人外☆わっほい~しょくぶつ編~ レビュー

ファンタジー世界のモンスター娘を深く知りたい!
今回紹介していくファンタジー作品は、モン娘でも
王道と言える、植物系のモン娘の生態について迫っている
「人外☆わっほい~しょくぶつ編~」です。

人外☆わっほい~しょくぶつ編~

アオヒバチさんが2011年に公開されたHCG作品。
遺跡に住む植物系のモンスター娘の生態について
解説をしているような視点で、彼女達に捕まった
男性たちの姿を描いています。

遺跡の低層・深層それぞれの植物娘について
描いており、まさに生態を迫りつつもエロく描いている
個性的なモン娘HCGです。

人外☆わっほい~しょくぶつ編~の詳細


人外☆わっほい~しょくぶつ編~はHCGの中に
ナレーションや会話が描かれているタイプの
カラーCG作品です。

全ページ数は43枚。基本絵は9枚ほどで
非エッチシーンやナレーションのみのページなどは
ありません。

人外☆わっほい~しょくぶつ編~

物語は、植物系のモンスターが男の子を
捕まえて蔦て犯すようなシーンから始まります。

全編を通してナレーションが動物番組や
図鑑の解説のように、植物娘達に関する情報を
紹介し、背後では乱れ合う男女が描かれています。

例えば「植物人間」の特徴として
性欲の強さをナレーションから始まるパートでは、
実際にこの台詞の背景で植物女性が男にまたがり、
男の子は快楽に悶ながら「とろけちゃうよぉ」と
甘い声を出す。

前編を通して、その植物娘の解説をしつつ、
実際にその様子をエロく描いているというような
スタンスが独創的です。

人外☆わっほい~しょくぶつ編~

また、前半と後半での変化にも注目。
前半では低層の比較的おとなしい感じの品種に
スポットを当て、前半の終わりには
ややラブい感じにも見える様子も。

一方で後半では、まさに男の子たちを
管理し尽くしている緑肌の植物娘が中心に描かれ、
前半では見られなかったアヘるような男の子たち。

意識を残している前半に対して、
もはや狂っていると言っても過言ではないぐらいの
男の子たちでギャップが非常に感じられます。

人外☆わっほい~しょくぶつ編~

こういった逆レイプよりの作品の場合、
どちらかの主観サイドに立ち振る舞うことも
多いと思うのですが、ナレーションによって
客観的な視点で見ることもできるのが面白いです。

イラストもどことなく幻想的な雰囲気も出ており、
まさにモン娘の情報を眺めている自分というような
立ち位置で楽しめる、独創的な感覚もあるHCGです。

人外☆わっほい~しょくぶつ編~の総評


★8つ

★9にしようかすごく迷ったほど、面白い視点で
楽しめる低価格作品。

まさに魔物の生態というのを通じて
エロさを楽しめるような作品で、
実際に植物人間がいて男の子から精液を
もぎ取っているとしたらこんな感じではなかろうか。

そんな感覚を味わえるお手頃作品です。

リアルさも感じられるシチュが好きな人や
植物娘に興味ある人ほど遊べると思います。

取り扱いショップ



人外☆わっほい~植物編~ DMM同人ダウンロード

この作品が好きな人へのオススメ作品


似たジャンルのエロファンタジー作品

ロリアルラウネの誘惑 スライム娘さんの日常 ドスケベエルフの里に迷い込んだ勇者くんの話
レビュー レビュー レビュー

この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

犯されクエスト~あなたは淫乱モンスター娘のいる世界に迷い込みました~ 三枚のおふだ ROBF
レビュー レビュー レビュー

ファンタジーの館 TOP

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=10513

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG