発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する レビュー

おっぱいが大きい女性がジョギング中に出会った
妖精にエッチなことをされてしまう姿を楽しむことができる。

今日は「発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する」を
ご紹介していきます。

発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する

発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾するの詳細


発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾するは
2017年8月に春廻廊さんが公開された同人誌作品です。

全頁カラー構成で、コマ割りありの一般的なマンガ形式。
ページ数は本編16シーンで、本編のマンガに対して博士キャラが
解説をするような別パートが同様のページ数分あります。

発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する

内容としては、ダイエット目的で走っていた女性が
突然目の前に現れた男の妖精さんと出会い、交尾したいからという
理由で積極的にエッチなことをされてしまうという内容です。

男性キャラが妖精という設定でヒロインは一般的な女性のように
見えますが、ヒロイン側も男性キャラに対し、瞬時で「妖精さん」と
言ったりもしているので、現代ファンタジーよりかな?ぐらいの世界観です。

発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する

エッチ傾向としては、ちょっと悪ガキショタ的な雰囲気を持つ妖精さんに
お姉さんがダメだよ~と言いながら犯されちゃう雰囲気。
妖精さんは交尾を求めており、いきなり女性に抱きついたりするのですが、
「めっ!ですよ!」と、困惑しながらも優しく突き放すようなヒロイン。

しかし、妖精さんはそんな優しさなど関係なく、
天然気満々で、とにかく交尾しよう的な発言と行動をしていきます。
優しく突き放そうとするヒロインと、哲学的とも思えるぐらいの
天然っ気が組み合わされており「なんだこれ(笑)」と思わず思って
しまうような独特な雰囲気がある気がします。

発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する

実際に交尾という名目の本番が始まっていくと、
ヒロインは「妖精さんとしちゃってる」「感じてるのにダメ」というような
恥ずかしがったりするような点に主軸をおいているような反応を見せます。

全体を通してみると、天然っ気がある男の子にいいよられて
ヒロインが拒否をしきれずエッチしちゃって恥ずかしがってるような
オーソドックスよりの雰囲気も。

最後は明るいエンディングで終わっており、
まさに道端で天然的な交尾好きの男性妖精と出会っちゃって
エッチされちゃったみたいな雰囲気を味わえます。

ちなみにエッチシーンは本番シーンがメイン寄りで、
胸に抱きついたり、あそこを味見するような羞恥よりなプレイもあります。

発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾するの総評


★6

和やかだけど天然感もあるテンポの良い作品。
細かい設定や抵抗などの描写も少ないので、
ぎっちとした世界観のある作品と比較すると
サクサクと読み進めていける印象があります。

妖精さんの天然っ気でとにかくエッチしようという
どうも厄介な感じの天然小僧っぷりとお姉さんのやんわり断りつつも
断れないで押し切られて感じちゃう様子は見てて思わず笑みが
こぼれてしまうようなエンジョイ感がありました。

一方で1シーン1シーンはテンポ良く進むゆえに、
王道的な反応やプレイを多く導入してくれる一方で
溜めが少なく、もうちょっと流れを詳しく見たかったかな?
という感じもしました。

エロ重視の作品だと思うのですが、個人的には会話とか
雰囲気の楽しさが先行していた印象があり、
もうちょっと細かく一つ一つのプレイが見てみたかったなぁと
思った点もあったので、今回はこの評価とさせて頂きました。

取り扱いショップ



 発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する

この作品が好きな人へのオススメ作品


サークルさんHP


春廻廊

似たジャンルのエロファンタジー作品

巨乳女戦士さん、触手に挑む。 鉄拳精裁ストップマン 救世主様が肉便器になりたそうにこちらを見ている
レビュー レビュー レビュー

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

セックスアイドル48!~淫乱娘アイドル化計画~ めぇーくらぶ -セックスアイドル養成所から脱出せよ!- マリオンのゲームブック~古の本の不思議な冒険~
レビュー レビュー レビュー

ファンタジーの館 TOP

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=11184

One Response to “発情期の妖精はジョギングお姉さんと交尾する レビュー”

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG