ドエロイクエスト レビュー

今日レビューしていくエロRPGは
勇者たち御一行が魔王を倒すために冒険を行う
「ドエロイクエスト」です。

ドエロイクエスト

2015年5月にニイトオンデマンドさんが公開された
陵辱より傾向の強いエッチシーンが多く搭載されている
エロRPG作品。

ドラクエっぽいイラストにも見えますが、
オリジナルストーリーのエロRPGです。

多くのシーンで4人パーティなので、
各キャラの役割を活用しながら、装備やレベル上げで
能力を高めて戦っていく。

魔王を倒すという目的の元、大陸を冒険しながら進んでいくので、
昔のドラクエ3のような、好きな順番で攻略して強化しながら最終目的へと
達していくような感覚を受ける王道的なRPG感を味わえる作品です。

なお、本作途中でちょっと難しく感じたポイントや
コツを見つけると良いポイントが複数ありましたので、
ページ下にまとめておきました。

攻略の参考としてもお楽しみいただければ幸いです。

この作品の注目ポイント

  • レベル&装備、ダンジョン探索もしっかり楽しむRPG
  • マップを探索! 決まった攻略順のない自由度の高さ
  • 王道を抑えつつちょっと変わった方向性から持っていくエロシーン

ドエロイクエストのシステム&エロ傾向


メイン目的を目指して横道に逸れるRPG


本作品は「魔王を倒す」という大きなストーリーがあり、
後はマップを自由に探索していき、ダンジョンや村のイベントなどで
強力な装備などを手に入れていくような感じになっています。

フラグ立て・敗北・特定ポイントなどでエッチシーン


エッチシーンは特定のフラグ立てる、
特定の敵に敗北する、特定のポイントにたどり着くことで
見ることができるような仕様になっています。

また、戦闘中に表示される立ち絵はHPが減ったりすると
破れ差分のように変化してくれます。

ドエロイクエストのエロ傾向


ドエロイクエストのエロ傾向としては
陵辱シチュエーションが多い印象です。

対人・対魔物両方あります。
アヘ顔になるような絵柄も多い印象がありました。

システムやエロ傾向見て作品が気になった方
DLページ

ドエロイクエストのポイント

1. 救済機能もあるやりごたえ系の王道RPG

本作品はランダムエンカウントを採用、敵の強さも
そこそこやりごたえがあるようなゲームバランスになっています。

ドエロイクエスト

そのため、ある程度レベル上げ・装備購入が必須となっています。
特にエンカウント率はかなり高めで、フィールドであれば1、2歩レベルでも
エンカウントすることもあり、ダンジョン内もやや広めながら
4歩ぐらい歩いだだけでも戦闘に入ることがあります。

結果的に、エンカウント率も高くなりがちですが、
そこそこ逃げられる確率も確保されていますし、パッチを当てることで
エンカウント率の低下・経験値の上昇恩恵を受けられます。

また、ダンジョン内に装備品の宝箱も充実しているため、
RPGとして楽しむつもりで挑めば、ダンジョン攻略もしっかりと
楽しめるような感じがあります。
敵もやや強めに感じることがありますが、
10レベルぐらいになると全体攻撃も充実。
装備をしっかりと整え、スキルを活用していけば
しっかりと遊べるようなバランスにはなっていると思います。

何も考えずにサクサク進むような作品が好きな人には
少々注意が必要な作品とはなりますが、ある程度やりごたえのある
RPGをプレイするつもりで望めば、各キャラの役割を意識しつつ
スキルを活用して戦っていく、RPG的なやりごたえも感じながら
プレイしていくことができる作品
です。

2. ちょっとずれた王道感エッチの多彩さ

エロ面は中規模ぐらいのテキストが中心で、
読み応えも期待ができるような内容だと思います。

ドエロイクエスト

また、個人的に面白かったと思うのは
王道的な要素を抑えつつ、ちょっとずれている感じの
エロシーンが多かった印象であること。

例えば、共に戦いたいと思った王女様が勇者に反対されて、
勝手に飛び出してスライムに犯される。

エロくなる病気が流行っている村で止まると、
同じ病気にかかったゴブリンたちに仲間がさらわれるなど。

王道的な展開のエッチも抑えつつ、
よくありがちな設定などを少し拗じらせてエロ方向へと
運んでいる印象があり、女主人公達の冒険の過程で
見られるようなエッチシーンだけど、他の作品ではあまり
見られないようなシチュも多かった印象がありました。

王道的なプレイを抑えつつ、ちょっと変化のあるような
エロシチュを楽しみたい人におすすめかと思います。

3. 自由度の高さは好き嫌いが別れるかも!

本作品は「魔王を倒す」という大きな目的が冒頭で
ストーリーとして紹介された後は、
ラスボス戦以外はほとんどストーリーはありません。

そのため、マップを探索したり、村人のちょっとした
会話などのヒントを元に、ダンジョンなどを自由に探索していきます。

ドエロイクエスト

誘導されるようなことがほとんどないので、
いろいろな場所に好きなタイミングで行くことができるという楽しみが
ある反面、どの順番で行けばいいのかという点が少々わかりにくいことにも
繋がる可能性がある形式を取っています。

一つ一つのストーリーの元、誘導されていくような
作品が好きな人の場合は、やや方向性の違いから面倒に
感じてしまう可能性などもあるので、
フィールドマップ隅々まで見歩くRPGプレイヤーさんに
オススメな傾向のシステムを採用している作品
だと思います。

4. 突然のパーティ展開やちょっとわかりにくいヒント不足感

もう1点、ちょっとヒント周りが少ない点と
突然パーティ編成があるポイントがある点は詰みとかに
繋がりそうだなぁ……と思いました。

たまたま「ここでイベント起きるんだ」とか、
「コレ使えばよかったのか」と気がつくことも
多かった印象で、イベントによっては突然パーティ一人に
なってしまうことなどもありました。

こまめに別セーブしながら進んでいくと
安全に楽しみつつ行くことができるのかなぁ……と思います。

このページ下に特にわかりにくかった場所だけ攻略を
まとめておきましたので、わからない・辛い場合は参考に
して頂ければと思います。

ポイントを見て作品が気になった方
DLページ

みなみよつばの個人的な評価


ドエロイクエスト
74点

ある程度やりごたえのあるオーソドックスで
自由度の高いRPGを楽しみつつ、陵辱を主体とした
エッチシーンを楽しむことができる作品。

突然パーティが一人になることがある・ヒントが少ないなど、
高難易度になるポイントもありますが、こまめに別セーブして
進め、腰を下ろして楽しむつもりでプレイすれば
しっかりと楽しめるポイントも多い作品です。

作品の規模的には3時間ほどの中編で
エッチシーンボリュームも15シーンとコスパは
まずまずですが、エロシーンの長さは中規模ぐらいで
悪くない感じにも見えます。

シナリオ重視ではなく、遊べるエロゲを探している時に
向いているRPGだと思います。

RPG面の情報


制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
作品の長さ:
中編
(管理人クリア時間 約2時間30分)
難易度傾向:
ちょいムズ!

ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク



同人ダウンロード

ドエロイクエストの攻略


特に分かりづらかったこと、注意しておくと
攻略しやすいと思ったことをメモレベルで記載しておきます。

ザコ敵が強い!


本作品は主にスキルを活用していかないと
大ダメージが与えられません。

序盤は勇者の掌波刃&薙ぎ払い、
戦士の点穴突きを活用してレベルを上げていき、
港町付近に来たら勇者に武器を多く割り振り「虎威刃」を活用。

魔法使いが中盤ぐらいのレベルで取得するブラッディナイフは
めちゃコスパがいいので、中盤~終盤のザコ戦は勇者の「虎威刃」と
魔法使いの「ブラッディナイフ」。

ボス戦では勇者の「虎威刃」もしくは終盤取得の「シルフの嘆き」、
戦士は序盤から取得できる「滅多切り」、
魔法使いはイベント取得の「ホワイトホール」を活用しつつMP減ったら
「ブラッディナイフ」で攻めれば、ラスボスもMP切れる前に
倒しきれる難易度だと思います。

ダンジョンの宝箱に強力な装備があることも多いので、
面倒くさがらずに宝箱もしっかりと回収しましょう。

魔法使い一人になったんだけどどうすればいいの?


イベントで魔法使い一人になってしまった場合は、
港町北側の西の森(イベント発生地点の奥)へ向かいましょう。

西の森の一番右上にあるアイテムを取り、
入り口に戻ろうとするとイベントが発生し、
パーティがもとに戻ります。

道中は普通に敵が出てきます。フィールドは逃げの1択。
逃げが安定しないようであれば、イベント後回しにするのも
オススメかと思います。

病気にかかった男たちの村の北側の山が進めない


スタート地点の大陸北側端にある山は
第一ゾーン途中にゴーレムのような敵がいて入ることができません。

近くの村(男たちが病気にかかってる~という村)で
宿屋に泊まるとイベントが発生して、奥へ進めるようになります。

ヴァンパイアが倒せない


ヴァンパイアはイベント戦のようです。
スタート地点である城右下にあるダンジョンでボスを倒し、
城1階のシスターに話しかけるとヴァンパイア戦用のアイテムが
手に入るので、そのアイテムをヴァンパイア戦で使いましょう。

何のアイテムを使えばいいかわからない場合は、
アイテム欄の説明を参考に。

封印石の使いみち


ラストダンジョン2階のボス戦で使います。
ラストダンジョンの中ボスは、特定ターン(特定HPかも)で
発動する味方一層技を発動する際に、封印石を使っていると
発動を阻止できます。

魔王城2階のボスが倒せない


封印石が必要です。

封印石は、スタート地点のある大陸右上の街の
一番左奥にある家でエッチシーンを見た後に、
左側の大陸(魔王城のある大陸)の港町の民家にある
闘技場で戦士のエロイベントも見ると貰えます。

おすすめの攻略順は?


スタート地点右下のダンジョン、
うずまきのある島のダンジョン、西の森、
西大陸西側にある山、ゴブリンの砦、
魔王城へと繋がる森、魔王城の順番がオススメかと思います。

西大陸にある山と魔王城へと繋がる森は、
強力な装備もあるので、早めに押さえておくと終盤まで
めっちゃ楽になると思います。

この作品が好きな人へのオススメ作品


同じサークルさんの作品

ぜ…絶対に負けない! 女戦士 ぜ…絶対に負けない女戦士 音声拡張パッチ
ニイトオンデマンドさんの作品一覧

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

レディナイト・サーガ ~女騎士と竜物語~ 新米女剣士タリア 【TREASURE HUNTER】舞 探索型RPG ~伝説の宝~
レビュー レビュー レビュー

似たエロ要素を持つRPG作品

AliceQuest もょもとクエスト~勇者の息子と淫獄の宴に堕ちる女達~ver1.5 リナと願いのクリスタル
レビュー レビュー レビュー

似たジャンルのエロファンタジー作品

宿屋のおじさん RPGゲームの日常裏 陵辱の女戦士
レビュー レビュー レビュー

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=8324

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG