孕ませ魔王城 レビュー

劣勢の魔王軍、魔将軍である女淫魔に下された命令は、
部下の魔物と交わり子を宿すこと。

「孕ませ魔王城【単話】」の感想を紹介します。

この作品の注目ポイント

  • 部下と交わりたくないけど魔王様の命令……
  • 女幹部はもともと淫魔、感じてしまえば周りをも取り込む
  • 出産アクメも決めちゃう、淫魔特有の体質

「孕ませ魔王城 レビュー」の続きを読む

孤高騎士メリッサ~反逆女騎士異種姦陥落~ レビュー

王都を陥落させられ、王女が民のために闘技場で戦う最中、
性奴隷として奉仕していた元近衛隊長メリッサが
敵の暗殺を企てるも失敗し、フタナリ化させられ堕落する!

今日は「孤高騎士メリッサ~反逆女騎士異種姦陥落~」の
紹介&プレイ感想掲載していきます。

孤高騎士メリッサ~反逆女騎士異種姦陥落~

フタナリ化させられた上に感度を上げられ、陵辱!
そして意識を改変させられ、王女への愛は淫らな行為に。
堕落する瞬間前後と完堕ちに特化した構成の
エロアドベンチャーゲームになっています。

「孤高騎士メリッサ~反逆女騎士異種姦陥落~ レビュー」の続きを読む

侵胎迷宮を抜けて レビュー

触手達に犯さり安全じゃないところで寝ると強くなる。でも、染まりすぎればゲームオーバー。弱点設定などもでき、ゴリ押し・仕掛け回避の両進行もできるような要素のある「侵胎迷宮を抜けて」を今日はご紹介していきます。

侵胎迷宮を抜けて

リモートスノー。かつて物流などで栄えていたこの土地は、20年前の魔物襲撃によって寂れてしまいました。そんなリモートスノーに、聖騎士・主人公「ミーナ」の姿が。

かつてこの地の領主であった父親を持ち、今では没落した家系でもあるミーナは、聖騎士となり、このリモートスノーの地へやってきました。触手の魔物が溢れる中、村人たちを助けながら進んでゆく彼女でしたが、謎の人物と出会い、敗北してしまいます。

気がつけば、謎の迷宮で村人たちと同じように触手型の魔物に犯されていたミーナ。しかし、ある時、触手の拘束が解け、さらに触手を操る力を得ていることに気が付きます。瘴気が溢れるその迷宮、適応すれば適応数ほど、力は増していきますが、力が増せば増すほど、危険なことにも……。プレイヤーは、ミーナを操り、道中出会う魔導師・サラと協力しながら、迷宮脱出を目指します。

犯されたり瘴気が満ちる場所で休むことで能力値が上昇するシステムや、力任せに進んだり条件を整えて安全に進めるルートがあったりするようなシステムが特徴です。

この作品の注目ポイント

  • 故郷奪還を目指す信念あるがゆえ向こう見ず似なりがちなヒロインの触手シチュエーションの多さ
  • エッチや宿泊で侵食、侵食でレベルアップ。特殊な味方の強化システム
  • 低レベルクリアも可能? ゴリ押し・フラグ立て進行の2箇所が多いゲームパート

「侵胎迷宮を抜けて レビュー」の続きを読む

陵辱の女戦士 レビュー

エロRPGではギルドや冒険者がモンスター退治を
受けることも多いと思いますが、今回紹介していく
デジコミ作品は、モンスター討伐依頼を受けた
女戦士さんがカエルモンスターに犯されちゃう!

「陵辱の女戦士」です。

陵辱の女戦士

モンスターを倒して報酬を得る女戦士、エレナさん。
「モンスターなんてガンガン倒してみせるんだから」
と意気込み、森のモンスター退治に挑みますが……
(↑もうこの時点でエロ同人だと犯されフラグ)

とんでもなく強いカエル型モンスターに遭遇し、
敗北してしまいます。

可愛らしいイラストながら腹筋まで描かれている絵柄で
カエル型のモンスターに犯される女戦士の姿を

こんなシチュエーションがあります

・鎧を剥ぎ取られ、丸見えになっちゃう女戦士
・巨大なモンスターに両手を捕まれ持ち上げられる
・カエルモンスターの舌責め

「陵辱の女戦士 レビュー」の続きを読む

アリアのエロトラップダンジョン レビュー

風邪でここ数日死んでおり、更新滞っていましたが、
少しずつ再会していきます。

再開一本目は、先週末に公開された、
「アリアのエロトラップダンジョン」。
体調悪い中、新着チェックだけはしてたんですが、
面白そうだな~と思ってたんですよね。

アリアのエロトラップダンジョン

短編っぽかったので、体調の様子見ながらプレイするには
ちょうどいいかなぁ……と思ってプレイしてみました。
プレイ時間は40分程度でしたので、ちょうどよかったですね。

物語としては、借金を持つ少女・アリアが
賞金が出るエロトラップダンジョンに挑む!

というようなお話。
トラップダンジョンという名前ですが、
敵=トラップ扱いという認識の作品で、
ダンジョン内に置かれたアイテムを集めて能力を高め、
トラップを倒したり鍵で扉を開けたりしながら
奥へと進んでいくというお話です。

昔はやったゲーム制作ツール・WWAで作られているような
形式の作品ですが、ウディタ製。

味方にはHPと攻撃、防御。トラップにはHPと攻撃が定められていて、
HPが0になると犯され敗北。マップ上にある玉を取ると攻撃や防御が上がり、
鍵を取ると対応した扉を開けていくことができます。

うまく最適なルートで能力値を上げつつ、
奥へと進む計画性が求められる作品になり、
アドベンチャーRPGやSRPG要素の強い作品だとおもいます。

「アリアのエロトラップダンジョン レビュー」の続きを読む

Leviathan レビュー

先日速報レビューでも取り上げた
Leviathanを一周クリアしました。

いくつか要素残ってると思いますが、
一般的であると思う箇所終えたので、今日は細かく
レビューしていきたいと思います。

Leviathan

今作品は、自然の監獄みたいになっている島へ、
エルフである主人公がたどり着いた所から始まる、
サバイバル系の作品。

島から脱出するため、島の周囲に現れる神竜を倒すため、
島内を探索していくRPGです。

サバイバル系の作品ですが、中盤以降お金で物が買えたり、
元々犯罪者とかも流されている島だからならず者たちもいたり。

一方で、空腹・水分・眠気のようなステータスがあり、
しっかりと行動しなければいけなかったりと。

サバイバルとしてのゲーム要素を抑えながらも、
エロRPGでは定番のならず者エッチ、そして道具の購入などRPG要素も
しっかりと楽しめる作品です。

なお、今回、終盤に魔法の取得方法気が付いたので、
魔法なしのある意味縛りプレイでクリアしています。
プレイ時間やクリアまでの日程明記していますが、
もう少し短縮できると思います。

また、今回は一般的な難易度に合わせて、
「ノーマル」の難易度で挑戦しています。
(難易度はイージーも用意されています)

「Leviathan レビュー」の続きを読む

Lv1パーティーが魔獣の森で迷いました。 レビュー

エロRPGでは、ハンターや冒険者達が学ぶアカデミーを舞台にした
作品も多く、卒業試験などを舞台に冒険を繰り広げる
作品も多く、試験の過程で敗北してモンスター達に犯されてしまうという
ようなシチュエーションも多いと思います。

そんな卒業試験に挑むヒロイン達のエッチを
ノベルとイラストと形式で手軽に楽しめる作品を
今日は紹介していきたいと思います。

Lv1パーティーが魔獣の森で迷いました。

今日紹介していくのは、2009年に
蒼見鳥さんというサークルさんが公開された
ゲームブック風の作品です。

エロRPG系では2013年に大ヒットした、
Lv1勇者が女神・邪神と♀モンスター繁殖計画始めました!
公開されたサークルさんの作品です。

膨大なノベルとイラストを主体にした作品で、
ノベルの途中途中に選択肢があり、プレイヤーは物語を読み進めながら
選択肢をクリック。成功する選択肢を選べば物語は続き、
失敗するとヒロイン達が犯されたりしてしまう。
ゲームブック要素を取り入れたHCG+ノベルの作品。

卒業試験のために素材を集めるつもりが、
誤って高度な魔獣が生息する森に転移してしまったヒロイン達。
行動を謝れば犯されるエロがあり、道中にも奉仕や交渉で
魔物達とエッチするようなシーンなども楽しめる作品です。

こんなシチュエーションがあります

・オークの村で聖女になり、毎日種付け
・川を渡るために魔物に奉仕する
・魔物に飲み込まれて胸は肥大化し、体内で出産した魔物へ栄養を与える

「Lv1パーティーが魔獣の森で迷いました。 レビュー」の続きを読む

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~ レビュー

昨日から始まっている2016年同人半額フェア。
皆さんも色々と購入して楽しんでいるんじゃないでしょうか。

自分も色々な作品お得に購入して、
プレイしていきたいと思います。

さて、今日レビューしていくのは、色っぽい水着のような
衣服が特徴的なダークエルフ主人公が主人公な簡易アクションRPGの
DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~です。

DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~

2016年4月30日にDLsiteで公開。
サークルさんはdorgelさんという、新規サークルさんの1作品目。

オークを倒すためにダンジョンへと散らばったスフィアを
集めていく簡易RPG。
正面以外から接触すると敵を倒すことができるという、
さくさく系アクションを採用。

正面から敵にぶつかってしまうとダメージを受ける他、
一部的には犯されてしまうことも。
敵に犯されてしまったり、エッチなトラップに
ハマってしまうと簡易アニメーション発動。
立ち絵も軽く動くという、アニメーションエッチにも
注目なエロRPGです。

「DARK SPHERE ~黒き少女と魔宮の王国~ レビュー」の続きを読む