オナニーの呪い レビュー

敵が死ぬぎわにかけた魔法はオナニーしてしまう呪い。射精すれば永遠とオナニーし続けてしまうその呪いを解く僧侶とあなたの射精我慢を描いている作品を今日は紹介していきます。

オナニーの呪い

本作品は自慰行為を続けてしまう呪いを受けてしまったあなたが、解除魔法をかけている間の自慰行為を我慢して、無事に解除してもらうことを目指していく音声作品です。

聞き手であるあなたは、呪いを受けつつも、魔法のお陰で今は自慰行為をしなくても大丈夫になっています。しかし、その呪いを解くための魔法を使っている間は、制御している魔法が効きませんので、あなたはシコシコと自慰行為をしなければいけません。

射精すれば、もう呪いの制御も解除はできません。あなたはずっとシコシコと自慰行為を続けている人間になってしまいます。

解除魔法は3回。解除魔法を掛けている一定時間、あなたは自慰行為で射精を我慢できるのでしょうか。

オナニーの呪いの詳細


本作品はケチャップ味のマヨネーズさんが2016年8月に公開された音声作品です。

勇者として敵を倒したアナタでしたが、僧侶の「魔法防御重視で!」という忠告を忘れて戦ってしまったがために、敵が死ぬ間際に使った呪いを受けてしまっています。その呪いこそが「自慰を続けてしまう呪い」です。

戦い後にたまたまかけてもらった魔法によって、今は止まっていますが、このままではいけません。呪いをかけてしまった敵も倒してしまったので、呪いを解くためには僧侶の解除魔法を受けなければいけないのです。

しかし、解除魔法がかかっている間は、呪いを制御する魔法の効果が消えてしまい、自慰行為を続けてしまいます。僧侶はなんとか呪いを解く魔法を詠唱しようと思いますが、呪いは強靭な力を持っており、すぐに解くことは出来ません。

神の使いでもある僧侶は、自分が採算注意しなかったことにも原因があるし、尊敬する勇者であるあなたのためにと、頑張って詠唱を行いますが……やはり男性器には抵抗があり、魔法を解きながらも思わず「嫌」「気持ち悪い」と口に出してしまいます。直接的な罵りではなく、間接的に否定されているような口調をしゃべりつつ魔法詠唱を続ける僧侶を前に、オナニー呪いの自慰行為を続けて、我慢できるかどうか……。

射精我慢成功と暴発した場合の音声が用意されているので、ちょっとしたゲーム感覚としても楽しんでいけるような構成の作品になっています。

さて、本作品ですが、オナニーを続けてしまうような呪いを受けてしまった聞き手のアナタを、僧侶が悪気のない感じで出てしまう嫌悪感を耳にしつつ、自慰行為をしなければいけないようなオナサポ音声になっています。

音声作品ですので、細かい指示も出されるような作品もありますが、今作品は特にペース指示や行為の指示はありません。僧侶の嘆きを聞きつつ、とにかく自分のペースで我慢をし続けていきます。

僧侶からの言葉は、自分を否定してくるような口調が多いです。ただ、一般的なS作品とは異なり、「(我慢できずについ)嫌だよぉ……」と漏れてしまうような感じでしゃべっていくので、全体としては暗いような印象があります。

詠唱が始まる前までは「頑張ります!」「なんとかしてみせます!」というのですが、いざ始まるとその膨大な呪いを前に弱気が見えてきてしまい、それが間接的な否定の口調へとつながっていきます。

そのため、自分は悪いようなことを言われますし、言っている僧侶もかなり弱気な感じなので、とにかくお話が暗い雰囲気(笑)。あまり見たことがない傾向の音声作品になっています。

特に、射精が我慢できなかった場合の音声作品は衝撃的です。射精ができなかった場合は、自慰行為を続けるという方向性でお話が進んでいきますが、堕落を重視して快楽堕ち……というよりかは、ストーリーを重視しての展開が待っています。

あまり詳しく書くとネタバレになってしまうので難しいのですが、自分はこの展開は強烈過ぎてトラウマになってしまいそうな感じでした。とにかく暗くて怖い。僧侶の口調が変化していき、妙なプレッシャーが感じられるのですが、自分はオナニーの呪いが続いているのでシコシコ続けなければいけない。ゾゾゾっとするような、怖い感じの展開を楽しんでいくことができるので、Mよりの作品とは違ったような世界観の射精我慢を楽しむことができるような作品になっています。

オナニーの呪いの総評


★7

ある意味ホラーを感じられるような、心にズズズッと少しずつ爪後を残してくるような感覚も味わえる独特な雰囲気の射精我慢作品。

僧侶の弱気な口調から漏れる一種の責め言葉は、一般的なM受けの射精管理というよりかは、重い責任感を刺激してくるような怖いけどエロい雰囲気で、感じられていくような作品になっています。

全体的に面白い世界観の作品で、ゲーム感もあり、独創性もあるのですが、ややシチュエーションに幅が少なく、3回に分かれている我慢ながら少し方向性がにているような感じになっているのがちょっと残念でした!

ただ、ぐぐぐっとトラウマ感は半端ない作品だと思うので、トラウマを植え付けられそうなエロ作品が好きな人には興味持ってもらうと面白い作品ではないかと思います。

取り扱いショップ



 DMM同人ダウンロード

この作品が好きな人へのオススメ作品


似たジャンルのエロファンタジー作品

粘卵人魚の種奴隷 ~ マーメイド・ビューティー フローラ&ミア ~ 時空乙女戦記ファナドミナ 恐怖の搾精人形はユルサナイ
レビュー レビュー レビュー

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

ナナハよ。 寝取られていく仲間たち ハルウル
レビュー レビュー レビュー

ファンタジーの館 TOP

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=9401

One Response to “オナニーの呪い レビュー”

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG