もんむす・くえすと!前章 ~負ければ妖女に犯される~ レビュー

もんむす・くえすと!前章 ~負ければ妖女に犯される~

もんむす・くえすと!前章 ~負ければ妖女に犯される~は
人類と魔物の共存を目指す勇者見習いが
魔王退治の旅に出発し、同行者のアリスとともに
各地の事件や頼まれごとを解決しながら、
魔王の城を目指すという話になります。

前章、中章、終章の3章構成で、
本レビュー記載時には中章までが販売されています。

DLsiteでは、アドベンチャーと書かれていますが、
戦闘項目等はほとんどRPGに近い形ですので、
今回RPGとして紹介させて頂きます。

「もんむす・くえすと!前章 ~負ければ妖女に犯される~ レビュー」の続きを読む

魔剣士リーネ レビュー

魔剣士リーネ

魔剣士リーネは一砦の指揮官であった主人公の
祖国が帝国によってほぼ占領されてしまい、
領土奪還や妥当帝国を目指していく、
陣取り形式のエロSRPGです。

陣取り形式なので、正式には完全なSLGかも知れませんが、
戦闘などもありますので、SRPGとして取り上げさせて頂きます。

可愛らしいキャラクターや純愛色満々そうなイラストながらも、
シーンの大半が寝取り系という。
高いゲーム性と相まって注目できる作品だと思います。

「魔剣士リーネ レビュー」の続きを読む

ロマンス・オブ・ファンタジー エロRPGレビュー

ロマンス・オブ・ファンタジー

ロマンス・オブ。ファンタジーは
城の兵士に志願した主人公でしたが、
城が魔物達によって襲われてしまいます。

魔物達に占領される前に何とか逃げ出すことが出来た
主人公たちが、城を奪還するために、冒険を行なっていく
作品です。

奪還の中での成長、出会い、そして生まれてくる
新たな問題。
典型的な王道系シナリオとボリュームのあるシナリオ、
その中にしっかりとオリジナル性も盛り込まれている
高レベルなエロRPG作品です。

「ロマンス・オブ・ファンタジー エロRPGレビュー」の続きを読む

お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG- レビュー

お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG- Ver1.03

お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG-は魔女であるお師匠様と魔法を学ぶために師匠のもとで修行を続ける主人公が師匠の魔力が弱くなったことから封印が溶けた洞窟に再度封印をしに行く王道系RPGです。

シナリオやメインの戦闘システムは王道形式ですが、戦闘中に師匠が主人公へセクハラ(エロ行為)を行えることや街中を裸で歩くことが出来るなど、エロに特化したRPGの仕組みなども取り入れられている中編作品になります。

なお、本レビューは無印のお師匠様と僕のレビューになります。完全版の元導入バージョン、およびDMM等で販売している完全版ではありませんので、ご注意下さい。

「お師匠様と僕 -どこでもセクハラ☆おねショタRPG- レビュー」の続きを読む

ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~ レビュー

ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~

ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~の概要


ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~は
悪の組織を壊滅させた戦うヒロインの3人が、敵の残党がいると思われる
謎の研究所にて、植物型女怪人と対峙する姿を描いた短編ADV作品です。

本作品は2つのストーリーが搭載されており、植物怪人が
一般の男性を襲うHシーン主体のストーリー。
もう1本は正義の味方達が侵入し、植物怪人たちに負けてしまう姿を
描いている短編ストーリーに鳴ります。

こんなシチュエーションがあります


・植物型の女怪人がやってきた男を捕まえ、犯す
・正義の味方達を触手でスパンキングしながら触手で愛撫等を行う
・一人でやって来た正義の味方の体内に入り込み洗脳
・敗北した正義の味方に種付け、蟲出産

Hシーン主体のストーリーでは女性上位の責め、
もう一方のストーリーでは戦うヒロインが触手や洗脳された仲間の罠で
追い込まれてしまい、最終的には人外を孕まされてしまう凌辱的な
シーンを楽しむことができます。

ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~の特徴


本作品は商業作品とコラボした低価格短編作品企画の
「ブランドニューストア」製の作品です。

そのため、商業メーカーが作成しながらも、ボイス付きで
700円以下で購入できる内容となっています。

ディバインハート カレン ~姦墜洗脳の罠~』という
商業作品を元としていますが、正義の味方3人が過去に戦った
悪の組織の残党狩りを行っている途中に敗北してしまうような
シチュエーションという立ち位置でプレイすれば、過去作品の
プレイをする必要もないです。

アルラウネ(植物系の女怪人)がテーマなので、触手で正義のヒロインを
少し傷めつけながら感じさせるようなシチュエーション。
さらに、植物系の怪人が戦いやすいような場所で、正義のヒロイン達が
苦戦しながら戦う描写を楽しむことができます。

ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~をおすすめする人


・正義の味方が敗北するシチュが好きな方
・魔物が一般人を襲うシチュエーションが好き
・ボイスや洗礼されたイラストにこだわる方

ディバインハート カレン SP シーズン2 ~逆襲の魔物娘・アルラウネ!~の総評


★8つ
(10段階評価)

植物施設で植物型のモンスターに苦戦しながらも、
油断から触手で犯され、最終的には苗床になってしまう。

そんなシチュエーションを楽しむことができる作品です。
触手責めはスパンキングなどもあるため、愛のあるエッチというよりかは
少し痛々しく責め込む様子を楽しむことが出来ます。

残念だったのが、アルラウネが直接的に責めるような
シチュエーションが少なかったこと、

魔物娘が直接責め込むのは対男性が中心で、あとは触手責めなどに近い、
間接的な責めが多かったため、アルラウネ責めというよりは、
様々な自然生物の責めを集めている作品という感じがしたことです。

そのため、アルラウネとのエッチシーンを楽しむというよりかは、
ジャングル的な自然で様々な凌辱をされる作品という感じがしました。

ダウンロードショップ


ファンタジーの館 TOP

当サイトのレビュー・評価基準について

エロRPG情報局では、
「よりプレイヤーさんがサークルさんのファンになってもらえるように」
という想いを込めつつ、エロ同人作品のレビューを不定期掲載しております。

プレイヤーさんが望む作品と出会えることで、
サークルさんのファンになってもらうことこそ長期的に
良い関係を築けると考えておりますので、
良い点・悪い点包み隠さずに掲載しております。

評価基準について

エロRPG情報局では、作品選びの基準として
レビュー時に作品への評価制度を実施しております。

独自の基準で実施しており、
エロRPGでは1点~10点(旧評価は1点~100点)、
ファンタジー作品では★1~★10の10段階評価を
基本としております。

あくまで個人的な基準、オススメ度合いとしての
評価制定をしております。

評価は、下記のような要素を強く意識しています。

「その作品をプレイして良かったと思える」
「誰かに話したくなるような内容だった」
「この作品だからこそ出会える体験だった」

具体的な評価基準としては、以下のようなことを考えております。

作品コンセプトの適切さを感じられる

エロRPGはエロ重視のものから、ゲーム性重視のものまで
様々な作品が登場しています。

当サイトでは、作品のコンセプトの適切さを感じられるかを
作品評価時に重視しています。例えばエロ特化の探索系作品であれば
「エロのボリューム」や「エロの方向性」「文章力」などを重視しています。

ゲーム性重視で作っていると感じられるものはエロよりも
「ゲームバランス」や「やりこみ」などを特に重視して評価反映しております。

抽象的な表現になりますが、
「この作品はこんな作品でこんな感じのが凄いんだよ!」と
話したくなる作品ほど、基本点を高くしています。

最終的な印象や道中の退屈さによる増減点しています

当サイトのレビューでは、レビュー内に記述がない限り、
一般的なプレイスタイルと思われる「1週プレイ」の感想を中心としています。

通しプレイをするからこそ、エンディングや山場が強く印象に残るものなどは
プレイしてよかったと思える傾向が多いため、得点加算することが多くなります。

一方で、道中に退屈さを強く感じた作品などは減点する場合があります。
特に理不尽さやプレイ中に眠気を感じるようなつまらない作業を
感じるときなどは、「リタイアする可能性が高い」と判断し、
得点を大きく下げる場合がございます。

独創的な作品について

同人作品では、その作品だからこそできる体験を味わうことが
できるような作品も多くあり、個人的には独創性などを感じられる作品は
加算するケースが多いです。

コストパフォーマンスについて

価格に対して内容が濃厚であるような
コストパフォーマンスが良い作品については、
「コストパフォーマンスが良い場合」のみ加算しています。

なお、2017年7月より以前の100点満点式評価は
コスパの悪さを得点に反映しているケースがあります。
(順次、新規格に反映しております)

画像の掲載について

当サイトでは、記述がない限り、
利用許可されている範囲でのみ画像を利用しております。

プレイ画像掲載を推奨する声もありますが、当サイトでは
画像1枚1枚にも金銭的な価値があると考えておりますので、
当サイトでは使用許可が明確になっている範囲でのみ、
画像を掲載しております。

わかりにくい面も多いかと思いますが、
ご質問など頂ければ反映してまいりますので、
ご了承下さい。

サークル様へ

当サイトでは、皆様の作品を取り上げてコンテンツを制作している手前、
得点の指定などヤラセなどを含まない範囲で協力できることは
協力するようにしております。

具体的に言えば、改善策の提示やテストプレーのご協力、
解説や攻略記事の作成もご相談を受け付けております。

また、レビュー内への画像利用許可をいただけることで、
より作品に目を通していただけることもあります。

得点の指定などは対応しておりませんが、
評価を指定している以上、改善やご指摘については
可能な限り真摯に対応して参ります。

基本的に無料でお受けしておりますので、
まずはメールフォームもしくはTwitterへご相談下さい。

■過去に対応した事例
・テストプレー(ゲームバランス部分、複数作。厳しめ~易しめなど対応可能です)
・レビュー依頼
・サイト制作支援(HPサービス情報の提示、トラブル支援など)
・その他(金銭トラブルのアドバイスや傾向分析の支援、プラグイン情報の提供など)

基本無償でお受けしております。
(報酬よりもレビューなどで画像掲載許可を頂けたりすると、嬉しいです)

エロRPG情報ギルド 調査依頼

ギルドへの調査依頼がある場合は、本ページのコメント欄もしくは下記メールフォームより
依頼内容を記入すること。

・調査依頼(メール)
・調査依頼(コメント)

調査依頼(メール)


[titled_box color=”white” title=”メールフォーム”]

依頼主ペンネーム (未記入可)

メールアドレス (要返答の場合のみ)

調査希望の異世界(RPG作品のタイトル)

希望ギルドメンバー(調査に赴くギルドメンバー)

ギルドへの連絡事項(未記入可)

[/titled_box]

調査依頼(コメント)


下記コメント欄より、以下内容をお書き下さい。

・希望タイトル名
・調査希望ギルドメンバー(お任せもしくはロール・フレイ・イングのいずれ)
・ギルドへの連絡事項(重点的に見て欲しい点や攻略希望などあれば)