お姉ちゃん系恋人ヒロインと純愛&間男3人の個別NTR 『寝取られ魔女アメリア』 レビュー

お姉ちゃん系恋人ヒロインとの純愛&寝取られ
クエスト周回での武器を拾いつつ王道的な成長を感じられるRPG

本日紹介していくのは、お姉ちゃん的な世話役をする彼女がいる、冒険者を主人公とした「寝取られ魔女アメリア」。妄想エンデミックさんが2022年2月に公開された純愛ありの寝取られ系エロRPGです。

寝取られ魔女アメリア クリア時間

Ver1.00にて、純愛ルートをクリア。その後、時間を掛けて寝取られルートも見てきました。ゲームシステムにも特色がある印象があります。寝取られルートもクエスト受注などが発生するため、ある程度ゲームもやりたい方ほど楽しめる寝取られです。

今回はRPGとしてのゲーム性や、寝取られ周りのエロ要素を紹介しつつ、今作の個人的な評価を紹介していきます。

『寝取られ魔女アメリア』のストーリー


勇者になることを夢見る主人公「ロディ」。彼は幼馴染でもあり、恋人でもある魔法使いの「アメリア」とともに、駆け出しの冒険者としてギルドに登録していました。

そんなある日、依頼をこなしつつも奥地へと足を踏み入れた彼ら。強敵に襲われたところを、上級冒険者であるカイラムに救われます。

自分の実力を知ったロディ。同時に、弱者を助ける姿に目指すべき冒険者像をカイラムに抱きます。カイラムに弟子入するか、それとも地道に低ランクの依頼を受けつつ勇者を目指して上級冒険者を目指すのか。

目指すは一流冒険者であるAランク。街を拠点にしながらクエストを受け、ランクアップ審査を目指していきます。

『寝取られ魔女アメリア』のシステム


寝取られ魔女アメリアは純愛ルートと寝取られルートや、エッチステータス画面といったエロ面の充実があります。また、戦闘要素もエンカウントやドロップ装備の要素で特徴的なシステムが搭載されています。

純愛+間男3人の寝取られルート完備


今作には、主人公とヒロインが結ばれるような純愛ルートと、間男3人それぞれにヒロインが寝取られてしまう個別の寝取られルートが用意されています。

序盤などにヒロインと間男が交流が強くなる依頼や選択肢が登場し、それらを進めてしまうと間男のルートに入ってしまいます。なお、寝取られルートに入る選択肢にはマークが掲載されるため、ある程度ルートのコントロールは可能。ソフトには攻略メモも付随しており、回想全開放やルート分岐に関するヒントも記載されています。

かんたんなアニメーションエッチ!純愛ルートではラブエッチも搭載


純愛ルートでは、しっかりと主人公とヒロインがエッチするイベントも搭載されています。エッチシーンはSpineによるアニメーションが搭載。フラッシュ時代のアニメーションのような、簡単な上下左右いったりきたりのループ的な動きや、拡大縮小よりの動きを使ってエッチシーンも動いて見えるような仕組みを搭載しています。

クエストを受注してランク上昇を目指す


純愛ルートでは、主にクエストを受けてダンジョンへ向かい、クエストで指定されている内容をクリアすれば報酬が発生。クエストをクリアするとクエスト用の経験値がたまり、この経験値が一定数になると、メインイベントとなる昇格クエストのイベントが発生。昇格クエストをクリアすると、上位ランクとなって、クエストが上位のものに変わります。

クエストは、特定のアイテムを集める、敵を一定数討伐するといった内容が中心です。寝取られルートの場合も、クエストが発生することがあります。

ユニークやプラス要素のある装備要素


今作は装備アイテムの種類はそこまで多くなく、その代わり装備に「銀の剣+1」といった基礎スペックを上げるプラス要素や、「やや丈夫なレザーベスト」「竜殺のボロの銅の剣」といったユニーク命名が付与されたアイテムが手に入ることもあります。ユニーク武器には名前によって、「龍属性の敵ダメージ上昇」や「与ダメージ+10%」といったボーナスやデメリットが付与されます。

そのため、とにかく装備を拾うことが重要です。その方針に沿って、武器屋もガチャのようになっており、装備ジャンルを選んでノーマル装備やプラスがランダムで手に入っていくような仕組みにもなっています。クエストで手に入るアイテムを使えば、鍛冶屋でプラスを増やすこともできます。

また、敵を倒したときにも装備が拾えることが多く、クエストクリアでも装備が多く拾えます。装備をどんどん手に入れていき、稀に拾えるプラスやユニーク装備で能力値を確認していくという、ハクスラのような楽しみがあります。

ルートで変化するエッチステータス


システム周りで特徴的な要素としてもう一つがエッチステータスです。
プレイヤーはメニュー画面でいつでも、ヒロインの性行為回数や間男との友好度が確認できます。

特に面白いのが、寝取られルートに入った場合のエッチステータス画面です。共通ルートや純愛ルートでは、間男3人の情報が表示されます。しかし、寝取られルートが確定すると、そのルートの間男専用の画面構成に変化します。

ルート確定後のデザインが、天秤のような形にもなっており、主人公と間男が比較されているようなデザインになっているのも面白いポイントだと思います。

レベル別素材開発装備によるパッシブスキルの取得


今作はシンボルエンカウントの作品となっており、敵シンボルの上にはLvが表示されています。Lvは1~4があり、種族ごとに各レベル3体のモンスターが登場します。

そして、このモンスターを倒すと素材アイテムが手に入り、防具を開発できます。この防具は装備することで、パッシブスキルが入手できます。

パッシブスキルは「攻撃力上昇」「毒防止」といった、プレイヤーを大きく強化してくれるものが多いです。便利なものも多いことと、上位クエストにいってもLv1のモンスターがエリアに現れたりもするので、「このスキル欲しいからワンパンのザコを倒す」みたいに素材目当てで戦うようなことが起きることもあります。

『寝取られ魔女アメリア』のゲーム性


評価:B

淡々と周回する戦闘が好みかどうかで、大きく評価がわかれます。
ユニーク装備によるドロップアイテムの要素はバランスが良く、多少性能が悪くてもユニーク次第では使い続けることができたりするのがとても楽しいです。ユニーク装備はドロップも低めですが、とにかくどんどんアイテムが手に入るため、たまに手に入って確認するときの楽しみがとてもおもしろいです。

一方で、やや気になるのがクエストの要素。冒険ランクによって行けるクエストが決まっており、ランクが上がるとクエストで行けるエリアが決まってきます。そのため、魔物の素材からパッシブスキルを得たいと思った場合、クエストのエリアには出てこない種族の場合、非クエストで攻略しなければいけません。クエストの数も非常に少ないので、下位のクエストを受けられたり、もう少し上位でも各エリアに行けるようなクエストがあるなど。収集要素を並行して遊べるような仕組みがあると嬉しかったです。

また、少し難易度がいきなり極端に高くなるような箇所もあるように思えました。セーブ等を誤ってしまうと、かなりの時間を巻き戻してロードする必要がでたり、積んでしまう可能性もあるように思えます。エリアが限られているような場所もあったため、もう少しストレスフリーに感じるような構成だと遊びやすかったと思います。

個人的にが凄い良かったと思う点も多い反面、少しクエスト周りが作業感強くなってしまった点や、心が折れてしまいそうな箇所もあったため、プラス要素とマイナス要素両面を見ると平均的なゲーム性かと思います。
あまりRPGが苦手な方や、素材集めや経験値集めのために周回するようなゲームが苦手であれば、やや注意。逆に淡々とやるゲームが好きであればもう少し評価を高めてもいいかと思います。

『寝取られ魔女アメリア』のエッチ面


評価:A

純愛ルートでのエッチが終盤に集中する作品も多い中、進行の過程でも複数回エッチがあるのは非常に好感を得ます。寝取られルートは方向性の異なる寝取られ劇を楽しんでいくこともできるため、汎用性が高いです。

シーン自体もそこそこのシーンがあり、簡単なアニメーションの動きもあるため、視覚的な刺激も高めてくれます。ゲーム冒頭では、主人公視点で気づきにくいシーンの再生を飛ばせるようなモードや、モブっぽい主人公にするような要素もあるため、寝取られ感を意識したゲーム作りを感じさせてくれます。

ヒロインと主人公の関係も丁寧に描いてくれいるため、「お姉さんだよ」という立ち位置の彼女が好きであれば、ジリジリと寝取られていく感じを強く味わえると思います。

隠し最強装備などの機能もありますが、ややゲーム性が強いので、抜き特化の作品ではありませんが、ゲームを進めつつ寝取られていくようなスタイルで遊べる方なら十分高品質を感じられるエロRPGです。

『寝取られ魔女アメリア』のコストパフォーマンス


評価:B

コンパクトなシナリオですが、少し手応えや周回要素が必要なゲーム性と合わせて遊べるゲーム性と、高品質なエロ要素を考えれば問題ないレベルです。少しゲーム周回が多いことがゲームプレイ時間を重ねているゆえに、昔ながらのRPGのように戦闘もほどほど楽しみつつ、寝取られエロも楽しみたいかどうかでやや別れる印象もあります。

『寝取られ魔女アメリア』の個人評価


8点

お姉ちゃん的な立場で主人公のことをお世話焼きしてくれるようなヒロインの描写が丁寧故に、そんなヒロインとの純愛・寝取られ両面を楽しませてくれるエロRPGとしては高品質な印象を受けます。全体的なエッチシーン、ドロップアイテムによるランダム性の高いゲーム性は非常に良さを感じており、黙々とレベル上げや進行していくのが問題なければもう少し評価も高くなる印象もあります。

良さもある一方で、作業的に集会できるエリアの少なさや、寝取られルートでもやや作業的にクエストを回さなきゃいけないエリアなどもあります。作業周回時に目標にするべきことや、周回しながらできるようなことがもう少し入っているとモチベが維持しやすいなと思いました。

以上の理由から、良作ではありますが、少しモチベーションに影響が出てしまうような箇所も多かったため、少しマイナス的な要素も加味して良作レベルの評価としておきます。

『寝取られ魔女アメリア』のゲーム情報


制作ソフト:
RPGツクールMV
原作:
オリジナル
難易度傾向:
ちょいムズ!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • マルチエンディング
  • 仲間育成
  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク


■ DLsite

■ FANZA同人

寝取られ魔女アメリア

寝取られ魔女アメリアが好きな方にオススメなエロRPG 3選


お姉ちゃん的なヒロインが好きな方や、寝取られ方向のエロRPGが好きな人が

SHADOWCORE


弱い主人公とヒロインの冒険の家庭、ヒロインが囚われて寝取られてしまうような姿も楽しめるエロRPGです。
こちらの作品はややゲーム難易度が高いため、RPGとしても楽しんでいくことができます。その過程で、敗北などをしてしまうとヒロインが寝取られてしまうという点で多彩な寝取られが楽しめます。エッチシーンが多いのも魅力的なエロRPG。

SHADOWCORE レビュー

深淵の探索者


エロの方向性は全く違う方向性ですが、寝取られ魔女アメリアでの装備品システムが好きだった人などにおすすめできるエロRPG。敵を倒すことで多彩な装備がどんどん手に入り、いろいろなアイテムを収集・テストしながらどんどんと強くなっていくようなハクスラ感が魅力です。ゲームとしてのRPGをしっかり楽しみたい方にオススメ。

深淵の探索者 レビュー

魔剣士リーネ2


陣取り系の戦略シミュレーション。いろいろなヒロインが敵に捕まっていると寝取られていくというシステムを採用しており、そこまでエグすぎないけど寝取られていくような寝取りエッチの方向性、遊べる要素もあるゲームバランスである点なども類似しているところがあるのではないかと思います。

魔剣士リーネ2 レビュー
今日紹介していくエロRPGは先日から 速報レビューという形でレビューして参りました 魔剣士リーネ2です。 速報レビューでプレイ進度ごとに軽く紹介してきましたが、
2017-02-26 23:32

この記事が好きな方へおすすめな記事:

コメントを残す