陵辱! 強気っ娘アクション レビュー

陵辱! 強気っ娘アクション

陵辱! 強気っ娘アクションは2016年10月30日に
QRossさんが公開された簡易見下ろし型アクションRPGです。

ゾンビのように人々を襲い、襲われると同じようになってしまう屍々人。
そんな屍々人と戦っていた人類。主人公・瑞穂も家族の敵のため、
屍々人と戦っていましたが、襲撃された屍々人によって襲われてしまいます。

しかし、瑞穂は極稀に屍々人から襲われた時になることができる「屍人」として、
なんとか命を繋ぎ止めます。人よりも強い力を得る「屍人」になった瑞穂は、
襲撃時から不審な動きをしている部隊長を追って、行動を開始します。

ゾンビのように徘徊する「屍人」を倒すことで能力育成に必要な
ポイントも取得できるので、敵を倒したり避けたりしながら進行。

やられてしまったり、罠に引っかかると
正義感の強い主人公が人間や屍々人に犯されてしまう姿を
楽しみながら遊んでいくアクションRPGです。

この作品の注目ポイント

  • 簡易ボタン操作&簡易自由育成でプレイしやすい見下ろしアクションRPG
  • 正義感の強い女性が、人や触手や、ゾンビっぽい人にやられる狂気感ある世界の陵辱エロ
  • 間合いと連撃。サクサクより立ち回り&連撃の楽しさを味わえるアクション性

「陵辱! 強気っ娘アクション レビュー」の続きを読む

対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。 レビュー

対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。

対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。は
肉便器として性感帯を改造されている対魔忍の二人が、
破壊工作の任務に挑む姿を描いた陵辱系作品です。

主人公たちは改造済みでM的な記憶が残ってしまっているため、
任務中にも発情してしまったり、お色気的な行為を行う時は
すぐに堕ちてしまうので、正常時とアヘエロのギャップを
強く楽しんでいけます。

この作品の注目ポイント

  • 開発済みの体で、発情したりすぐに皆楽する主人公たちのギャップ感にエロスを感じれる
  • 立ち絵や歩行グラフィックも変化。ウェディング立ち絵や四つん這いで犬のような歩行グラあり
  • 失神による放尿、スカトロ描写などマニアックなプレイも多め

「対●忍アサギ僕の継母は牝ブタでした。 レビュー」の続きを読む

奴隷メアリの牧場物語 レビュー

奴隷メアリの牧場物語

奴隷メアリの牧場物語は体を売りながら生きてきた主人公・メアリが
ある日富豪の遊び心で、寂れた牧場の復興を行うことになる姿を
描いた経営シミュレーション作品です。

DLsiteさんでRPGになっているため今回RPGとして取り上げていますが、
内容としては完全にシミュレーション作品です。
一日決められた体力の中で、農業・採掘・酪農・売春の
4要素を利用して、大富豪が認めるだけのお金を手にできるように
活動をしていきます。

傾向としては牧場物語に近い感じのゲームですが、
農業・採掘・酪農・売春の4要素で稼ぐという点に特化しており、
いずれも手軽な手順でお金へと繋げていくことができるので、
作業を繰り返してうまく黒字化し、大金取得を目指していきます。

この作品の注目ポイント

  • あまり複雑ではない工程の経営ゲームで、初心者でも経営ゲーム的な要素を楽しめる
  • 主人公は元浮浪人、下克上感も味わえる?
  • 売春多め、陵辱やおねショタ・百合・逆レイプ的なエロもあり

「奴隷メアリの牧場物語 レビュー」の続きを読む

巨乳エルフの受難~奴隷からの脱出ゲーム~ レビュー

巨乳エルフの受難~奴隷からの脱出ゲーム~

巨乳エルフの受難~奴隷からの脱出ゲーム~は、
盗賊に捕まった巨乳のエルフが、盗賊のアジトから
脱出するために行動を行う
超短編の逃亡系アクションRPG作品です。

捕まってもゲームオーバーにならず、
犯されるだけであったり、プレイ時間自体もすごく短いことが
特徴的な作品になっています。

なお、本レビューは旧サイトに掲載していたものを
加筆・修正して再掲載しています。

この作品の注目ポイント

  • 時間が本当に無い人でも遊べる、非常に短い作品
  • 盗賊に犯される、エルフのエロシーン

「巨乳エルフの受難~奴隷からの脱出ゲーム~ レビュー」の続きを読む

Maverick’s Manor レビュー

Maverick's Manor

Maverick’s Manorは2016年4月に公開された
ファンタジーRPGパズル作品です。

ジャンルとしては避けアクション要素のある
アドベンチャーRPGという感じの作品で、
館に仕掛けられた4つのゲームをクリアしていくという
内容になっています。

当サイトでは初の英語作品レビューになります。
ちなみにあまり英語できず、単語拾ってなんとなーく、
こんな感じのストーリーかなぁ……と思いながらプレイしていたので、
今回はシナリオには触れず、ゲーム性面を中心に
レビューしていこうと思います。

この作品の注目ポイント

  • 全編、ガチな英語作品
  • 英語わからなくても直感的にプレイしやすいギミックの数々
  • 探索&避けアクション! パズルアクションアドベンチャーRPG

「Maverick’s Manor レビュー」の続きを読む

Two Women Army -TWA- レビュー

エロRPGも色んな作品が出ていて、1000DL台でも
結構面白い、これもっとDL数行っても良いんじゃないかなぁ……

そう思うゲームも多かったりするんですよね。

今回紹介していく作品も、今度続編買おう、うん!
とプレイ終わった直後に感じたぐらい個人的には楽しかった、
「Two Women Army -TWA-」を紹介していきます。

Two Women Army -TWA-Ver2.03

2015年7月に銃味の鍋さんが公開された
ロリ系体型の女の子が主人公のエロRPG作品。

ある日より前の記憶がない双子。
彼女たちは街のために訓練を受けており、
妹・リンは、ついに町の外への任務も受けられることに。

そして町の外へ出たところ、
自分の過去に探ることになるきっかけと出会い、
任務を通じて過去の手がかりを探っていきます。

最大2人パーティ制。
少しレベル上げをすれば進めるぐらいのやりごたえがあるRPGと
細かくエロさを感じることができるバイトや多彩なエロの数々。

段階的に変化するエッチを王道系から個性派まで
揃えている、ミリタリー的な要素も感じる
ファンタジーRPG作品になります。

Two Women Army -TWA-Ver2.03

なお、本作品はバージョンアップにより追加要素がありますが、
追加要素が追加されているバージョンでのレビューになります。

この作品の注目ポイント

  • 段階的に変化するエロ多数! 種類豊富なエロシーン
  • 普通に進めてもエロいことがありそうな誘惑&エロカットあり
  • メインエッチはツンキャラな妹。双子姉妹ならではの百合や陵辱もあり

「Two Women Army -TWA- レビュー」の続きを読む

進撃のオーク レビュー

オークと言えば、エロRPGに登場する亜人種でも
人気の高いキャラクターですよね。

今回紹介していくHCGは、村や国を襲うオークによって
無理やり犯される女性達を商業エロゲ並の高レベルな
イラストで楽しんでいくことのできる作品
です。

進撃のオーク

リリックボックスさんが2015年12月に公開された作品。
オリジナルヒロインのオーク作品になります。

DLsiteさんで累計5000DLを突破している作品で、
外伝作品も公開されています。

オークが人間(&エルフ)達に勝利し、それゆえ犯される姿を
6人のヒロイン・大きく分けて4つのパートに分けて描いています。

力及ばず敗北する2パート、力なきものが犯される2パート。
絶望的・屈服感のある状態で犯されていく女性達を楽しめます。

この作品の注目ポイント

  • 無力な女性・実力を持つ女性がオークに無理やりやられる陵辱感
  • ボリュームよりも1シーンごとに力を入れている丁寧な構成
  • 負けた人間がオークに犯されるエロの数々

「進撃のオーク レビュー」の続きを読む

お狐漫遊記 レビュー

獣耳お姫とその護衛が、鬼退治!
旅の途中で立ち寄った村で起こった鬼の事件を
解決するために村で調査活動をしていく
エロRPGが「お狐漫遊記」です。

お狐漫遊記

2016年4月に童心茶屋さんが公開された短編エロRPG作品。

同サークルさんは2015年末から2~3ヶ月に1作品のペースで
作品公開をされているので、見たことある方も多いのではないでしょうか。
当サイトで同サークルさんの作品を個別に
取り上げるのは初めてかと思います。

雨宿りで立ち寄った村で起きていたのは神隠し。
その背景に鬼がいるかもしれないことを知った主人公達が
街に滞在しながら鬼の事件解決に奔走します。

味方1人対敵複数のバトルですが、交代制を採用。
戦闘中に二人のキャラを活用するバトルが特徴的。

難易度は一部にクセがありますが、こまめにセーブさえすれば低め。
エロは敵や村人による無理やりよりと一部お礼奉仕な内容が楽しめ、
プレイ時間1時間満たないほどでクリアできる短編RPGです。

この作品の注目ポイント

  • 神隠し事件解決! のじゃ系統の巨乳狐娘と堅物系黒髪ケモミミのダブルヒロイン
  • オーソドックスなエロシーンの数々とほどよいやりごたえ・信仰のわかりやすさで初心者にも最適
  • 交代コマンドによる味方1人戦闘で一般的な戦闘システムにプラスアルファなRPG面

「お狐漫遊記 レビュー」の続きを読む