進む先にあるもの レビュー

どのヒロインと仲良くなる?仲良くなったヒロインが寝取られる?
程よい作業的なゲーム性と豊富なエッチシーンが魅力なエロRPG

1000年に一度、世界を望む形に買えられる機会を得た姫と
故郷のヒロインや悪友たちとともに塔を攻略。

ヒロインと会話を繰り返し、友好度を上げれば恋人や純愛エッチ、
でも悪友に寝取られてしまうかも知れない……
程よく作業的なやりごたえのあるゲーム性が魅力的なRPG!

にぃみぃ団さんが2016年10月に公開された
「進む先にあるもの」のプレイ感想と
個人的な評価を紹介していきます。

進む先にあるもののゲーム性

評価:A

やりごたえがあるゲーム性と膨大なエッチシーンによる、素材収集やや探索によるゲームの厚みがある作品です。サクサクとエッチシーンを見たい方にはおすすめできないと思いますが、シナリオもわかりやすく、ザコ敵は数ターンで殲滅もできるのでモンハンみたいに周回をルーチン化して黙々と攻略していく楽しみがあると思います。
会話もやり取りを丁寧に描こうとするタイプの印象があり、ヒロインも多め。純愛や寝取られを楽しむという要素をもり立ててくれています。

  • 作業的に強化や友好度をあげていく要素が楽しい
    • ダンジョンに行く前にキャラクターと会話
      • ヒロインの友好度を上げると恋人になれる
        • ヒロインの数は5人+サブキャラ複数
        • 仲良くなるとキスや胸を触る、Hも可能になる
        • ヒロインに応じたエンディングあり
    • 装備品のために合成アイテム集めでギルドダンジョン周回
      • 手に入れられるアイテムの数は少ない
        • 少数の装備を合成で強化する色合いが強い
          • 合成には武器防具&素材が必須
          • 素材の数は少ないが同じ素材を使う装備多い
      • 合成素材アイテム集めはメインではないダンジョン周回
        • 構成はシンプルで探索もサクサク進める
        • 1回あたりの周回で得れるアイテムは少なめ
        • ガチ育成やスマートな本編攻略意識すると周回必須
  •  シンボルエンカウントを採用したやや手応えもある戦闘
    • ザコ敵は全体魔法を使えば1~2ターンキル可能
    • ボス戦はHP高め&やや火力
      • 回復をしっかり早めに使えば倒せるレベル
      • 回復早めなしで安定を狙う場合は装備強化周回が結構必要
      • 救済用のチート武器も完備
  • ストーリーはラノベ主人公よりの王道フリーRPGよりな作品
    • 主人公はハーレム気質
      • 主人公は最初から好感度がいい印象
      • ハーレムエンドあり
    • コミカル狙いのライトな会話回しもある
    • シナリオは少ないがテキスト量はやや多め
      • 4つのダンジョンをクリアして聖域を目指すという簡易的な物語
      • 会話は細かいやり取りも多く描写
        • 日常会話が長めのは賛否分かれそう

進む先にあるもののエッチ面

評価:A

純愛・寝取られの両方を楽しむことができる作品ですが、覗き・子どもの出産などの要素もこだわっている印象です。

シーン数滴には寝取られのシーンの方が多いので、ややNTRよりの作品ですが、各ヒロインごとに純愛・NTR・モブキャラエッチをかなり用意してくれている点はかなり好感を持てます。それゆえにエッチシーン回収などはボリュームがあるので、回想全開放などをしない場合はかなり遊べること間違いなし。

一方でシーンは個性的なシーンよりも王道シチュが多め。複数のヒロイン類似しているシーンも多いので、傾向の違う性格のキャラで類似したシーンを見れるよりの作品だと思います!

  • ヒロインの友好度をあげるとエッチができる
    • 日常場面でキスや胸を触ることも可能
    • ベットに行けばエッチができる場合も
  • NTRは故郷のエッチな悪友が中心
    • 条件を満たし悪友たちをダンジョンに連れ込んだりすると道中発生
      • メインは悪友たちだが一般人としちゃうようなものもあり
      • 各ヒロインごとに複数のシーンあり、ヒロイン多いのに各ヒロインシーンは多め
    • 寝取られて妊娠した場合も子どもは施設に保護される
  • 覗きや下着泥棒なども可能
    • モブキャラがエッチしているところを覗けたりする
    • ヒロインが入浴中に覗くことも……
    • 入浴中のヒロイン下着を盗んだりもできる
  • 裏ステータス搭載
    • 主人公の童貞・非童貞などを確認可能
    • 条件を満たせばヒロインたちのエロステも見れる

進む先にあるものの魅力的なポイント

評価:S
まずまずのRPG的なゲーム性とシーン数の多さでコスパはいい作品だと思います。
やり取りも丁寧に描く会話はややテンポを落としている印象もありますが、リアルな会話ならこんな感じなんだろうなぁと思える箇所もあり、賛否が分かれるかと思いますが好きな人には自然さが出ていいと思います!

  • 程よいゲーム性とエッチシーン数でコスパがいい
    • やりごたえもあるゲーム性でゲーム時間によるプレイ時間+
      • ややレベル上げや素材集め必要なので作業的に戦う楽しみ
      • 技さえ使えばザコ敵は倒しやすいので作業テンポはまずまず
    • エッチシーンはかなり豊富
      • 各メインヒロインたちは回想ベースで20シーン以上ある
      • シーン傾向は似ているので王道的なシーンを多く楽しみたい方ほど◎
    • マルチエンディング&エッチシーンの多さ
      • ヒロインエンドが用意されているので全部見るとかなり遊べる規模
        • 周回時に能力引き継ぎ可能
      • エッチシーンがかなり多いので全部探すとかなりの時間遊べる
        • エッチシーンに関するヒント資料が添付
        • 回想解放も可能
          • 一部解放されないものもあるっぽい
  • シンプルでわかりやすいシナリオ&リアル感ある会話
    • 聖域を目指して塔を攻略するというわかりやすい目的
    • タイムリミットがないので自分のペースで楽しめる
    • 会話がリアルな会話のように丁寧にやり取りしてる
  • ミニゲームもなかなかおもしろい
    • 特定ダンジョンクリアでミニゲームが解放
    • もぐらたたき系や避けよりのACTなど全部で4種類
    • スコアで消耗アイテム交換もできる

進む先にあるものの注意点

評価:C

ヒロインの多さや友好度、シーンの多さで作業的に行動していく楽しみが多い作品ですが、意外と慣れるまで覚えることや探すことが多め。ちょっとだけ時間がかかるような要素が多いので、少し作業効率を上げていく過程で小さな面倒を感じることは多いのが少し残念な感じにも思えます。

とはいえ、配慮している点も多くあるので、今後が楽しみに感じられるサークルさんです!

  • リアルより優先で会話がやや長め
    • 繰り返しの会話や必要ない細かい相づちなども多い
      • 細かくキャラの反応を描写するのでやり取りは多め
      • 吹き出しアイコンが多用で微妙に待つ間が多い
      • OPは15分以上かかる
        • OPは飛ばすことも可能
    • 各ヒロインに対し同じことを説明するパートがある
      • 会話展開にあまり変化がないのは残念……
  • 作業時のテンポ面中心に細かい課題が多い印象
    • ヒロインのいるエリアや採集ポイントが離れていて移動に時間がかかる
      • 日によってヒロインの場所が変わる場合もある
        • いる場所変わると遠いので移動がちょい大変
          • 回想部屋にヒロイン場所を確認できるアイテムがあるのでそれを取ってから遊ぶと楽かも
    • 移動アイテムはあるがやや使い勝手が悪い
      • 使用までのポチ数が多い
      • メインの街以外使用ができない
      • 室内で移動できない
      • 移動先からヒロインのいる場所が遠い場合も
    • その他細々とした点
      • お金をよく使う場所でアイテム換金ができない
      • 合成できるアイテムが少ない
        • 序盤は全然利用ができない
      • 料理などやりこみ系要素の入手場所がわかりにくい
        • 自由度を上げる導入が必要な物が多いので最初は自由を感じにくいかも
      • 入れる家が多く依頼や効率換金先を探すのに覚える要素が多い
      • 友好度を上げる選択肢がわかりにくい
        • ヒロインの好きなものなど、予測しにくい物もあるので覚えゲー感ある

進む先にあるものの個人評価

8点

作業的にこなしていくゲーム性といろいろなヒロインのエッチをたくさん楽しめるシーン数で中規模のRPGとしては良作なエロRPG。
繰り返し行動していくところに魅力がある作品故に、細かい点でもう少し早く進められればいいのになぁと感じる点もありますが、それも作業的な楽しみがシンプルにある作品だからこそ感じられるのだと思います。

仲良くなったヒロインとエッチしたり、そのヒロインが悪友に抱かれたりして淫乱になったり、覗きなどの要素もあり、ラノベのようなハーレム気質な主人公の要素に寝取られや自由なRPG感をうまく組み込んでいる作品です。

ある程度時間をかけて遊ぶ人ほど魅力を感じられると思いますので、サクサクとエッチシーンを楽しみたい人より、ゲームも楽しみながらエロを期待しつつ楽しめるエロRPGが好きな人ほど良作感を感じられる作品です!

進む先にあるもののゲーム情報

制作ソフト:
RPGツクールVX Ace
原作:
オリジナル
難易度傾向:
ふつう!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • マルチエンディング
  • 仲間育成
  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク

■ DLsite

■ FANZA同人

進む先にあるもの

この記事が好きな方へおすすめな記事:

コメントを残す