ランス・クエスト マグナム レビュー

ランス・クエスト マグナム

今回レビューしていくのは、今年最終作が発表され、
早くやりたいなぁと思いつつ、シリーズ進めている。

先日レビューした「ランス・クエスト」の
拡張パックとして登場している
「ランス・クエスト マグナム」です。

「ランス・クエスト」にあてることで
追加ストーリーが登場し、続編については今回紹介している
「ランス・クエスト マグナム」が
正史として採用されているそうです。

今回は追加ストーリー中心に紹介していき、
プレイ時間や難易度についても追加分に焦点を当てて
評価していこうと思います。

ランス・クエスト マグナムのシステム&エロ傾向


ランス・クエスト必須の拡張パック


注意点の紹介として、本作品は
ランス・クエストの拡張パックになっています。

ランス・クエストを購入しなければ
プレイできないようになっているので、注意して下さい。

基本はアプデ版のランスクエストのシステム


ランス・クエスト マグナムの基本的なシステムは
ランス・クエストの最新版に準じています。

大幅アップデートが行われた際にランス・クエストも
マグナムの仕様になったようで、クエストを選択。
クエスト内でカリスマ地によって決まる入れ替え回数を
使いながら、パーティを適度に変更して
クエストで設定されたマップを戦っていくような
RPGになっています。

ストーリーと登場キャラクターが多数登場し、
無印では伏線のようにちょくちょく登場していた
AL教や魂の汚染をする者達に焦点を当てています。

ランス・クエストだけプレイすると
謎が残っている点や少しバットエンドよりの
終わり方になっていますが、
本作をプレイすることで、全体的な大きな謎が
わかるようになっていて、エンディングも似て入るけど
明るい感の終わり方になっています。

ランス・クエスト マグナムのエロ傾向


こちらも無印のランス・クエストとほぼ同じです。

エッチシーンのあるクエストをプレイ中に
ボイス無しの明るめエッチ、陵辱系が
登場することがあります。

また、一定レベルになるとランスと軽いエッチができ、
レベルが下る代わりに能力が上がるという
モルルンシステムが搭載されています。

ランス・クエスト マグナムのポイント


ランス・クエストと基本的に大きな方針は
一緒のように思えましたので、
今回は無印をプレイしていること前提として
特徴的なポイントを紹介していきます。

1. 宗教周りの正史ストーリーが濃厚

兎にも角にも、本作一番良かったポイントは
追加された宗教周りのストーリーがとても面白いです。

薄っすらと登場してたAL教に関するお話と、
こちらもちらっと出てきていた魂の汚染周りの
組織が少しずつ結びつき、そして無印でも
登場していた人物たちと結びついていく点が
とても楽しく、時には真剣に描かれています。

無印では全体的に呪い周りのお話が多く、
一部では他国なども出てきましたが、
マグナムではそれらを踏まえ、別の方向に
お話が伸びている印象なので、
追加シナリオだけでも続編のように感じられます。

純粋にランスクエストのストーリーやシステムが
好きで、もっとシリーズのシナリオを見てみたいと
思う人ほど推薦したい作品だとおもいます。

2. 変化球系の攻略を求められるクエストの数々

無印のランスクエストでは、カリスマという
ステータスを上げることができる入れ替え回数を
うまく活用し、行動回数の決まっているキャラクター達を
臨機応変に変えていく戦略性がありました。

マグナムでは、この戦略性よりも、
どちらかというとある程度準備をしてから
挑まなければいけないようなクエストが
多くなっている印象があります。

例えば強制的に出撃キャラクターが戦闘不能になる、
特殊な攻撃を連発してくる敵がいるなど。

敵の行動パターンをしっかりと観察したり、
ゲーム全般のシステムを理解してアイテムを整えたりと
RPGとしてガチよりなステージが多くなっています。

ラスボス戦とかも特定の職種が伸びていないと
かなり苦戦するような内容にもなっています。

無印はある程度好きなキャラとかでもゴリ押しできますが、
今作はしっかりとゲームとしても考えながら挑んでいく
必要のある、やりごたえのあるゲームを楽しめると思います。

この点が長所だと思うのですが、
個人的には少し面倒に感じることも多かったかも。

装備とかパーティをいちいち入れ替えなければいけない
面倒さとかもあり、初見殺し的な要素もあったり。

人によると思うのですが、無印はテンポよく進んでいく感じが
結構好きだったので、またかーと思ってしまうことも
正直何度かありました。

みなみよつばの個人的な評価


8点

無印のランスクエストに、
覚えて分析して戦うようなRPGクエストを増やしつつ、
やりごたえもあるようなゲーム性を増加して
ガチゲーよりなRPGに変化している印象の作品。

ストーリーの伏線もしっかりと回収し、
より世界を深くしているような物語がとても
楽しい印象がありました。

ランスシリーズでは、高難易度のクエストが
毎回入っているのですが、そういった高難易度の
比較的簡単なものをメインストーリーに入れている
感じで、よりRPGらしさは強く出ている気がします。

ランスクエストのシナリオが好きな人とか、
無印のランスクエストのシステムが好きで
もう少し特殊なシナリオややりごたえのあるクエストを
もっとプレイしてみたい人にはおすすめ。

少し手間のかかるようなゲームが苦手な人は
攻略を見てプレイするぐらいの気持ちで
やるのをおすすめしたいエロRPGだと思います。

RPG面の情報


原作:
オリジナル(シリーズ物)
作品の長さ:
超長編
(管理人クリア時間 約20時間40分)
難易度傾向:
ちょいムズ!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • クエスト攻略
  • 仲間育成
  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク



ランス・クエスト マグナム DMM同人ダウンロード

この作品が好きな人へのオススメ作品


この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

ぽよよんファンタジー おねショタ剣戟ACT パレードバスター もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章
レビュー レビュー レビュー

この作品が好きな人におすすめしたいエロファンタジー作品

世界を救うは鋼のチ○ポ 恋のキューピッドとせっくす!! RPGゲームの日常裏
レビュー レビュー レビュー

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=10701

One Response to “ランス・クエスト マグナム レビュー”

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG