淫魔島のエクスプローラー3 レビュー

素材を集める作業系ハクスラ健在!
やや難しめになった印象の淫魔ARPG

今日プレイ感想を紹介していくのは
24ぺーじ さんの「淫魔島のエクスプローラー3」です。

マップ上に光る採取ポイントや、敵を倒したときに手に入る
素材を集めて強力な装備を作り奥へと進んでいく。
マップ上にいる敵と接触するだけで戦闘になる従来の要素を残しつつ、
今作は異常状態などもかなり多くてやりごたえも増加している印象です。

繰り返し戦い、素材を集める作業感あるゲームが好きな人におすすめな
Mシチュありな逃げアクション的な要素も大きいRPGです。

淫魔島のエクスプローラー3の特徴


淫魔島のエクスプローラー3は島最奥の淫魔を
倒しに行くという、目的に向けて各地を巡っていくような
シナリオ色の薄いRPGです。

マップ上の敵と接触することでその場で戦闘が起きる形式の
アクション要素が強いRPGです。

素材を集めて装備を作り高レベルの敵に挑む


マップ上には光る採集ポイントがあります。
また、淫魔と戦闘し、勝利すると基本的には2分の1、5分の1の
確率で淫魔固有の素材アイテムが手に入ります。

手に入れた素材は、各キャンプ地のテントで合成が可能。
素材を合成することで、装備や消耗品を作成できます。

同じエリアの範囲で手に入るアイテムでも、
能力値の上がりが異なるため、
例えば多少防御が落ちるけど攻撃をあげられる、
HPの上がりは低いけど能力値の上がりが良いなど、
プレイスタイルや装備全体との兼ね合いで
考えつつ開発に必要な素材を集めていく必要があります。

接触でセックス戦闘、エッチな印象のステータス異常


マップ上にいる敵のシンボルと接触すると
その場で敵味方の攻撃判定が行われます。

戦闘はセックスで戦うバトルファック形式を採用しているため、
接触すると可愛い女の子の絵が画面右側に表示され、
敵味方、機敏ステータスが高い方から攻撃。
敵が攻撃する時はエッチなことを想像させるセリフが出ます

また、敵の攻撃では追撃により繰り返しダメージを受けてしまったり、
不利になるようなステータス異常が付与されることもあります。

ステータス異常も「敏感」「魅了」「屈服」など、
こちらも少し男性受けを彷彿させる異常状態が多いです。
防御力が減ってしまったり、攻撃ができないなど、
異常状態によって一方的にやられてしまう感も味わえます。

SPによる育成要素


プレイヤーは敵を倒して経験値を取得し、
レベルが上がるとSPが取得できます。

SPは各能力値+探索系のいずれかに割り振ることができ、
一定数SPを割り振ることで能力値が上がるスキルが
取得できます。

基本的には「体力+100」のように基礎能力をあげる
スキルが取得できますが、同じステータスにいくつものSPを降ることで
「歩行回復」「解毒術」など特殊な効果を持つスキルや
新しい技を取得することもできます。

負ければ犯され、レベルを失っちゃう


攻撃によって体力(HP)が尽きると
そのまま一方的に犯されてしまうようなシチュを楽しめます。

犯された後は、レベルを1失って復活なので、
犯された挙げ句弱くなるというような背徳的な
印象も味わいながら楽しんでいけます。

淫魔島のエクスプローラー3の長所・注目点

1.黙々と素材を集めるハクスラ的な楽しみ

本作品ではレベル上昇で基礎的な能力は上がらず、
SPによるパッシブスキルの取得と装備で能力をあげます。

そのため、特に装備や消耗アイテムは重要になりますが、
お金などの要素もないため、装備もアイテムも作るためには
採取や敵討伐が必須になります。

回復アイテムも、装備品も複数のアイテムが必要になるので、
地道に敵を討伐や採取をして行く必要があります。

立ち回りやステータス育成の方針など
どうやれば素材を効率的に取得できるか考える
楽しみもありますし、苦労して揃えた素材で
装備が手に入ったときの嬉しさ。

また、作ってみたけどスペックほど強くなかった(T-T)
みたいなこともあり、地道に素材を集めていくハクスラ的な
楽しみがこのゲーム最大の魅力だと思います。

2.能力値意識による行動方針の選択肢

本作品は攻撃や防御に関わるステータスが複数あり、
装備やSP育成により常時カスタマイズもできるので、
行動する状況に合わせてどう能力値をあげていくか
考えていくのも楽しい作品です。

例えば、防御寄りにする場合は快楽防御のステータスを
上げることで根本的なダメージ量は減らせます。
しかし、精神力をあげていなければ、敵からの追撃を
受けてしまう可能性を減らせないので、
結果的に精神力をあげたほうが安定感が出ることもあります。

また、防御寄りならば敏捷を上げることで先手を取り、
敵の攻撃を受ける前に倒してしまうという手もあります。
ただし、火力が少なければ結局反撃を受けてしまうことになるので、
技巧を高めて根本的な火力を上げたほうがいい場合もあります。

火力を高める場合も技巧で基本的なダメージ量を上げるほか、
見切りをあげてクリティカル率を上げる方法もあります。
見切りのステータスはその数値の3分の1の確率で
クリティカルとなるため、見切りを上げるステータスの装備を
集めれば、高確率でクリティカルになり大ダメージを
与えていくという戦法もできます。

装備によって能力値の上がりも異なるため、
格下の装備でも特定の戦法を意識するのであれば
役立つこともあります。

また、SPによる育成は拠点で常に振り直せるので
例えば格下の相手の素材が必要になった場合は
素早さと攻撃を高めて安定的に敵を倒す。

消耗品を開発するために戦闘を行わずに
採集ポイントだけ巡るのであれば、
素材収集に役立つ方向へ一時的にステータスを割り振る。

状況に応じて装備や育成を見直し、
行動方針によって能力値を最適なものにして
効率を求めていくのが楽しい作品
です。

3.多彩な女の子モンスター

女の子の敵とエッチで戦い、
負ければ犯されてしまうバトルファック形式の
RPGを採用した本作は女の子の種類も豊富です。

モンスターの種類は70体以上。
スライム、ゴブリンといったザコ敵の王道から
サキュバス、ラミアなど人気の悪魔・モンスター娘。

シーフやパイレーツといった人間系に近いものや
ゴースト、マミーなど不死系モンスターまでいます。

性格もいろいろなキャラクターが出てきますし、
多方面のモンスター娘によって犯されてしまうような
シチュエーションも楽しめる点が魅力的
です。

淫魔島のエクスプローラー3の注意点

1.作業的な楽しみのある作品

今作品は黙々と戦闘を繰り返していく楽しみが強い作品です。
どうしても装備開発などに素材が必要となるため、
目的の素材を集めて何度も戦う必要があるため、
作業的な楽しみを重視している作品になります。

敵のドロップ率自体は各モンスター5分の1のレアアイテムと
2分の1のアイテムで両バランスだと思いますが、
地道にアイテムを集めるのが面倒みたいな
作業的な面白みが苦手な方にはやや向いていません。

シナリオもほぼありません。

エッチシーン目的であればチート的なアイテムも
取得できるのでありだと思いますが、
ゲーム性も楽しみも重視するのであれば、
作業的なゲームが好きかどうかで判断するべき
作品だと思います。

2.やや敵は強めなゲームバランス

個人的に敵は強めだと思います。

同エリアの最強装備を集めても、
同じフロアのザコ敵と何度も戦っていればジリ貧になりますし、
異常状態を使う敵も多いので先手を取れないと攻撃すら
難しい場面もあります。

常時セーブできる作品なので、複数セーブ枠を使って
多少リセットを繰り返しながら遊ぶつもりで
消費アイテムもガンガン使いながら挑むぐらいの
ゆるい気持ちで遊んだほうが楽しみやすい

ゲームバランスかと思います。

ガッツリ攻撃だけで押し通すような戦法が好きな方や
リセットは嫌だと言う人の場合は、難しめに感じるかもです。

淫魔島のエクスプローラー3の個人評価


8点

淡々と作業的なゲームを求めるのであれば
このソフトという、人を選ぶけど気持ちが合えば
コレという魅力も感じられる作品。

個人的に淫魔島のエクスプローラー3の一番の魅力は
アイテムを地道に集めて装備を作り、
少しずつ強くなっていく点にあると思います。

それゆえ、作業感は強いゲームなので、
何度も繰り返すような要素が好きな方には
向いているゲームではないと思います。

一方で、地道に素材を集めていく淡々とした作業感がハマれば
多彩なアイテム、効率化の検討、収集要素のある図鑑など
埋めていく楽しみもある作品であるし、
ちょっとしたはずみで負けてしまう可能性などもあれば
緊張感を持った中でのエロさも感じさせてくれる作品です。

個人的にはこのサークルさんはこういった
作業感のあるゲームに安定感がある印象なので、
過去作品とか好きな人であれば良くも悪くも
前作と同じ方向性という印象があります。

万人向けではないのですが、
淡々と素材を集めるゲームをやりたいときには
このサークルさんという感じの印象で、
その印象通りの気持ちを満たしてくれる作品
でした!

淫魔島のエクスプローラー3のゲーム情報


制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
作品の長さ:
9時間ぐらい
難易度傾向:
ムズ!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • アイテム収集
  • モンスター図鑑
  • レアモンスター

販売ショップへのリンク


■ DLsite

淫魔島のエクスプローラー3が好きな人にオススメなエロRPG作品

この記事が好きな方へおすすめな記事:

コメントを残す

人気作品チェック