おんなせんしのぼうけん エロRPGレビュー

魔物退治にやってきた女戦士さんのレトロ風RPG。

負けたら犯されちゃう、街ではカジノや
お風呂でエッチが待っている。

「おんなせんしのぼうけん」の
紹介とプレイ感想になります。

おんなせんしのぼうけん

おんなせんしのぼうけんは
2016年7月に山場岳さんが公開された
1人パーティ制のRPGです。

村に住み着いてしまった魔物退治と依頼を
受けるため、女戦士さんが村近くにある洞窟に
挑みます。

ファミコンなどのレトロ感をイメージした
ゲーム雰囲気にまとまっている短編RPGです。

おんなせんしのぼうけんのシステム&エロ傾向


ランダムエンカウント&敗北エッチのオーソドックスRPG


本作品は大きく分けて3つのエリアで
構成されているダンジョンに済む
魔物を倒しに行くお話です。

戦闘はランダムエンカウントを採用。
パーティは一人制で敵に敗北すると
そのモンスターに犯されてしまいます。

条件を満たすとMPを消費して魔法が
使えるアイテムが手に入る以外は特に大きな
システムはなく、レベルとお金稼ぎで味方を
強化していきます。

装備品が比較的強力ですが、
お金についてはランダムで決まる数字勝負で
稼ぐことができるようになっています。

おんなせんしのぼうけんのエロ傾向


モンスターによる敗北シーンと、
村で男性たちにエッチなことを要求されたり
エッチなことをしてあげる対人エッチが
あります。

各シーン規模ややや短いぐらい。
描写と台詞で一枚絵ぐらいの大きいサイズな
イラストが差分付きで表示されていきます。

おんなせんしのぼうけん

敗北エッチは各モンスターに一種類ずつあり、
スライム・まほうつかいなど合計10種類。

村人とのエッチは温泉で3P、
ギャンブルの負けてなどで合計6種類で、
全シーン数は16種類です。

おんなせんしのぼうけんのポイント

1. レトロ感溢れるゲーム世界観

本作品はエッチシーンのイラストのみ
現代チックですが、テキスト表現やマップ、
移動速度など全てにおいてレトロ感溢れる
世界観を意識されているように感じます。

おんなせんしのぼうけん

マップは昔懐かしい荒いような表現に
なっていますし、利用されている音楽も
派手なものはなくレトロ感があります。

戦闘も物理攻撃主体で
レベルと装備による強化が中心。

移動もダッシュなどができませんので、
最近の特殊なシステムを組んでいるRPGや
サクサク作品とは違うので、
慣れていない人には少し面倒さに感じるかも
しれません。

ですが、このゆったり感や
あえての面倒さがレトロ的な味わいを生み、
懐かしい気持ちにしてくれます。

特にエンディングは言葉を出さずに
動きだけで人々の喜びや表現を
生み出していており、レトロ系特有の
エンディングにもなっています。

特定の方法で最強装備が手に入ったりと、
なんとも懐かしい気持ちにさせてくれる
ポイントが多く詰められています。

2. 設定にも反映されてるエッチシーン回想と回想による特典

本作品では、宿屋にいる詩人に話しかけることで
一度見たエッチシーンを回想できます。

エッチな話を語るというような
形式での回想シーンになっているので、
詩人という設定にもマッチしています。

おんなせんしのぼうけん

また、エッチなお話を回想するとお礼で
それぞれのシーンにつき1回だけ、
能力値アップアイテムも手に入ります。

回想シーンが世界観にマッチしている上、
エッチをすることで少しゲームが有利に
なる仕組みとして面白い印象がありました。

3.音の演出は少なめかも

気になった点としては、音の演出について。
全体的にレトロ調で統一されていて、
良かった点も多かったと思います。

しっかりと動きも付けられている場面も
多く、丁寧に作られている印象も
多かったと思います。

一方で、BGMの演出があまり行われず、
ずっと同じような音楽だったのが
もったいなかったように感じました。

台詞とかはよく出来ていたと思うので、
例えばエッチシーンでダークな雰囲気の曲に
変えると行った、耳での演出もあると
より全身で楽しみやすくなった気がしました。

みなみよつばの個人的な評価


7点

レトロ調RPGの意識が強く伝わってくるエロRPG。
最近のRPGで見ると面倒に感じるところもありますが、
全体のレトロ雰囲気がよくできているので、
この面倒臭さも含めてレトロな感覚を味わえる。

短い作品ですので、イライラ感もせずに
完結を迎えられるような、程よいエロRPGでした。

エッチシーンもやや短めですが、
それゆえテンポもいいですし、王道的なもの、
独創的なも両方あり、幅広くシーンを楽しめます。

ドラクエ1とかをプレイ経験ある人のほうが楽しめる
懐かしさがスパイスを加えてくれるエロRPGだと思います。

RPG面の情報


制作ソフト:
RPGツクールVX
原作:
オリジナル(ドラクエ感はあるかも!)
作品の長さ:
短編
(管理人クリア時間 約55分)
難易度傾向:
ふつう!
ボイスの有無:
ボイスなし
やり込みシステム:

  • エッチシーン回収

販売ショップへのリンク


この作品が好きな人へのオススメ作品


この作品が好きな人におすすめしたいエロRPG作品

ドエロイクエスト まりもエクステンション アリアのエロトラップダンジョン
レビュー レビュー レビュー

この作品が好きな人におすすめしたいエロファンタジー作品

迷宮の9-rooms- 恥辱のトロールバスターズ QuestLog
レビュー レビュー レビュー

エロRPGレビュー一覧

★このページをリンクする場合は短縮URLもご利用できます★
http://otonanorpg.com/?p=10364

One Response to “おんなせんしのぼうけん エロRPGレビュー”

コメントを残す

スマホで楽しむエロRPG