~ 速報レビュー1」の続きを読む

アイリ-孤島の少女たち- 速報レビュー

せっかくレビューと情報サイト統合したので、
速報レビュー、久しぶりにやっていきたいと思います。

今プレイしているのは、
「アイリ-孤島の少女たち-」。
2012年の作品ですね!

アイリ-孤島の少女たち-

嵐の影響で、島へと流れ着いた魔法使いアイリは、
傷の手当をしてもらったことをきっかけに、
町で生活をしていました。

そんな中、周辺ではモンスターが暴れだし始めて、
ある日のこと、薬草を取りに行った村人が帰ってきません。

魔法に覚えがある主人公・アイリは、
村人救出に向かいます。この事件をきっかけに、
ヒロインは村のために行動を行うことになります。

現在のプレイ時間は、2時間ぐらい。
物語としては移動できるエリアが増えて、大きく物語が
動きそうな予感という感じです。

システム面としましては、
制作ソフトがウディタ、戦闘判定はランダムエンカウント。
バトルはウディタのデフォルト、ターン式戦闘。
イメージとしては、ドラゴンクエストに近い感じです。

まだプレイ時間2時間時点ですが、
全体として感じているのはRPG面の丁寧さです。

「アイリ-孤島の少女たち- 速報レビュー」の続きを読む

暗殺・道具を使って非力なヒロインを脱出! 監獄塔のジーナ レビュー公開

気がつけば、詳細レビュー一ヶ月半ぶりぐらいですね。更新遅くて申し訳ないです。

ちょうど一年前ぐらいに公開されました、脱出系エロRPG作品の「監獄塔のジーナ」をクリアしまして、レビューまとめたので公開しました。

監獄塔のジーナ

まとめサイトに掲載している『監獄塔のジーナ レビュー』より、詳細なシステムやプレイヤーによって長所・短所に感じるようなポイントを紹介したものを見ることができます。

「暗殺・道具を使って非力なヒロインを脱出! 監獄塔のジーナ レビュー公開」の続きを読む

淫魔の人形 レビュー

本日公開された『淫魔の人形』。バトルファック系のゲームをオリジナリティのあるシステムで公開し続ける開発室さんの作品です。

個人的にも好きな作品で、前作の『淫魔の遊戯』なんかはすごく面白く、今作もサンプルとか見たら類似しているような感じだったので、新作も購入してみました。

淫魔の人形

プレイ時間1時間が経過して、システムやエロ面も色々と楽しめるようになりました。同時に、エロ面とか強化されている一方、わかりづらいなぁ、面倒だなぁ……と思っている点なども多く感じる作品。

とりあえず購入検討者向けにプレイ1時間時点のレビューのみ先に掲載させて頂きます。

システム等の紹介は別記事でも紹介しているので、合わせてご確認ください。

5分でわかる! 『淫魔の人形』入門

落ちこぼれ系ハンターが魔導人形のような仲間とともに淫魔を倒す


まずはストーリーから紹介していきたいと思います。

ストーリーとしては、淫魔が昔からはびこる世界で、淫魔と戦うためのライセンスを得たハンターと呼ばれる人々がいる世界。

そんな世界で、ハンターライセンスは持つ一方で、あまりセンスが無いため従魔技師の親方の元働いていた主人公が、『ハンターとしての見切りをつける!』として挑んだ遺跡で従魔を見つけ、マスターとして登録されます。

従魔は人の役に立ち、淫魔と戦う役割を持ち魔導人形のような設定で、従魔との出会いをきっかけに、主人公はハンターとして行動を開始するみたいな感じのお話です。

みたいな感じというのは、本作品開発室さんのシリーズでは比較的珍しい、自由度の高い作品なんですよね。ですので、オープニングイベントが終わると自由に大陸中を周ることができるようになり、各地のクエストなどを通じて力をつけ、淫魔の王みたいなのを倒しに行くようなお話になっています。

プレイ1時間時点の感想


実際にプレイ段階別に感じた感想などを記載していきます。

淫魔の遊戯の戦闘を基軸にシステム複雑化。導入は大変かも!


まず、開発室さんの作品はオリジナリティのある作品が多いので、システム面で感じたことから紹介していきます。

システムの基盤は前作『淫魔の遊戯』のリアルタイム戦闘です。
ちょっと説明が難しいので、未プレイの方は下記の画像付き戦闘説明を
見てもらえるとわかりやすいかと思います。

参照:これだけ抑えれば戦える! 淫魔の遊戯の戦闘入門

半リアルタイムの戦闘要素を残しつつ

  • 技系攻撃の追加
  • 序盤からパーティ2人制(かつ仲間の従魔は状況に合わせて2人をチェンジして戦う)
  • 耐性へのカウンターがないっぽい(プレイ1時間時点)

など、全体的にいいところや少し物足りなかったところ、誤操作でミスるといただかったところなどが改善されています。

これはこれで非常にシステム的には良くなっているのですが、もともと複雑に見えた戦闘項目がさらに複雑化しているので、慣れるまでは少し大変です。

もともと開発室さんの作品って慣れるまで大変!でも慣れると面白い!
というのが多いサークルさんなんですが、今作は同サークルさんの作品の中でもシステムが難しく、まだプレイ1時間時点だと掴みきれていないシステムも多く感じています。

戦闘エロはカットイン多数、仲間エッチは超強化されている印象


ただ、戦闘は煩雑さが増えているだけではありません。
個人的にすごくエロ面が強化されているように見えます。

必殺技以外でもエッチカットインが表示されたりして、すごくエロいんですよね。一枚絵クラスの大きなイラストが表示されてダメージ受ける技も多いので、必殺技以外でもエロく見えることが多め。さらに敵の必殺技では選択肢が出て、能力値によって成否が判定。必殺技回避が失敗すると大ダメージを受けたり、成否結果によって台詞が変化したりと。エロ演出・テキスト系はさすがというだけあり、力を感じる作品です。

淫魔の人形

また、今作は『仲間から犯される』という点にすごく改良が入っている印象!
前作も仲間の女性キャラがやられると戦闘中に自分を攻撃してくるという、エロいシステムがあったんですが、仲間に攻撃されていた時とかは少し淡白だったりしたんですよね。

ですが、今作は仲間に攻撃された時とかもガンガンにカットイン出てくるので、『仲間に犯されている感』が非常に強く感じています。『淫魔の遊戯』の評価高くしている関係上、結構この作品をプレイした感想とかも聞くこと多いんですが、『仲間から戦闘中に犯される点が物足りなかった』という声が結構あったんですが・・・

今作については非常に改善が入っていますよーという太鼓判押したいぐらいな印象です。

仲間の戦闘システムは正直面倒!ってのが感想


仲間から犯される戦闘システムについては、非常に改良が入っていて超おすすめしたいんですが・・・
個人的に『仲間の戦闘システム』は改悪に近い感じだなぁ……という感じがしました。

本作品は、2つの人格を2キャラのように交代させながら戦うことのできる従魔が仲間として一緒に戦闘参加してくれます。パッケージ画像にあるメイドさんですね。

デフォルト名・クロとシロは互いにHPを持っており、一方が行動中には一方は待機、戦闘中には入れ替えができます。

そして、前作ではHPが0になった時点で淫魔化して味方を犯すようになる……みたいな感じでしたが、今作では『敵によってコアが破壊される』ことによってフリーダムになり、自分を犯してくるみたいな感じになっています。

そのため、HPが減ってもコアが破壊される前に待機している人格に入れ替われば、敵になることを防げるという、なかなかおもしろいシステムだったりするんですが・・・

この従魔、毎ターンダメージ受けるのがすごく面倒に感じます。

従魔は毎ターンダメージを受けるような設定になっているので、2人入れ替わりながら使ったとしても、スグにHPが減っていってしまうんですよね。一応、主人公の装備品に従魔を回復できるようなスキルの付く装備とかもあるんですが、序盤はとにかく死にまくり、味方を犯してきます。

そのため、スグに回復するために戻ったり、わざわざ回復するためにアイテム使ったりと、レベル上げとかに集中できないんですよね。特に今回はフリー系のRPGなので、自分のレベルのゾーンに合っているのかわかりづらく、レベル上げしようか迷ったりする機会もあるんですが・・・

仲間がスグにヤラれ、敵に回ってレベル上のテンポを崩すので、時間がかかってしまうなーという印象がありました。もし、仲間として行動中はHPが下がるようなシステムを搭載するのであれば、マップ移動中に歩くと一定歩数でHPが回復するとか、待機している方はターン経過中にHPが回復するみたいな、SLGにあるような仕組みとかを導入して欲しかったなーという感じがしました。

HPの減りがとにかく早いので、ダンジョン探索は自然と敵を避けることが前提となってしまい、レベル上げしながら探索するっていうのがやりにくいというのが、戦闘エッチ売りの作品としてはマイナスな感じがしました。

1時間時点の感想まとめ


まだまだ理解しきれていないシステムも多いので、明確によくなっている・悪くなっているとは言い難い気もするんですが・・・

プレイ時間1時間の時点で感じたこととしては

  • エロはパワーアップー
  • システム理解は大変で、プレイしながら把握になりそう
  • レベル上げやダンジョン探索時に面倒に感じる仲間のシステムがある

という感じでしょうか。
システム面とかは、自分の方でも完全に認識できたら、記事でフォローしていけるといいのかなぁ……と思っています。

まだ全部のシステム掌握しきれていないため、何ともいえませんが、エロ面はとにかくパワーアップしている感じなので、エロ面重視で気になっている方は前向き検討でもいいと思います。(即敗北エッチ楽しめる機能もあるみたいです)

ヴィレッジャのパイズリとかエロかったです(笑)

またプレイ時間5時間すぎるか、クリアするか・・・
わかりにくいシステムとかしっかり把握しきれたら、随時更新していきたいと思おます。

取り急ぎ、さわり部分の速報レビューでした。

■今回レビューした作品
淫魔の人形

進撃の殿様 (名前募集企画の戦国SLG) レビュー

シスターファームやマラゴンクエストで知られている
ジャクシークリエイトさん→現zipさんがまた、変なRPG公開されました。

名前募集中の戦国SLG

今回はなんと、名前を募集している戦国RPG。
購入したので、プレイ感想を書いていきたいと思います。
(本記事、10月31日に更新しました)

なお、本作品現在名前をユーザーから募集するという
仕組みを採用しているので、タイトル名を
「名前募集中の戦国SLG」として紹介していきます。

→現在は進撃の殿様というお名前がついています。

プレイ1時間時点の感想


まず、プレイ1時間時点の感想として、冒頭やシステム面の
紹介をしていきたいと思います。

ゲーム概要


イング
このゲームってどんな作品なの?

ロール
自軍の武将の能力をエッチとかで上げたり、兵力である
人口を増やしながら自軍強化。他国に攻め込み
占領した先の姫とかを武将化したりして全国統一するSLG

進撃の殿様は寝てばかりだった主人公が
全国統一を目指しながら占領した先のお姫様とかとエッチしていく
戦略要素の強いSLG系作品です。

RPG設定になっていますが、どちらかというとSLG要素7割、
アクション・パズルゲーム要素が3割といった感じで、
RPG色としては非常に薄い作品だと思います。

侵略した国で女の子を見つけることができると、
エッチシーンに突入。

エッチシーンでは、マラゴンクエストシリーズなどで
使われていた簡易動作+動きのようなもののエッチシーンが展開し、
エッチした相手は仲間になったりします。

仲間になった女性キャラとは、行動数を消費して
いつでもエッチすることができます。
エッチして孕ませることに成功すると、エッチ相手の能力値が
上昇したりします。

人口を消費して部隊を設置していく


さて、今作紹介したいのは戦闘システムです。

イング
戦闘とかって、RPGみたいなの?
それとも陣取り系のRPGみたいな感じ?
ロール
どっちも違うというのが正解かな。
リアルタイムでキャラを配置していく、
タワーディフェンスゲームみたいなバトル

本作品、戦闘システムがシミュレーション要素とタワーディフェンス的な
要素を兼ね揃えていて面白い印象があります。

攻め込み始めると、マップ上部には敵の防衛兵。
マップ南側には味方を配置できるエリアがあります。

プレイヤーは最大4人までの武将を戦闘に参加させられ、
武将を選択した状態で味方配置エリアをクリックすると、
武将の能力を持つ武将の職業キャラが配置されます。

すると配置されたキャラクターは勝手に戦いを始めてくれます。
自分は戦況に合わせたキャラをどんどんと配置していくだけです。

ただし、配置できる数には2つの条件があります。
画面下側にはゲージがあり、配置ごとにゲージが減少。
ゲージは自然回復していきますが、ゲージがないと配置はできない。

職業によって攻撃方法異なったり、ゲージ消費が違ったりするので、
上手く戦況を見ながらタイミング良く配置しつつ、
かつ味方のバランスに合わせたキャラを連れて行く必要があります。

また、キャラを配置させると人口という数値が減ってしまいます。
人口が減ってしまうと、キャラが出せなくなってしまうので、
戦う前にしっかりと人口を上げて挑む必要もあります。

最初は適当においてもクリアしていけますが、
プレイ重ねていくと、うまく配置していかないと・・・

・歩兵が接近する前に大半やられている
・間接攻撃兵出したけど、攻撃アクション溜まるまでに敵の間接攻撃で壊滅

なんてこともあるので、うまく状況に合わせて配置して
いかなければいけません。
この辺のシステムは、状況判断の戦略性、配置位置にすかさず置くアクションなど
が咬み合わってなかなかおもしろいイメージになっていました。

プレイ1時間のまとめ


ゲームとしては、ミニゲーム的な感覚で楽しめるので
なかなか興味深い内容。
エッチシーンは動きと簡易エッチボイスあり、種類も豊富そうですが
1シーン1シーンはちょっと描写短めなので、ある程度妄想は必要そう。
キャラ絵が好みかどうかでエロく感じれるかどうかに大きく差が出そうです。

イング
戦国ランスをパロっている感じもあるので、
戦国ランスプレイ済みの人とかはネタ感も感じるかも!
ロール
戦闘システムとかは戦国ランスと違うから注意。
タワーディフェンスゲームを攻めこむバージョンみたいな感じでイメージするといいかも!

またプレイ時間重ねたら、こちらに追記していきます。

ダウンロード


ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall― レビュー1

今月上旬に公開されたディストピアの略奪者を
リクエストでオススメ頂きました。

エロさとシナリオでオススメ~とのことです。
プレイ開始して1時間経過しましたので、
触りやエッチシーンなどの感想を紹介させていただきます。

ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall―

まず、第一印象として感じたのは過去作とかとは
傾向の違う雰囲気の作品であること。

ONEONE1さんといえば、RPGの開発に尽力されているサークルさん。
うちのサイトでもビッチダンサーズクエストをレビュー済みですし、
まだクリアしてないけど交配士セラの淫乱クエストとかも
ちょっとプレイして放置してたりしています。

ただ、個人的に同サークルさんって、ハードなシチュエーション多いんですよね。
濃厚すぎてあんまり得意じゃなかったりしたので、
エッチシーン面は不安だったのですが、今回は割りとハードさが緩和されている印象。

ハードさが少し抜け、一般的な凌辱作品同等のレベルに近くなっています。
寝取られ~というのが少し全面に出ていますが、
今のところはどちらかと言うとよくある敗北・売春系シチュエーションが多い感じ。

勝利し続けると純愛的な方向で進むし、敗北すると犯されエッチ後、
別ルートに分岐するというような内容みたいです。

自分は純愛的な方向をメインに進めているので、エッチシーンは少なめ。
ほぼ一般的なRPGとして進んでいますが、ボス戦なんかで試しに敗北したところ、
比較的眺めでかつ捕まって肉便器化など、まさに王道的な陵辱エッチが楽しめます。

ゲームとしての難易度はちょい簡単~普通ぐらい。
敵を避けながら進めてもしっかり回復しながら戦えば、
普通に倒せるレベル。

RPG苦手で倒せないという場合でも、レベル上げすれば
どうにかなるレベルの難易度。
シナリオは、伏線が弱く、少し急いでいる感もありますが、
エロRPGという点で見れば、テンポが良いとも捉えられると思います。

1シーン1シーンのエッチシーンも、テキストがしっかりしていて、
かつ文章などもボリュームがあり、凌辱シーンとして非常に楽しめます。

全体的には凌辱シーン中心の抜き・ゲームプレイどちらも
上手くバランスをとっている感じを受ける作品です。

またプレイ時間重ねるか、クリアしたら続きレビューして
行きたいと思います。

ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall―

【速報】 戦国ランス 廉価版 レビュー2

これはやばいな、生活腐敗しちゃいそうなぐらい面白い……

昨日からプレイ開始した戦国ランス、
プレイ時間13時間超えたので感想2回め行ってみます。

戦国ランス 廉価版

戦国ランス 廉価版 レビュー1やってから日が浅いですが、
気がついたら10時間以上プレイしていました。

正式には、9時間ぐらいやった時点で、苦戦気味になり
「もう一回やり直そうかな?」と思って最初から再プレイ。

2回目だからうまく行けるかと思いきや、攻める地方変えていったら
2国に攻められる感じになって、こりゃまたしまった展開になってたりします。

攻め方変えるだけで新しいイベントなんかも出てきたりしているので、
すごく面白いですね。

一回目に「使える!」と思ったキャラなんかも、
2回目やってみると、「あれ、なんかうまく育ってないぞ!」と
思うこともあり、普通にゲームとして面白いなーと思う今日このごろ。

個人的に陣取りゲーム系の名作といえば・・・

魔剣士リーネ(エロゲー)
Deserter’sシリーズ(Android・携帯の全年齢ゲーム)
・ロマサガ3のトレード(陣取りっていうか物件取りゲー)
・桃太郎電鉄タッグマッチ(PSP。陣取りってかすごろくゲー)

の4つと思ってたんだけど、
これはもう名作認定してもいいと思っているぐらい、
今のところ超面白いです。

まだクリアできてないけど、
普通にフルプライス時代に買ったとしても
もう満足したぐらい、ゲームとしては遊べています。

エロは少し好き嫌いがわかれるかも


とまぁ、ゲームとしては今のところ満点。

じゃあ、エロゲで重要なセンテンスである、
エロ面についても、軽く感想書いていきます。

前回は冒頭からエロも結構あって~ということで紹介しましたが、
プレイ重ねても結構頻繁にエッチシーン発動します。

敵の領地を完全に支配した時に領地の美女とエッチしたり
ターン間のイベントとして仲間の女の子とのエッチがでたりします。

序盤とかは比較的領地奪いやすいので、エッチシーンも
体感的には頻繁に発動する印象があります。

ただ、中盤になって攻めて攻められの均衡が出てくると、
膠着状態になりがちなので、少しエッチシーンの頻度は下がります。

また、ヒロインも戦場でやられて死亡してしまう可能性もあります。
自分は1週目でやっとこさ倒せた!と思ったのですが、
好きな弓キャラの子が死んじゃったので、やり直したこともあります。

加えて、ランスシリーズは最近の作品を除き、
ボイスがないことも特徴的。エッチシーンもエロいことはエロいんですが、
描写が一人称よりだったり、差分の量もあるキャラと無いキャラが
わかれているので、少し想像力が必要な面もあります。

以前、RanceVI -ゼス崩壊-のレビュー書いてから、
RanceVIを手にとっていただいた方も多く、エッチシーンについては
色々と声も頂いたりしていますが、RanceVIのエッチシーンと同じような
傾向があるので、RanceVIを手にとったことのある方は、RanceVIを
基準にすると良いかと思います。

ただ、癖がある反面、キャラクター一人一人は非常によく描かれているので、
世界観とかには非常に入りやすい感じがします。

メルマガで忍者の鈴女ちゃん可愛かったとか軽く書きましたが、
上杉謙信も可愛かくてかつ、面白かったです。

まだ出会えてない陣営とかもたくさんあるので、
どうなっていくか楽しみですー。

まとめ


今のところの感想としては、ゲームとしては非常にオススメ。
エロ面についてはランスシリーズの特徴である個性さがあるので、
もしかすると人によって賛否がわかれるかも!

個人的に言えば、ゲームとしてもすごく面白いので、
少しでも気になっているのであれば、絶対に買って欲しい作品だと思います。
騙されたと思って、手にとって貰えれば嬉しいです。

シミュレーションゲームとか好きであれば、
すごく楽しめる可能性大だと思います。

エッチシーンに特徴があるため、レビューする時に
得点100点には出来ないと思いますが、今のまま楽しめれば、
95点超えは確実かなと思っています。

とりあえず、完全にハマったゲームなので、
このまま楽しくプレイしていきたいと思います♪

戦国ランス 廉価版

【速報】 戦国ランス 廉価版 レビュー1

リクエストからオススメ頂きました。
戦国ランス。

戦国ランス 廉価版

学生時代に友人が電車の中で
これプレイしてたってほど、面白いとは聞いてたんですよね。

廉価版で値段も下がったので、
プレイしてみました。

プレイ時間1時間超えたので、最初の感想とか
紹介していきますね。

 

 

今回、リクエストと同時にオススメとかのポイントとして、
全要素をやりこむのはまず不可能で
プレイヤー次第の遊び方がありますよということでした。

自分はどちらかと言うと、自分なりのプレイができるゲームが
結構好きですし、陣取りゲーも好きなのでワクワクしながらプレイ開始しました。

日本国内を舞台にしたSLG系の陣取りゲー


今回紹介する戦国ランス。
日本の領地を取り合うような、いわゆる陣取りゲーなので、
どちらかと言うとシミュレーション色が強いです。

日本が地域ごとに領地になっており、各地はどこかしらの武将が
占領している状態で始まります。

初期プレイでは、領地の小さい織田家から始まりまして、
ランスが織田家陣営を率いて、戦いを行っていきます。

陣取りゲームの場合、いきなり各地域がドンパチ動き出すという
作品も多いですが、本作品はしっかりと宣戦布告とかしないと
攻められたり攻めたり出来ないので、冒頭は色々と手探りプレイが可能。

色々と最初は掴みにくいシステムもありますが、
付属されている説明書を見ながらプレイすれば、10分ぐらいで
ある程度感覚が掴めるかと思います。

コミカルさは今回も! ランスシリーズらしい雰囲気の良い作品


また、なんといってもランスシリーズらしい、
コミカルな雰囲気もいいですね。

ガハハーみたいな雰囲気の主人公なんですが、
織田家に協力する理由もいい意味でひどいですし、
暗殺しに来た忍者ともエッチしちゃうとか。

他のシリーズではなんとも言えない、独特な雰囲気がいい感じ。
一方で、敵・味方キャラ、キャラが立っている感じがすごいので、
普通にコミカルなゲーム感覚で楽しめます。

最近はちょっと暗い雰囲気の作品プレイすることが多かったので、
特に微笑ましさはすごく感じますね!

とりあえず期待しか見当たらない冒頭


プレイ時間1時間ちょっとですが、エッチシーンも3シーンほど見れて、
ゲームの雰囲気もつかめてきたので、今のところは期待しか見当たらない感じ。

強いて言うのであれば、ボイスとかが無いのが少し寂しいですが、
現価格版で2500円以下になっているので、その辺はゲームボリュームとかとの
バランス次第ではコストパフォーマンスには影響してこないかな?と思っています。

色々とルートとか遊び方とかがあるみたいですが、
一応今回も一般的なプレイスタイルと思われる
「1週プレイ」で感想・レビューまで行こうと思っています。

また、元々この作品フルプライスの作品ですが、
現在、廉価版が主流みたいですので、 廉価版の価格を意識して
レビューとかもやっていこうと思っています。

ボリュームとかもありそうなので、また時間掛かっちゃうと思いますが、
まったりプレイしていきたいと思います♪

戦国ランス 廉価版

【速報】 RINASCIMENTO -リナシメント- レビュー2

野郎傭兵たちと冒険続け、
わからない要素ありながらも7時間突破しました。

プレイ重ねておすすめの人とできない人が
はっきり見えてきたので、その辺紹介していきます。

RINASCIMENTO -リナシメント-

他のゲームもプレイしながら進めてたと出、
前のレビューから2週間ぐらい経過しちゃいました。

RINASCIMENTO -リナシメント- レビュー1

前回のレビューでは、取説がないオリジナル満載のゲームなので、
しっかりと腰を据えてプレイする気がないとかなり難し目。

取説がない中古のファミコンソフトを買った時みたいな感じがしますが、
逆に手探りで色々と試せて面白い要素もあったりします。
全部システム把握したい人とかには正直向いていないと思います。

ですが、この作品さらにストーリーとかでも
クセがあるので、このクセが合うか合わないかで大きく変わると思います。

今回は個人的に感じたクセ4つについて、紹介していきます。

中世の世界観みたいな伝奇シナリオ


まず一つ目。
この作品、中世の世界観をうまく絡ませてきています。

宗教的な世界観もありますし、魔女裁判みたいなものも。
全体的な世界観が中世ヨーロッパ的な感じなので、
中世とかの世界観が好きなら深くのめり込める可能性があります。

反面、あまり中世の世界観とかに興味が無いと、
用語とかが少し難しく感じてしまう可能性があると思います。

個人的にちらっと思ったのが、アニメ版Fate zeroとかみたいに
なんか中世っぽい世界観を感じながら楽しめる作品とかが
好きな人だと、もっと楽しめる気がします。

個人的にあまり中世の世界観とか得意じゃないので、
自分の場合は用語とかが難しくてちょっとこんがらがっちゃうことも。

プレイを重ねていくと少しずつストーリーも楽しめるんですけど、
値段も高い作品ですので、歴史的なことを絡ませているストーリーが
好きな人の方がシナリオ的には楽しめる作品だと思います。

選択肢の多い作品が好きな人


2つ目が選択肢が多いこと。

この作品、キーポイントとなるようなところで
選択肢が出てくることが多いんですよね。

友好度とか本編分岐に関係しているのかとかはわからないのですが、
細かに選択肢が出てくるのは、色々と考える機会も出て個人的には好印象。

特に、さっきプレイしていた箇所なんかは、選択肢の組み合わせで
仲間の男性の生死に繋がっていたので、3回ぐらいやり直しました。

名探偵コナンのゲーム並みに、考えながらやらなきゃいけないパートだったので、
うまく正しい選択肢を組み合わせた時は、すごく嬉しかったですね!

ちょっと変わったヒロイン


3つ目。メインヒロインっす。

エロRPGって、エロゲーですから、良い意味で言えば
あまり癖のないヒロインが多いと思います。

ただ、本作品メインヒロインっぽい女の子が今作品では

・耳が聴こえない
・うまくしゃべれない

という設定になっています。
そのため、一般的なヒロインの作品に比べると
魅力が伝わりにくい可能性もあると思います。

この辺はもしかすると何かしらの伏線かもしれませんが、
一般的な抜きゲに慣れているプレイヤーの中には
少し掴みにくいと感じてしまう可能性もあるかと思います。

ただ、あくまで掴みにくいか掴みにくくないかというところです。
エロゲとかだと、性病とかをネタとかに使う作品もありますが、
今作は耳が聴こえない、しゃべれないという姿を丁寧に描いています。

深い作品ということも踏まえて、メインヒロインを
見ていくといい作品だと思います。

細い「面倒さ」が多い作品


最後のクセは「細い面倒さ」が多いことです。

例えば装備購入画面での情報が少なかったり、
消耗し過ぎると武器壊れるけど、武器壊れた時に何にも
説明とか無かったり。

味方回復した後も攻撃とかの対象がそのままになるので、
回復した直後にうっかり攻撃してしまう可能性があったり。

ファミコンとかのゲームではよくあった
レトロ感が感じられる一方で、一般的なエロRPGよりかは
面倒さや操作ミス、手間などが発生する作品です。

同人ゲームの場合、どうしても細い面倒さが出てしまうこともあるんですが、
この作品は面倒さがある作品の中でも結構なレベルです。

昔のレトロゲームとかやってて、手間だった頃とかわかれば
レトロ感と感じて割り切れると思いますが、最近のゲームプレイに
慣れている人は、ストレス溜まる可能性が高いと思います。

取説がほぼない状態になっているため、システムも手探りで
やっていかなければいけないため、面倒なこととかが嫌いな人は
シナリオ云々の前に、絶対にプレイしないほうが良いと思います。

まとめ


ということで、4つのクセについて紹介してきました。

個人的に言えば、このクセの中でも「中世っぽい世界観」がダメで、
「3Dダンジョン」の作品でもあるので、この2点からちょっとキツイな?

と思うこともあります。
(プレイしながら4回ぐらい寝落ちしていますw)

ただ、描写とかは丁寧ですし、システムも分かる範囲だけでも幅広く、
自由度の高さも感じられる作品。

自分の場合は、最初の頃に安く契約した傭兵をずっと雇ってたので、
プレイ時間7時間まで鎧おっさんばっかりなパーティでした(笑)

強制パーティがあった関係で仲間見直し、
7時間経過で女傭兵雇ったので、少し華のあるパーティになりましたw

エロシーンも村人とかのエッチが多いので、色々なヒロインとの
エッチが楽しめるという点では面白いですね。

作品の特色的に好き嫌いが別れる作品ですので、
DL数多いとか、厳し目の評価も多いDMMさんで評価高いから
とかだけで踏むと大事故になる可能性も秘めています。

レビュー自体少ないので、参考になる口コミ少ないんですが、
DLsiteさん・DMM同人さんのレビューに加え、
エロゲクチコミ投稿の「ErogameScape -エロゲー批評空間-」さんの
レビューが結構しっかりとしたことが書かれています。

この辺のレビューも色々なクチコミも見てもらって、
自分に合うのかどうか照らしあわせてもらったほうが、
価格以上楽しめるか、価格が高く感じるか判断の参考にもなって
良いんじゃないかなと思います。

■参考
DLsiteさん RINASCIMENTO -リナシメント-
DMMさん RINASCIMENTO -リナシメント-
ErogameScape -エロゲー批評空間-さん RINASCIMENTO -リナシメント

RINASCIMENTO -リナシメント-

【リク】 DEMON’S SWORD SNAKES ~呪い蛇の甘き夢~ 速報レビュー

リクエスト通して、オススメ頂いた
「DEMON’S SWORD SNAKES」をプレイ開始しました。

お勧めいただいただけあって面白いですね。
一緒に冒険する女の子たちも可愛い……。

DEMON'S SWORD SNAKES ~呪い蛇の甘き夢~

さて、本日プレイしたのはレビューリクエスト頂きました、
「DEMON’S SWORD SNAKES ~呪い蛇の甘き夢~」です。

頂いた情報では、システム周りと冒険している感のある
物語がオススメということ。

皆さんからオススメして頂く作品はいつも本当に面白いものや
ゲームとして面白いものも多いので、期待しながらプレイしているんですが・・・

今回もすごく面白くて、気がついたらぶっ続け2時間プレイしていました。
今日は2時間ぐらいまでのプレイ感想紹介していきます。

エッチになる呪いを解くために冒険をする


物語は、淫魔の呪いを掛けられてしまった主人公と
女性2人が淫魔を倒して呪いを解くことを目的とすることから
始まっていきます。

制作サークルさんはE.B.さん。
以前レビューした「プロナント・ストーリー ~大悪魔の秘法~」など。
純愛要素も混じっている作品を公開されているサークルさんです。

■参考
プロナント・ストーリー ~大悪魔の秘法~ レビュー

今回はヒロイン達も主人公もエッチになってしまうような呪いを
掛けられてしまっています。

そのため、ある特定のポイントに行くとエッチできる選択肢が現れます。
エッチすると呪いの進行度が上がってしまい、呪いが進行するとさらに濃厚な
エッチシーンとかが楽しめるようになる仕組みです。

その他にも、イベントでエッチシーンみたいなのが出ることもあり。
陵辱系というよりかは、お互いが発情したことによってエッチしてしまうような
純愛~凌辱の合間みたいな感じ。

凌辱やMシチュとかが多いエロRPGの中では、珍しいタイプのエッチシーンですね!

か、回復魔法の使うタイミングを選ぶだと!?


そんなエロ的な特徴も兼ね揃えた本作品。
システムもなかなかおもしろいのでちょろっと紹介して行こうと思うんですが、
エッチ関係のお話に関連して紹介したいのが「回復魔法」の仕組みなんですよね。

エッチすると呪いの進行度が上がるって書いたんですが、
本作品では「回復魔法」を使った場合、回復魔法の対象になった
キャラの進行度も上がってしまうのです。

そのため、呪いの進行度を上げたくないなーという場合は、
回復魔法のタイミングもしっかりと考えなければいけないんですよね。

あまり回復魔法で縛りとかができるような仕組みを搭載している
エロRPGとかって、見かけない気がするのでこれは斬新な感じがしました。

自分とかはあまり一周目にエッチ度合い的なステータス上げたくない派な
人間ですので、ヒール使うタイミングとかすごく迷っちゃいます。

実際にプレイ2時間やって、途中まではなんとか回復アイテムで済ませてたんですが、
最後の最後でちょろっと使っちゃいました。

なんか自分が回復魔法使ったせいで、ヒロインの女の子たちの
エッチな呪いが進行してしまうと思うと、なんか悪い感じがしますね。

このシステムは人によって賛否別れるかもしれませんが、
個人的には独創的ですし、アイテムとかも結構充実しているので、
好感のもてるシステムだと思います。

アイテム合成で経験値取得


アイテム関係で言えば、本作品合成システムも面白いんですよね。

合成システムを採用しているエロRPGって結構多いんですが、
本作品の場合は装備などもほとんど合成で作成していきます。

1つの装備を作成すると、さらに新しい装備が合成可能になっていく感じ。
さらに、装備にはスキルが割り振られており、装備した状態でスキルポイントを
取得していくと、使用できる技が増えていきます。

レベルアップでも技取得ができますが、
武器でスキルを取得していくとレベルに関係なくいろんな技が
使えるので、なかなかおもしろい感じですね。

加えて、装備などを合成すると経験値をもらえるというシステムも搭載。
消耗アイテムを除き、アイテムを合成するとその場で経験値が取得できます。

そのため、素材とかが集まって一気に合成作業とかを行うと、
どんどんレベルアップしていくので楽しい。
経験値をもらえるアイテムは各アイテム1度きりしか作成できませんが、
合成で経験値が手に入るというのも斬新でした。

中盤以降のシナリオに期待


他にもシステム系で言えば、サーチ機能みたいなの使って
図鑑登録したモンスター相手だとオート戦闘可能なシステム。

多彩なサブクエスト。
サブクエスト攻略や商品購入などで上がっていく功績。
能力上昇に傾向がある戦術。

主要目的地にはマーク付く機能やサブクエ確認・街移動に役立つシステム等。
ストレスフリーややりこみに繋がる機能も搭載されていて、
全体的にレベルの高さを感じられる作品です。

強いて言うのであれば、中盤以降のシナリオでしょうか。
現在プレイ2時間ぐらいでシナリオが一段落つき、
新しい感じの展開が来たので、どう広がっていくのか楽しみ。

ただ、モンスター図鑑的にはもう結構詰めている感じなので、
結構早く終わるのか?とかも含めて色々と楽しみです。

またプレイ時間重ねるか、クリアしたらレビューもしていきますね!

DEMON'S SWORD SNAKES ~呪い蛇の甘き夢~

【速報】 RINASCIMENTO -リナシメント- レビュー1

独自のシステムがおすすめということで、
レビューリクエストもらいました。

確かに独自システムはいいんだけど……
サークルさんの事情で今はあんまりおすすめはできないかも。

RINASCIMENTO -リナシメント-

さて、今回レビューリクエストもらったのは、
RINASCIMENTO -リナシメント-。

2010年に公開された、エロRPGですね。

中世のヨーロッパを舞台にしたような作品。
まだ完全にストーリーつかめていない感じもありますが、
傭兵をしていた主人公が、雇われ先没落に伴い、自由な村に流れ着き、
依頼を受けながら色々な場所へ冒険を行って系統のお話です。

マップなどは3Dダンジョンのようなもので構成されており、
バトルはランダムエンカウントのアクティブバトル。

さらにバトルでは、敵・味方がそれぞれ3×3の配置がされており、
武器や攻撃方法によって距離が届いていないと攻撃できない。
また、攻撃した装備とかによってレベルとかもあるみたいで、
戦闘方法によって成長が変化。

傭兵などのシステムもあり、かなり独自性が光る作品です。
正直、値段高い作品だと思うんですが、中世っぽい世界観とかも
魅力的に感じる点もありますし、細い立ち絵とかもいっぱいあるので、
値段面はそこまで気にならない気がします。

独自性高いからこそ、おすすめできない理由


とまぁ、ここまで独自性の高さを紹介してきました。

リクエストの頂いた時も、独自性お勧めいただいただけあり、
確かにシステム面的には面白い感じもするんですが……。

ヘルプがほぼ無いので、所見だと正直わからないです。

ここ、重要です。

正式には、ヘルプはあったんでしょうが、
今は見れない状態になっているんですよね。

というのも、この作品オンラインヘルプ……
いわゆるサークルさんのサイトにヘルプが掲載されていて、
ヘルプはサイトを見てね♪形式になっています。

ですが、2015年9月時点では、サークルさんサイトが閉鎖してしまっているので、
実質ヘルプが無いのと同じような状態になっています。

ですので、この独自性満載のシステムを手探りでやっていかなければならず、
システムを読解していくのがすごく難しい(笑)

実際に、最初みなよつがプレイした時も、
一番最初のチュートリアル的な頃で
操作方法がわからず、初戦で敗北してしまいました。

理由としては、なんかいつの間にかに敵をかばう状態にしてたみたいで、
味方の攻撃が当たらないような感じになってたんですよね。

さらに再度プレイした時も、『なんか初戦にしてはターン数掛かるな』とか
思っていたら、攻撃方法が間違えていたらしくて……

「私の剣は突くがいいぞ。殴るとかやるなよ!」
と、キザな味方キャラが戦闘終了してから説明した時には、
『そういうことは所詮の前に言えよ!』と思わずツッコんでしまいました(笑)

未だに逃げる方法とかもわからないので、手探り状態続いています。

もったいなさ光るシステム良作


ヘルプが見れないので、正直な感想としては
システムの独自性差が難解を生んでしまっており、
逆効果に感じてしまってます。

すごくもったいなく感じてますが、
もしレビューリクエストいただいていなかったら、
面白そうだけど放棄してたかもなぁ……

とちらっと思ったりもしたので、
実際に手にとっと頂けるかもしれないのであれば、
あまりオススメできないという結論も検討しなくちゃ
いけないのかなぁ……とか思っています。

自分で全てのシステム完璧見きれていれば、
捕捉とかもできるんでしょうが……

サークルさんと連絡付けられるようなら、
オンラインヘルプ公開させてもらう交渉したいぐらいです(T-T)
誰か連絡先知ってたら、教えて~。

本当に面白そうな作品なのになぁ……
う~ん……。

またプレイ続けて、分かる範囲でフォローとかもできればいいかなぁ……
と思っています。
アイマイな感じで申し訳ないです。

【追記】
7時間突破した感想更新しました。
RINASCIMENTO -リナシメント- レビュー2

RINASCIMENTO -リナシメント-

【速報】 Trial Fantasy レビュー

先日から何度か紹介させてもらっている
無料エロRPG「Trial Fantasy」

同人ダウンロード

メルマガでご縁があった関係で、紹介ページとかも
フリーエロゲ制作所で公開させてもらっています

Trial Fantasy 紹介ページ(フリーエロゲ制作所)

無料作品ながら結構なボリュームとゲーム性があり、
自分もサイト制作とかは協力させてもらったのですが、
まだプレイしきれてないんですよね。

せっかくですので、知り合いの作品とか関係なしに、
プレイした感想とかをいつも通り書かせてもらいたいと思います。

今回はプレイ時間2時間半時点の感想を書いていきますね。
携わったからって、しっかりとマイナス点も触れさせてもらいますー。

まず本作品のシナリオは、自由騎士という形で旅している
主人公・セーラがとある街にやってきたことから物語が始まります。

自由騎士は、ギルドでは受けてもらえないような依頼も受ける、
人々のために剣を振るう戦士。訪れた街で、盗賊に困る隣村の女性に
出会い、彼女の村を助けるために動き出すことから物語が始まります。

戦闘方式はターン形式のエロRPG。
3Dカスタム少女と、精液系の素材集のを組み合わせた画像と思われる
画像を使用してエロシーンは構成されています。

多分皆さん気になるのが、「カスタム少女」という点だと思います。
カスタム少女作品って、言い方悪いかもしれないんですが、
かなりクオリティの差が出るんですよね。

サキュバスネストのような良作もあれば、
ただキャプチャして貼り付けただけという場合も
有料配布だったとしても、よくあるんですよね。

それが良いか悪いかは、色々な見方があると思うのでなんともいえませんが、
逆に3Dカスタム少女画像をどう活かしているか?というのでサークルさんの手腕が問われるところでもあります。

■参考
サキュバスネスト レビュー

今回のTrial Fantasyで言えば、差分もしっかりと用意していますし、
アングル変化などもエッチシーン内では搭載。
描写も中規模ぐらいのものをしっかりと入れているため、
3Dカスタム少女利用に甘えることなく、丁寧な作りが見られる作品です。

また、戦闘難易度も比較的しっかりしています。
装備品整えないとかなり苦戦する場合もありますし、
一方で逃走はしやすいように仕組み化されています。

ボス戦は若干数押しの場面が目立つような気もしますが、
戦略を立てていかないと負けちゃうぐらいな難易度でやりごたえもしっかり出しています。

加えて、ビギナーズハウスと言う初心者の館的なものも
しっかりと作成されているんですよね。

無料作品って、こういうガイダンス系とか細いゲームバランスとか
大雑把なことも多いんですが、非常に作りこまれている印象があります。

エロシーンも、30分に1回ぐらいかませられるように、
イベントや街中エッチを搭載しているのも好印象ですね!

じゃあ、逆にマイナス点に感じたことは何か?
ということになってくると思うんですが、「イベントエッチ」です。

上記で記載していますが、この作品エッチシーン中規模ぐらいで
しっかりと描かれています。また、イベントなどでエッチシーンが出ることもあります。

一方で、ボス戦とか準備満タンで挑んだ場合でも、
結構負けちゃったりするんですよね。ですので、ボス手前から
やり直すことも多いんですが……

ボス戦の前に、イベントエッチがあることが多いんですよね。
イベントエッチを見てから、ボス戦に挑むということがあるので、
リベンジするときは必ずエロシーン見なおさなきゃいけません。

会話スキップ機能も搭載はしているんですが、
動きとかも適度に入っているので、どうしてもスキップ機能だけでは
最速というわけにはいかない感じ。

何度も敗北をし続けてしまうと、またエロシーン見なきゃいけないのかと、ストレスに感じちゃう人もいるかもしれません。

もうちょっとエロシーンとボス戦のイベント構成も配慮されていると
今以上に初心者でもプレイしやすかったのかな?とか思いました。

例えば、エロイベント見てボス戦に繋げるのではなく、
ボス戦敗北でエロシーンになるとか、ボス戦手前で、
「その頃ボスの部屋では……」みたいな感じでエロシーンを見せて、
セーブできるような仕組みとかだといろんなプレイスタイルでも
スムーズさが両立できたのかな?と思いました。

とはいえ、全体的にはシステムとかもこだわっていますし、
会話回しもよくできているので、無料ゲームとしては
十分遊べる内容になっていると思っています。
(個人的に一番マイナスっぽいなーと思ったのが、
これ低価格ゲームとかでも十分通用しそうなのに、
無料にしちゃってるんだーということですw)

3Dカスタム少女の作品って、一時期量産作品とかもあり、
少し拒否感ある人もいると思うんですが、
しっかり作成した作品もあるんだよというのを知る機会としては、
無料ゲームですし非常に良い作品だと思います。

少し携わらせてもらっている手前、ヤラセっぽく感じられちゃう
人もいるかもしれませんが、王道RPGが好きな人とか、
カスタム少女ってだけで嫌悪感抱いている人にはオススメしたい作品です。

同人ダウンロード

【速報】 もんすとらっく! レビュー1

本日、木工用ノスタルジィさんによる新感覚BF作品
『もんすとらっく!』が公開になりました。

もんすとらっく!

スローライフ×BFでバトルファックのちょっと一歩先へ……
というとですので、バトルファック好きとしてはチェックしておくべきかなと思いましたので、実際に購入して1時間ぐらいプレイしてみました。

ちょっと良いところ・悪いところ感じたので、紹介していきたいと思います。

まず、良かった感じに見えたところから紹介していきます。
この作品、すごくまったりとした柔らかい雰囲気があるんですよね。

敵のイラストも可愛らしい感じに仕上がっていますし、
会話回しとかキャラクターも柔らかい感じが魅力的。

とはいえ、バトルファック好きの方はMシチュ好きな方も
多いので、『えっ、じゃあMシチュは無いの?』と思われるかもしれませんが、
威圧するようなものがないというわけではなく、威圧的な台詞も優しい感じに描かれています。

ですので、どちらかと言うと命がけのエッチを楽しむというのではなく、
イチャラブとか、あまあまMシチュとかが楽しめる作品です。

この辺はスローライフをコンセプトにしている作品とは
非常に相性が良い作品ですね!

では、反面悪いところも紹介していきましょう。
全体として柔らかすぎる感じもあるんですよね。

バトルファックシステムもボイス効果音ついていたり、色々な台詞も出たり、矢印キー操作中心でプレイできるなど、魅力的なポイントも多く、非常にこだわりも感じられるんです。

ただ、特に目的も無いですし、大きなイベントも今のところなし。
一日にできることもあまり無いので、あくまで『モンスター娘』と
エッチを通して仲良くなるだけという色合いが強く出てしまっています。

ですので、個人的には『ロールプレイング』になっていますが、
モンスター娘との友好度を上げる『シミュレーション』色が強いと思います。

エロゲー関係で言うのであれば、最近あまり見かけないけど
数値を上げていくタイプの『調教シミュレーション』ってあるじゃないですか。

それのあまあま&モンスター娘&仲良くなる版みたいな感じでしょうか・
ですので、バトルファックの進化版と言うよりかは、
あまあま版育成シミュレーションエロゲーといったほうがピンとくると思います。

この辺は評価が別れると思うのですが、一般的な敗北エッチとかの
緊張感あり・搾り取られ要素ありのバトルファックを強く意識していると
もしかすると物足りなさとかも感じてしまう可能性はあると思います。

バトルファックゲームを結構やっている個人的な感想としては、
もうちょっとエッチシーンに関しては、あまあまでもシーンにメリハリは
あってもよかったのかな?と感じる場面もありました。

あまあま系含んでいるバトルファックとしては
欲望の塔さんの『デザイアダンジョン』がうまくあまあま・搾り取りの
切り替えをうまく作られているなぁ……とおもった記憶があります。

特に今作は『Incubus Fantasy』とかで
使われているサイドの会話表示による台詞中心の会話で強く出ないので、
メリハリ出しちゃうぐらいのほうが、体感的なエロさは強く出たんじゃないかなーという感じがしました。

個人的におすすめするなら、バトルファック的なエロさというよりかは、
イチャラブ仲良くなる楽しさかな?と思っています。

とはいえ、まだプレイ時間1時間ぐらいで、10日間ぐらいなんですよね。
特にエンディングとか無いみたいなので、もう少し楽しんでみて、
雰囲気完全に掴んだら詳細レビューとかもしていきたいと思います。

柔らかい雰囲気とかが好きな人は、チェックしてみてくださいね♪

もんすとらっく!

【詳細】 むっち無知 田舎生活 レビュー

今日新作も公開された「むっち無知」1作目クリア&詳細レビュー公開しました。エロシーン探す系のゲームですね!

むっち無知 田舎生活

むっち無知 田舎生活 レビュー

プレイ時間は本編30分ほど。
エッチシーンが多いので、エッチシーン探すと2時間ちょっとこしました。

田舎生活と書かれていますが、田舎というよりかは
ちょい郊外都市っぽい街を舞台に、体だけ成長した女の子が
エッチな要求にもガンガン聞いてしまうようなお話。

RPG制はないので、先日紹介した
「少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らし」とか
「犯されクエスト」同じく、エッチシーン特化の作品です。

ただ、ヒロインがエッチな要求も明るい感じで答えているので、
両作品とかよりは万人受けする作品かと思います。

■参考
少年と痴女おねえさん達の幸せHなアパート暮らし レビュー
犯されクエスト レビュー

なんといっても、ヒロインが男たちの要求に対しても、
男の子っぽい性格の子供らしい感じで返していくんですよね。

「おっぱい触らせて」→「減るもんじゃないしいいよ!」みたいな。
無知系のエッチ作品いくつか持ってるんですが、明るい感じの無知で
特徴的だなーという感じがしました。

戦闘とかがないので、あくまでエッチシーンを見たい時に
プレイする作品だと思いますが、値段もいい感じでボリュームも合っていいんですよね。

ちょうど今日、続編とかも公開されたので、
続編と合わせて一気プレイなんかもいいかもしれないですよ♪

■参考 続編
むっち無知 修学旅行

むっち無知 田舎生活

【速報】 姫騎士レイチェル レビュー1

エロアニメ&戦略バトルが光る「姫騎士レイチェル」。
女騎士さんが目的のために売春エッチする姿も注目です。

姫騎士レイチェル

今日プレイ開始したのは、姫騎士レイチェルです。
以前から手にとって頂くことも多かったので、プレイしてみました。

お話としては、開かれそうなゲートを防ぐために
騎士でもある王女様が頑張るお話。

4人パーティ製の戦闘で、ノンターンを採用。
素早さに応じて敵・味方の行動順が順番に回ってきます。

誰がどのタイミングで回ってくるかは表示されているので、
うまく敵の行動を邪魔する技とかを使ったりして戦略的に
戦う楽しみがあります。

今日プレイ開始して2時間一気にプレイしたんですが、
今作の特徴は「女騎士さんが目的のために売春エッチする姿」というのが
非常に力が入っている印象があります。

姫騎士レイチェルはお姫様ながら、今回の任務勝手に飛び出して
やっている感じなので、王国からの援助などは受けられません。

そのため、お金も必要だと感じているところに、
エッチが好きな女性の仲間に「売春」での資金稼ぎを
提案されるんですよね。

最初は「エッチなんかいけないこと」と考えているんですが、
仲間が売春している姿を見てしまったり、仲間の理論的にも見える
説得などを見て「仕方ないからエッチする」みたいな考えに変わっていきます。

さらにエッチ頻度が上がると、受け入れていく感じが非常に良く出ています。

エッチシーンでは、簡単な簡易アニメーションも搭載。
音演出が弱いとか、台詞と一緒にアニメが表示されないという残念な
ポイントもありました、アニメとかは滑らかですし、
エッチシーンのボリュームも多め。

一部ボスキャラには敗北エッチもありますし、
頻繁にエッチシーンも出るので、なかなか楽しい感じの作品ですね!

本編シナリオとかもがっちりし過ぎていなく、柔らかすぎもない、
安定的な感じで楽しみやすいのも特徴的。
すごくたくさんある称号や自由な育成ができる成長システムなど、
やりこみ的な要素もたくさん。

コスチューム機能もあるんですが、内容も幅広くてすごいなーと思います。
仲間との会話イベントも多く、まったりかつエロもガッツリ楽しめる作品です。

まだプレイ時間2時間ですが、ちょい中盤~中盤前ぐらいまでなのかな?
引き続きプレイしていきますが、現時点でも独自性を感じられ、
しっかりと作成されている感じが伝わってくるエロRPGです。

またプレイ時間重ねましたら、レビューしていきます。

姫騎士レイチェル